飲食店コンサルタントのBLOG~「売れる飲食店」ノウハウ公開中!~ 
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-10-02 10:39:30

●経営とは「環境適応業」である!

テーマ:マーケティング

●経営とは「環境適応業」である!
 
 
「世間は人不足でうちみたいな小さな飲食店は、今後、大変になりますよね?」
 
「最低賃金がまた上がりました。どうやって経営すればいいんですかね?」
 
「忙しくて、時間がないので、この仕事ができないんです」
 
「前年より売上が下がるのは、当たり前で、売上をあげるのなんか不可能です
 よね?」」
 
などなど、今の世間の状況を嘆き(?)を、経営者の方から聞くことがたまに
ある。もちろん、楽観主義ではいけないが、”世間がどうこう・・・”という
のを僕はあまり気にしない。
 
周りがどうであろうと、自社が、自分がどうすべきかが大切で、「あの人があ
れをやっているから・・・」という理由で、何かに取り組むことということは
僕にはまずない。また、「世間がこうだから、今はこういう時代だから・・」
という理由で、周りに合わせるということも、僕は一切しない。
 
 
「世間がどうこう・・・」と言ったところで何も変わらないので、コンサルテ
 ィングを行う中でも、
 
 
「世間がどうあろうと、社長の会社がどうあるべき、ありたいかが大切」
「世間がマイナスになっていようと、自社はその中で何をすべきか、どうすべ
 きかを考えることが大切」
 
と本気でアドバイスするし、本当にそう思っている。
 
 
 
昔、会社の勉強会で、
 
 
「経営とは環境適応業である。どんな環境になろうとも、その環境で何をすべ
 きか、どうすべきかを選択し、実行していくことが経営だ!」
 
 
ということを学んだ。だから、それ以来、「世間が・・・」とかはあまり気に
しなくなったし、時流をみながら、”その中でどうすべきか”を常に考える心
がけている。
 
 
”人が集まらない”なら、小さな飲食店でも”人が集まる方法”を考えればい
 いし、
 
”最低賃金が上がったら”、人件費を気にするのではなく、人の教育に今まで
 以上に力をいれて、その分売上をどう上げていくかを考えればいいし、
 
”時間がない”なら、その中で、やるべき仕事をどうこなしていくのかを考え
 ればいいし、
 
”前年対比売上が下がるのは当たり前”と思わず、どうすればお客様がもっと
 喜んでくれるのか?を、誰よりも考えればいいだけだと思う。
 
 
誰かのセイにしても、世間のセイにしても、何も変化しないし、誰も助けてく
れない。
 
「今、〇〇だけど。これから、〇〇になりそうだけど、自社(自店)は、何を
 すべきだろう?」
 
って日常から考えるクセをつけたいし、社長がこう考えないと、きっと店長や
スタッフは、常に”言い訳”ばかりをすることになるだろう。
いや、もしかしたら、スタッフの「言い訳」が多い会社ほど、社長自身が「言
い訳」が多いのかもしれない。


 

2018-09-20 18:50:44

●「自分がやって欲しいことをお客様にしてあげて」と言ってはいけない理由

テーマ:飲食店プロ店長育成研修

●「自分がやって欲しいことをお客様にしてあげて」と言ってはいけない理由
 
 
時代とともに、「教え方」「接客」のあり方が変わってきました。
 
一昔前は、「自分がやって欲しいことをお客様にやってあげて!」とアルバイトやスタッフに教えていましたが、「今は絶対にやるな!」と僕は厳しく言っています。その理由はなぜか?
 
また、「考える接客」が必要な時代。
これをどのように店で実践していけばいいのか?
 
 
昨年開催した「飲食店プロ店長育成研修」の一部を大公開しました!
 
 
「教え方」「接客向上の方法」「考える接客の実践方法」等の具体的手法を知りたい方は、ぜひ、ご覧ください。

 

 

 

2018-09-12 13:43:28

●アルバイト教育の質が、店の存続を決定する大きな要因になる!

テーマ:マーケティング

●アルバイト教育の質が、店の存続を決定する大きな要因になる!
 
 
人がいない。だから、時給を高くして募集する。だけど、思った通りに働いて
くれない。人件費高騰。赤字。そして、閉店。
 
なんてことがこれからよく起こり得るかもしれない。
いや、すでに起こっているお店もたくさんありそうだ!
 
 
だからこそ、
 1、いい子を採用する
 2、きちんと育てる
 
この2点がすごく重要になってきた。
1は会社が採用基準を定め、それに沿った採用をすすめればいいが、問題は2
だ。
 
これは、店長をはじめとした社員全員が、同じ意識の元にやっていかないと何
の意味はないし、どうすればアルバイトをきちんと育てられるのかという知識
もないと難しい。
 
しかし、以外に皆、「教える」ということを「教わった」経験はないはずだ。
 
各人の感覚に任せ、「なんとなく」教えているようでは人は育たない。
感覚でなく、論理的に教えないと意図的に人を育てることは難しい。
 
 
 
さて、今の時代にふさわしい「教え方」が学べる講座が、来月開催する「飲食
店プロ店長育成研修」だ!
 
この研修内で、相手のやる気を伸ばす教え方とはいかなるものか、また、ただ
指示命令だけで動かすのではなく、相手が主体的に行動できる具体的教育、指
導方法のあり方が学べます。
 

アルバイト教育の極意を店長に学ばせたい方は、ぜひ、この研修をご活用ください!

※すでに、定員の半数ほどのお申し込みをいただいております。
 参加をご検討中の方は、お早めにお申し込みください。

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス