先日、無印良品の収納セミナー「使いやすいワードローブを作るための3つのステップ」に行ってきました。



   無印良品の大きめの店舗では、こういったインテリアや収納に関するセミナーや実演会がちょくちょく開催されています。前にも参加したことがあります。

流れ星過去記事


   使いやすいワードローブを作るためには、以下の3つのステップを踏むと良いそうです。



Step 1   持ち方を考える
Step 2   収納のかたちを考える
Step 3   しまい方を考える


   各ステップを見ていきましょう。


Step 1   持ち方を考える

   ここが一番重要だそうです。ものが多い私は耳が痛かったです…。


(1)   現状把握する
   クローゼットなど、洋服を収納している場所の写真を撮るといいそうです。客観的に現状を見ることで、問題点を発見できるようになるのだそうです。

(2)   選別する
   いったん、すべてのものを取り出して、ひとつひとつ手に取り、

・今使っていないもの
・もう使わないもの
・すでに使えないもの

をとりのぞき、今の自分が“ワクワクする”ものだけ残します。この「今の自分」という基準が重要だそうです。「過去の自分」でもなく、「いつか、未来の自分」でもなく、「今の自分」。


   今の自分がわくわくする本当に必要な衣類を持つことで、心地良くなるそうです。


   そして、とりのぞいたものの手放し方についても話がありました。今は、捨てる以外にも、選択肢がいろいろとありますよね。



Step 2   収納のかたちを考える

(1)   配置する
   家具の配置を一か所にまとめると良いそうです。メリットは、以下の3つ。

①空間になじむ
②空間が広く使える
③行動がまとまる


(2)   汎用性で選ぶ
   暮らしの変化に合わせられるものを選ぶと良いそうです。

   汎用性とは、
①サイズ・形を変えられる
②用途を変えられる
ことを意味します。


(3)   揃える
   家具や収納用品の色・素材・形の見た目を揃えて空間になじませると良いそうです。そのメリットは、以下の3つ。

①ものが少なく見える
②隠す・見せるのメリハリがつく




Step 3   しまい方を考える
 
   前の2つのStepを経て、初めて、収納について考えます。いたたたた…。えーん ←痛いところを突かれた

(1)   たたむ、かける
   洋服のしまい方には、「たたむ」、「かける」がありますが、それぞれ、メリットとデメリットがあります。洋服の形や収納場所に合わせて、選びます。

(2)   まとめる
   「目的」、「人」でまとめます。
①使う「目的」でまとめると、忘れ物がなくなります。
②使う「人」でまとめると、自分のものが発見しやすくなります。

(3)   収める
   「使用頻度を考えて」、「一目でわかるように」、「しるしをつけて」しまいます。
①「使用頻度」を考慮すると、出しやすくしまいやすくなります。
②「一目でわかるように」すると、目につきやすくなります。
③「しるし」をつけると、ものの迷子が減り、誰にでも使いやすくなります。


   無印良品のスタッフの実際の洋服収納の例を示しながら説明して下さり、セミナーの最後には、早回しの動画で一連のプロセスを見せて下さったので、とてもわかりやすかったです。