johnと眉山

テーマ:

今2日ぶりにパソコンを開いて、6月15日の記事 を見たのですが、すんごく見にくい( ̄Д ̄;;

ケータイからの更新だったのでしょうがないっちゃしょうがないけど、なんとなく許せん。

後で編集しよう汗


さてさて、今日やっと厚生年金会館で購入したKOJI YAMAMOTO&K.D.earthのニューアルバム「john」を聞くことが出来ました。友人にはライトな山本耕史ファンということにしてあるので、まさかCDを買ったとは言えません(笑)

ずっとこの2日間、お泊まり用カバンの中で「john」は眠っていました。


俳優が出すCD、というのはおーちはどこか否定的です。

たとえば、福山雅治さんのように5:5で音楽と俳優活動をされている方ならまだいいんですけど、藤木N人さんや、T木宏さんのような俳優さんの音楽CDは買う気になれません。(あ、ご本人さんたち自体は好きですよ。T木さんはモロ好みっす恋の矢)

だから、山本さんのCDもどこか「義理」なところがあって、私にとっては「これだけ素晴らしい舞台を見せてくれたお礼に。」くらいの気持ちで買うものなんです。

・・・今までは。


john、いいじゃないか!!


ウン、なんか凄くいいよ、このCDキラキラ

山本さん、K.Dさん、今まですこーしだけこんな邪な心を持っていてすいませんでした。

おーちの音楽プレイヤーに追加決定。

やはり山本さんの秘密兵器・Mac導入は大きかったかな(笑)

あ、johnは歌詞を見るとどうやら「ジョナサン・ラーソン」のことっぽいですね。それでいて歌詞の構成はなんとなく「Midnight Radio」(笑)

そしていつも歌詞カード最後のページにある

<GOD MOTHER>(一般的アーティストが使うところの<Special Thanks>)で爆笑にひひ


そしてそして、セブン&ワイで予約していた「眉山」(テレビドラマ版)が届きました。

さっき、さっそく見たのですが・・・あぁ、泣ける。

凛としている常盤貴子はカッコイイキラキラ

そしてデコ医者・孝次郎を演じる山本耕史。いやぁ、ヘドですっかり忘れていたけれど、純情青年が上手だったんだよね、確か(笑)