大森屋本店

テーマ:

三重県津市大門23-4
11:30~14:00
17:00~21:30L.O.
定休日 水曜、日曜の夜

食べログページ

 

国道23号、伊勢街道。

大門西交差点を東へ。

120mほどの北面。

だいたてアーケード街の

中にある超老舗麺類食堂。

津市市内に分店やら

支店が数軒あり、

人気のお店であります。


 

2018年7月

チャーシューメン



津ぅのアーケードが
奇麗に撤去されてから
初めての訪問です。
昨年、オーナーさんが
萬福食堂となって、
三代目だったおやじさんが
お店に立たなくなっても
変わらぬカオの本品。

豚骨、鶏ガラの動物に
しっかりと効いた
削り節の風味がマル。
サクッとくるストレート麺に
まったりこんと絡み、
美味しいです。

チャーシューは6枚?
だったかな?
斜に包丁が入れられて
厚みあるところから
薄いところへと
変化が付けてあるのか、
面白美味いのです。


大森屋本店さん。
ご馳走様でした。


--------------------------------

おまけ

立町のアーケードが
すっかり無くなり
日差しがキツイですね。

大門のアーケードも
キッチリ無くなりました。
観音さんがここから
見えちゃうんですね~。
新しい景色であります。


 

2018年5月

中華そば



先日の大澤屋ロストからの
大森屋仲見世店に続き
本店さんにもやって参りました。
この日は大将さんが不在。
女性お二人で営業されており
若干心配でありますが
やってきた中華そばは
ノスタルジック中華そば
とは見えないほどの
洗練されたイマドキ風?
に見えなくも無いビジュ。
ゴキュリの喉が鳴ります。

麺は低加水の極細麺。
麺固めと注文をする
お客さんもおり、
九州系のソレに似たタッチ。
そこに動物系のコクある
スープがトップリ絡み、
美味しいのであります。
これ魚粉振ったら
モロな流行系のアレに
なるんちやうかなぁ~(^^;;;

具材の蒲鉾、チャーシュー、
メンマをひと思いにガブリ。
チャーシューメンにしたい
ウマウマな肉であります。
蒲鉾のソフトな食感と
メンマとのコラボが
郷愁を思わせてくれて
嬉し美味し楽しなのです。




大森屋本店さん。
ご馳走様でした。

---------------------------

おまけ

大森屋本店さんのある
たてまち通り。

これを撮影している場所。
津観音から南へとある
だいもん通りとで構成される
ダイタテ商店街の
アーケードが撤去される
事となり、その工事の
進捗を見てまいりました。

だいもん通りの南端。

信号交差点からの
景色がガラリと変り
晴天の青い空で
明るい通りとなりました。
1964年に設置されて
54年。老朽化の為
撤去されてしまう
この商店街のシンボル。
昭和から続く安心の
景色が変るというのは
何とも複雑であります。

より良い新しい街へと
なる事を祈ります。


 

2017年7月

 

中華そば

 

二日前、

福井県敦賀市の一力さんで

中華そばを食べたのです。

この日は何気なく国道を

走っていたのですが、

大門付近を通過した時、

突然あの中華そばと、

ここの中華そばが

脳裏に浮かび上がってきて

居ても立ってもいられない

っていったら大袈裟ですが、

吸い込まれてしまいました(^^;;

スープの色合いが

似ているってだけですが、

ノスタルジックな味わい。

こころ休まるノス中なのは

共通しているのであります。

美味しいのです。

チャーシューが美味い。

いつもこればかりなので

今度はチャーシューメンを

食べてみようかな。

 

ていうか、

お店の雰囲気が変りました。

メニューカードが無くなり、

壁メニューとなっていて

(お客さんが多かったので

 撮影しませんでしたが)

お値段もお安くなったかな?

次回空いている時間帯に

突入しないとイケマセンね(^^;;;

 

大森屋本店さん。

ご馳走様でした。

 

 

2016年11月

 

中華そば

フェイスブックの友人が

岐阜県大垣の

私の大好きなお店で

ノスタルジック中華そばを

食べてアップしており

いても立ってもいられなくなり

津市大門にいた私は

こちらへと突入なのであります。

前回、疑問に思っていた

大門商店街。

「おおもんしょうてんがい」

とそのまま読むそうです。

しかし「ダイタテアーケード」

と言われれば

混同してしまいますよねぇ。

 

とそんなことを考えつつも

麺リフ撮ってからの

いっただっきまぁ~す!

ずずずずずずぅ~♪

動物系の良く効いた

若干トロミのあるスープ。

美味しいです。

麺も平打ちがかっていて

滑り具合がよろしいのです。

 

蓮華の上に小宇宙作成!

チャーシューが美味い。

チャーシューメンとなると

900円と立派なお値段に

変貌するのだが

この肉がタップリ乗るのなら

腹減りの時等に

挑戦してみたいものですね。

 

店内風景1

 

店内風景2

その昔は今時の

フードコートみたいに

注文品が出来上がったのなら

丼モノ、麺類で違う窓口に並んで

受け取ってから食べていたのかな?

そんな風に見えるのですが

どうなのでしょう(^^;;;

 

 

大森屋本店さん。

ご馳走様でした。

 

 

2016年7月

 

中華そば

だいたてアーケード。

大門商店街、
立町商店街の
「大」と「立」の字を
とって「だいたて」
という事らしいですね。 

少し前に知人が 食べていて

本店のクオリティーの高さを

教えて頂いており、やっとの事でご対面。

 

スープがきっちりラーメンしてます。

トロミがあるのであります。

しゅるりと麺リフ撮りをすると

柔らかく茹でられた中華麺に

このトロリスープが絡むのです。

こいつぁー只者ではないようです。

それでは失礼して、

いっただっきまぁ~す♪

ずずずすぅ~~。

トロンとした麺に

これまたトロンとした

鶏ガラ系かと思われるスープが

たっぷり絡んで、 滑りあがります。

これは美味しいわ!

 

超ノスタルジーなお店で

これほどのものが頂けると

ニンマリとしてしまいます。

 

蓮華の上に小宇宙作成!

チャーシューまでトロンとしていて

美味いのです。

メンマと蒲鉾はそれらしい食感で

楽しませてくれて

やってくれるのであります。

 

注文時、壁メニューにあった

温泉卵サービスを発見し

女将さんに、コレいいですか?

と聞いた時であります。

女将さん、優しそうな笑顔で

いいよぉ~つけるよぉ~って。

ほっこりしました。

 

そしておっさんはきっちりと

TTR(Tamago Tuke Ramen)炸裂!

蓮華の上で無理やりバージョンです。

トロンとした中華そばに

これまたトロンとした卵黄攻撃。

幸せであります。

 

メニュー1

 

メニュー2

 

壁メニュー

 

店内風景

 

 

大森屋本店さん。

ご馳走様でした。

 

 ------------------------------

 

恵日山観音寺

浅草観音、大須観音と並び

日本三大観音のひとつ。

津観音とも呼ばれる寺院である。

 

手を合わせてご挨拶させて頂きました。

 

こちらは1時間無料の駐車場であります。

こちらの商店街利用には超便利です。

是非とも駐車券は無くさないように

注意してくださいよ。

無くすと漱石さんが2枚必要になります。

えらい出費やったぁ~(^^;;

 

 

 

大森屋 本店定食・食堂 / 津新町駅津駅阿漕駅