熱田区千年1-20-11
11:30~14:30(L.O.14:00)
18:00~20:30(L.O.20:00)
定休日 月曜

食べログページ


熱田高校南東部の信号交差点に
こちらのお店があります。
研究熱心な店主が拘りつくし
うどんと肴を提供してくれる
恐ろしくも美味しいお店であります


第2回愛知うどん・きしめんスタンプラリー参加店
カレー煮込みスタンプラリー参加店
きしめんスタンプラリー参加店

※文字数が1エントリーの制限を越えたので、パート6であります。
  パート5はこちらです



2016年10月

味噌煮込みうどん

カラリと晴れた秋晴れの日。
良いですねぇ~。
一年の中で一番大好きな
気候なのであります。
自分の生まれた季節って
心地よいものなのでしょうか?
こんな日はいつものお店で
味噌煮込みを頂きましょう。

鉄鍋に入った具沢山煮込み。
さっくりと麺リフ撮りです。
ゴッツゴツのブリブリ麺ですので
3本を綺麗に並べたいのですが
各々が持つ個性的な弾力により
こんな感じであります(^^;;

それでは失礼しまして
いっただっきまぁ~す!

ちゅるちゅるちゅる~♪
モサッときてムニンムニン!
口の中で暴れまわるうどん。
味噌味がジンワリ染みていて
弩美味いのです。

アッツ熱なので
最初のヒト啜りの後は
とんすい小宇宙作成!

2本のうどんをとって、
かしわ、蒲鉾、エノキ、
花麩、油揚げ、長葱、
そして豆腐を飾りつけて
一味をハラリとやってから
ガッツリイッタリます。
嬉し喜し美味しであります。
個人的にではありますが
一味、七味などは
フリカケタテの乾いている
パウダー感が好きなのです。

お約束の時間帯
TTU(Tamago Tuke Udon)炸裂!

味噌煮込みうどん等、
製作サイドは最後に生卵を
入れて仕上げてくる場合が多く
配膳されてから3すすりくらいの
頃合いが白身が固まり
卵黄を取り出し易いように
思う訳でありまして、
このタイミングが重要なのであります。
卵黄コーティングが決まり易いのです。
お味噌のお汁がシッカリ染みた麺の
卵黄がマロリンと絡んだところが
弩美味いのであります。

おっと刻みねぎを忘れていました。


とんすい小宇宙第2弾に
添えてみました。

フレッシュな刻みねぎの
色合いは気持ちいいですね。
白身もほど良く固まって
牛蒡もあったのですが
隠れちゃいました。
ガブガブっとやるのがよろしいです。

釜抜きうどん(特小
 with最近のかけ汁2種。

奥にあるのがざる汁で
釜抜きのうどんを付けて
食べるものですが、
手前左側がかやくものの
うどん用の白汁で、
右手が通常の赤汁であります。

ここの所ブレンド比率を
変えたようでありまして
試飲をさせて頂きました。
ほのかに昆布の甘い味わいが
付加されていて、このお店の
本枯れ節等のいつもの出汁に
奥行きが感じられるようですね。
よく分かっておりませんが(^^;;

さて、釜抜きであります。
本来は「たらいうどん」として
供される美味しいうどんですが
賄賂を贈って作って貰いました(^^;;

麺リフ撮りますと
弩エロイおうどんが
持ち上がって参りました。
それではこちらもぉ。

ちゅるちゅるちゅるる~♪
なんたるトロケ具合でしょうか。
怪しく艶やかでありながらも
トロリとしてモッチリとしております。

これぞ、きぬあかり!
愛知県の誇るきぬあかりの
芳醇な小麦香を伴う甘味が
タマリマセンのです。

お汁に泳がせてみますと

ぎゅんぎゅんとお汁を吸って
ほんのりと色めき立って
スグサマすすり上げたい衝動ですが
アッツ熱ですので
一本づつ頂きます。
嬉し喜し美味しなのであります。

千年ニコ天、中村大将。
ご馳走様でした。



2016年9月

ブラウマイスター

今日はアテクシの誕生日。
家族で祝ってもらう為に
やってまいりましたよ。
ていうか、支払いは
何故かアテクシなんですケロ(^^;;

水ナス 


冷や奴


小鯵の南蛮漬け

南蛮漬けは好物でありますが、
うみぶどうが美味いんです。
こんな味わいだったっけ?

煮物

万願寺唐辛子が
面白いですぇ~。
辛くなくてよかった(^^;;

お浸しは
つるむらさきと空芯菜。

こんなお浸しなら
どんなけでも食べられちゃいますね。

枝豆


隣のテーブルにいた若い家族。
3歳くらいの女の子。
1歳くらいの男の子。
お父さんお母さんの
4人でありますが
うどんが出てくると
スタイを付けてもらって
いい子で椅子に座る子供達。
お父さんがうどんを
とんすいに取りフーフーと
冷ましている様子を見て
女の子が椅子の上で
ぴょんぴょんと跳ねだして
それを見た男の子も
同じようにぴょんぴょん。
手にはフォークと小皿を持ち
楽しそうな団欒のひと時。
お父さんから小皿に
うどんを入れてもらって
いっただっきまぁ~す!って。
「お~いちぃ~。」と女の子。
傍で見ているおじさん。
熱いものが込み上げ
目頭を押さえる顛末。
これが麺類食堂の
力なんですよね~。

くじら。

調査捕鯨用のブツを
頂いちゃいました~。
日比野本場すげぇ~。

ポテトサラダは
紫のシャドークイーンと
ピンクのノーザンルビーの
二色盛りであります。

カラフルなヤツですネェ~。


すると先ほどの
隣のテーブルの子供達が
食べ終わって積み木で
遊びだした。
女の子が
「バイト探しは~
 タウンワーク~♪」
おじさん、
今度は大笑いです。
お年玉をあげたくなっちゃいました。


お刺身の盛り合わせ~。

貝類は息子が大喜び。
姫サザエ、赤貝ですかね?
アテクシは子持ち昆布で喜びました。
もちろん。
マグロにしめ鯖で
絶叫しそうになりましたが・・・(^^;;

ん?

これもアテクシにとっては
大切なお摘みです!

本鮪の皮、ハモの浮き袋。

コリリとくる皮に
ねっとりとくる肝。
酸味あるポン酢で頂くのが
ニッコリになりますね。

鱧の蒲焼き。

こいつぁ~美味いよ!
これビックリな美味さでありました。
いやはや、鱧やるなぁ~。

おおお!
晴れて5ちゃいになれました。

ありがとうございます~。
昨年のこの日は
大変な一日でした。
節目的な年齢に達したこの日。
そろそろ食生活など
おっさんらしくして行かなきゃ!
などとチラリと思ってみたり。
さあどうなる事でしょうね。

千年ニコ天の皆様。
ありがとうございます。



2016年8月

冷かけきしめん

残暑というか、
暦の上ではもう秋なのでありますが
あっつい毎日であります。
そんな時にはやっぱりコレですね。
冷かけきしめん。
しかし見た目では伝わりませんよね。
これ冷たいんですよぉ~(^^;;;

綺麗に撮らなきゃ!って
麺リフ撮り用にこうして、
箸の上に引っ掛けて・・・
ていうか撮影用という事も
ありますが、普通に食べる時も
こうして最初っくらいは
美しくしてニンマリしたいですよね。
まあ人それぞれでしょうが
いいもんでありますよ。

それでは失礼して
いっただっきまぁ~す!

ちゅるちゅるちゅるる~~♪
極薄に延されたきしめん。
箸が透けるほどでありまして
という事はすぐに破れて切れてって
思いますがそうではありませんよ。
ちゃんとむにゅ~んて
伸びるような粘りがあるのです。
そして上品なお出汁と
フォースが融合して
(※帝国醸造所の溜醤油で
 深みある香りの事)
美味しいのであります。

焼印の入った蒲鉾です。

この一杯を食べる中で
食感の変化があるのはこいつ。
これが良いのでありますよね。

唐あげ登場~!

大きな唐あげであります。
ガブリ!とやったろうかと
挑戦しかけましたが、
アッツ熱の肉汁が出て来て断念!

素早くきしめんで口の中を冷やして
唐あげは4等分に切り分けて
ハフハフと頂きました。
これが、美味いんだなぁ~。

夏場の冷やしメニュー。




千年ニコ天、中村大将。
ご馳走様でした。


2016年7月

ざるうどん?
合盛バージョン。
01
11時30分にお店に行くと
お客さんが沢山おります!
何でもテレビに出たとかで
人気大爆発絶賛中との事だ。
息子の用事もあるので残念ながら
時間をずらしてやって来てみれば
うどん、きしめん共に
一人前作れる量が残っていないと・・・
それで有り合わせで
うどんきしめん半玉づつで
コレを作ってもらったのです。
02
良い感じに麺肌が荒れて
トロケルほどのビジュアル。

それではおうどんから、
いっただっきまぁ~す!
03
ちゅるちゅるちゅるる~♪
プリンプリンの
むっちむちおうどんであります。
塩の抜けも程よく美味しいです。

お次は、
きしめんであります。
幅広仕様であります。
04
ピロペラペラ~~と。
啜りきれませんね。
幅広だとあっと言う間に
口の中いっぱいになるので
途中で噛み切って食べないと
イケマセン。
これがおじさんは悔しいのですが
如何なものでしょうねぇ。

それでもむちっとくる麺で
よろしいのであります。

お汁に泳がせつつ頂きます。
05
複数の節からなる
複雑なバランスある味わい。
鰹節の上品な出汁に
フォースがのります。
(※帝国醸造所の溜醤油で
 深みある香りの事)
染み入る美味さであります。

きしめんはとっぷりと
泳いでもらいました。
06
しっかりとお汁を浸透させて
頂くと嬉し喜し美味しなのです。

ニコ天07

ニコ天08


千年ニコ天、中村大将。
ご馳走様でした。


2016年5月

五目味噌煮込みうどん
ニコ天01
名古屋人は暑い日でも
熱いモノが欲しくなるのです。
名古屋人に限らないかも
知れませんが、
うどん屋さんに聞くと
暑い日こそ味噌煮込みの注文が
多く入るとの事であります。

そういう私も
お店に到着するまでは
冷や麦モードでしたが
息子が「僕もそれ食べる」
というので
うむむ!と唸ったのです。
ニコ天02
今回は「五目」を
お願いしてみました。
こちらのお店で
「五目」というのは
「スペシャル」と解釈しても
良いレベルな逸品ですので
注意が必要です(^^;;

はい、出ました。
麺リフ撮りますと
ぐにょんぐにょんと
活きの良いよいおうどん。
箸にしゅるりんと
綺麗に並んで
追従して欲しいのですが
各々の活きが良いので
そうは行かないのが
逆に嬉しかったり・・・。

それでは失礼して
いっただっきまぁ~す!
ニコ天03
ちゅるちゅる~~。
ぐにゅんむっちんな
パワーあるおうどん。
愛知県産小麦粉
「きぬあかり」の持つ
柔らかで甘い香りですが
その趣を感じさせつつも
歯を挟み込むような
強烈な弾力で楽しませてくれて
美味しいのです。

とんすい小宇宙作成です。
ニコ天04
豚肉、お揚げさん、牛蒡、
かしわ、小海老、蒲鉾、
白菜、豆腐、人参、長葱
それにエノキまでと
私が確認しただけでも
11品目というゴージャスぶり。
とんすい上でフーフーと
熱を冷ましつつ
ジックリと頂くのであります。
うんめぇ~んです。

そして忘れてはいけません。
TTU(Tamago Tuke Udon)炸裂!
ニコ天05
12種目の強烈な脇役の登場。
卵黄コーティング完了です!
もはや言葉はありません。
嬉し喜し美味しな境地であります。
弩美味いっ!

唐揚げ登場。
ニコ天06
ニコ天の唐揚げは
デッカイのであります。
そして美味い!
息子と四等分して
半分づつ頂きました。

こちらは息子の食べた
冷や麦であります。
ニコ天07
清涼感溢れる絵面。
日本の夏!という
ワクワクな気持ちになります。
ニコ天08

ざる汁に泳がせて
私もひと啜り頂きました。
ニコ天09
和出汁とフォースが香る
(※帝国醸造所の溜醤油で
 深みある香りの事)
奥深いお汁に
コリリとする冷や麦の咀嚼感。
喉越し爽やかで美味し!

味噌煮込みで
汗かくのも良いですが、
冷や麦でクールダウンするのも
最高であります。
ニコ天10

千年ニコ天、中村大将。
ご馳走様でした。

-----------------------------------
かしわ天
ニコ天01
何度もこちらのお店には
伺っているのですが
この単品メニュー、
初めての注文であります。

かしわ天リフト。
ニコ天02
岩塩をコリコリして
ハフリッ!
といったりました。
柔らかくほろりとして
アッツ熱なかしわです。
美味しいです。
ビールが欲しくなります(^^;;


ざるうどん
ニコ天03
暑い日でしたしので、
やはりコレを選択してしまいます。
しっかりと湯がいて頂き
ピッカピカで登場しました。
艶っツヤで瑞々しさ満載。
美しく身をくねらせて
笑っているようです。
ニコ天04

サックリと箸を差し入れ
麺リフ撮りであります。
うどんが生き生きしてて
元気一杯であります。
箸から数本が綺麗に並ぶ様を
撮りたいのですが
各々の弾力と活きが良いので
そのようにはならず、
はよ食え!と
怒られているようです。
ならば。頂きますっ!
ニコ天05
ちゅるちゅる~~!
ブワンと甘美味い小麦香。
口の中で暴れまわる
弾力あるおうどん。
それでいて噛み締めると
反発しながらも柔らかく
潰れていく様に切れていく。
これっすよ、コレこれっ!
グニュンぐにゅん。
弩美味いんです。

ざる汁に泳がせます。
ニコ天06
複数の節からと
フォースが香る
(※帝国醸造所の溜醤油で
 深みある香りの事)
ニコ天さん特有のお出汁。
これにおうどんを絡めて
ちゅるちゅる~。
うぅ~まっ!

ザル汁からのリフト!
ニコ天08
うどんの断面が長方形で
中心がギュッと緊張して
端部がモワンと膨らんで
澱粉質が糊化しつつも
纏わりついていて
水締めされたところに
ざる汁からの吸水があって。
嬉し喜し美味しです。


色紙
ニコ天10
ZIPFMのDJさんが
お店に来たんだって。
誰だっけ?
聞いたのだけれど
忘れちゃった(^^;;

お店を出ると
ハイビスカス!
ニコ天09
おおっ!
なんとも良いですね。
ニッコリしてしまい
沖縄に行きたくなりました。
ニコ天12

ニコ天11

千年ニコ天、中村大将。
ご馳走様でした。



2016年4月

カレー煮込みうどん
ニコ天01
初夏のような暖かい日でしたが
何故かカレー煮込みな気分。
そう思ったからには
カレー煮込みなのであります。

ですが今回は
カメラを忘れてしまい、
久々にアイフォーンでパチリです。
ニコ天02
しかし具沢山であります。
コレほどまでに具沢山な
カレー煮込みって
中々ないですよね。

サックリと麺リフ撮り!
ニコ天さん独特な
ドブットイ麺が登場です。
ムチムチなマリッとした麺。
これはタマリマセンね。
それでは早速ですが、
いっただっきまぁ~す!
ニコ天03
モグモグゥ~と
啜り上げてからの咀嚼。
麺なのにお餅を食べているような
食感であります。
ドブットク、マリッとした
麺の咀嚼感。
柔らかなようでムチムチとした
強い弾力がそう思わせるです。
弩美味いのであります。

とんすいの小宇宙作成
ニコ天04
長葱、お揚げさん、蒲鉾
花麩、人参、玉葱、
かしわに豚バラ肉。
他に小海老まで入っており
もう楽しくてタマリマセン。

ワシワシとかっ込みます。
カレーのお汁が
これらの具材を楽しく美味く
食べさせてくれます。

TTU(Tamago Tuke Udon)炸裂!
ニコ天05
卵黄コーティングが
まったりと決まりました。
思わず東面の窓の外の風景を
暫し見つめてしまうほど
「無」になる感動です(^^;;

ロースカツ
ニコ天06
こちらは同行の息子の注文。
彼はこれを塩で食べるのが
大好きなのであります。

アタクシも少し貰います。
ニコ天07
モチロン!
カレー煮込みのお汁に
「ダァ~~ンクッ!」です。
これまた「無」の境地。
嬉し喜し美味しなのです。

こちらは息子の食べた
冷かけうどん。
ニコ天08
冷かけきしめんは
随分食べてきましたが
もしかしたらコレは
始めてなメニューかも知れません。
ニコ天09

カレー煮込み小宇宙を
とんすいたっぷりで
食べさせてあげたので
私も少し頂きました。
ニコ天10
平打ち?見たいな
麺の断面であります。
最近はこのスタイルが
推し麺のようでありますね。
美味しいです!

千年ニコ天、中村大将。
ご馳走様でした


2016年3月

ビール~~!
ニコ天01
この日は静岡の義妹が
やってきたので
美味い名古屋のうどんを
食べてもらおうと
いつものお店に家族で
やってまりました。

氷頭(ひず)のなます。
ニコ天02
コリリとして
ビールがススミまくりです。

南蛮漬け。
ニコ天03
コレ好きなんですよね~

ホタルイカ三昧。
ニコ天04
どれも美味いんだけれど
一番手前の小皿に乗ったヤツ
みんながみんなビビッタヨ!
これ美味しい~~って!

タコさん。
ニコ天05
動画撮っても良かったのだけれど
グロすぎて・・・
これ、
グニュングニュンと
動いてるのですよ。
でも美味いんですよねぇ~

しめ鯖が一番美味いのだけれど
ニコ天06
クジラは久々に食べましたよ~

ワインにスイッチ
ニコ天07
赤からスタート。

白子です。
ニコ天08
タラちゃんとフグ?だったかな?

広島県地御前の
焼き牡蠣登場です。
ニコ天09
息子が大喜びです!

本ミル貝の刺身
ニコ天10
生きているところを
バックリ開いて
調理をする様を見せてくれました。
ここはうどん屋なんだろうか?
誰もがそう思うところですが
私は慣れてしまって・・・(^^;;

この辺りで
白ワインと日本酒に
チェンジした用ですが
画像はありません(^^;;
本当に飲んだのだろうか?

雲丹登場。
ニコ天11
コレタマリマセン!

後半戦は白岳仙(吟醸酒)
を頂いちゃってます。
もうヘロンヘロンです。

そこで牡蠣フライの登場
ニコ天12
これまた坊主が喜び、
義妹も大喜びであります。

味噌煮込みうどん!
ニコ天13
これが本当に美味い
味噌煮込みやぞ~!
とエバってみました。

続いて
冷かけきしめん!
ニコ天14
静岡県人の義理妹。
名古屋人が美味いと唸る
きしめんを食べて大喜び。
でもカナリ飲んでたから、
覚えてるかなぁ~(^^;;;

千年ニコ天、中村大将
ご馳走様でした


2016年2月
きしスタ その3-25

冷かけきしめん
ニコ天01
遂にきしめんスタンプラリー、
3周目のラストであります。
なんだかホッと一息なのです。
ニコ天02
ホッ!と出来る
美しいビジュアルです。

ピロロンと
麺リフ撮ります。
麺肌の荒れ具合、
ここにお汁が絡むのです。
それでは、失礼して
いっただっきまぁ~す!
ニコ天03
ピロペロ~~ンと
冷たいお汁を纏って
唇を滑りあがってきます。
じわぁ~んと
東海クラシカルなお出汁感に
(※岐阜の麺類王
 HASH-ROYAL氏の造語であり
 名古屋地区の麺類食堂では
 伝統的に鰹節よりも
 ムロ節、鯖節が多く使われ
 その特徴ある味わいをいう)
フォースが香ります。
(※帝国醸造所の溜醤油で
 深みある香りの事)
きしめんも程よく締められ
むっちむち。
美味しいです!

この粒状感であります。
ニコ天04
とんすいにきしめん2本
お汁と蒲鉾に刻み葱で
小宇宙を作成しまして、
ニコ天05
ガブリ!モグモグ!と
やったります。
同時にお汁もゴクリ!
タマリマセンねぇ~~

ニシンの酢締め。
ニコ天06
ビールが欲しくなります。
うんまいのであります(^^;;

千年ニコ天、中村大将。
ご馳走様でした