インフルエンザ39度で癌細胞は死滅する自然免疫効能 | 幸せの「いのちの光」輝やかせ☆彡

幸せの「いのちの光」輝やかせ☆彡

大宇宙・大自然が好き!いのちの光が輝くために・・・
すべての存在は 人も動植物も 鉱物でも
響き合って 生かし生かされているんだね!
自然の波動バランスが崩れつつある 今  大切にしよう!


テーマ:


インフルエンザはガン細胞を死滅してくれるありがたい症状!


要は 予防接種してもしなくても 関係なく 罹患したり しない人


ばかりで 多くの人は ワクチンを信用していない。


結局 自分の自然免疫力での勝負が強いという事!


人工免疫も良いが 添加されているウィルス(生物)を殺す成分


が 人体に毒であり 逆に ワクチンで免疫低下を招くという事。





我が家は「インフルエンザの予防接種」はしません。効き目
があるかどうかも分からないのに、お金を払ってまで、危険なもの
を体内に入れるわけにはいかない。


(そもそも、集団接種がなくなった背景には、

健康意識が高かった母親たちの努力があったからなんだよ)


製薬会社が儲けるためには、メディアでインフルエンザの危険性を煽らせれば簡単。
あれ? 「電力会社♡マスメディア」の関係と似てねーかぃ?
そして、予防接種させてない親は
「あなたの子は罹ってもいいかもしれないけど、うちの子にうつっ
たらどうしてくれるの?」とバイキンを見るような目で見られてしま
うわけね。


…ってことで、みなさん、一緒に勉強しましょう♡
がん細胞が増殖するのは35℃台。
がん細胞が死滅するのは39℃台。
今は低体温の人が多いから、がん細胞にとったらウハウハ
なのだ。 年に1度、インフルエンザにかかって39度の高熱が出
るということは、年に1度、身体を浄化してくれるということになる。
そう考えれば有り難い症状なのである。 それなのに多くの人は、
予防接種、タミフル、リレンザ、解熱剤、抗生物質といった薬を使
い(薬は身体を冷やします)、それによって体温が下がり、せっか
く高熱が出るチャンスだったにもかかわらず、強引に下げてしま
う。


もったいない
「インフルやめてがん細胞を増殖」VS「インフルかかってがん細胞死滅」 どっちを選ぶ?


インフルエンザ脳症で死ぬ人だっているじゃん!!と言いたい方、その死因は、インフルエンザではなく、予防接種や薬であると米国の科学者は 日本と台湾だけ 脳炎になる特殊性を調査して断言しています。


脳症の可能性はゼロじゃないかもしれないけど、だったら薬害だ
ってもっとクローズアップされるべきだよね。
原発同様、製薬会社が儲けるためには、ねつ造、隠蔽、
何だってします。
友達のTHINKERがブログに書いてます。
「インフルエンザワクチンは打ってはいけない」


前半 http://thinker-japan.com/dontvaccinated.html 後半
http://thinker-japan.com/dontvaccinatedkouhan.html


子宮頸癌ワクチンだって怖いよ。 子宮頸癌になるリスクより副作用で廃人になるリスクが増えるのだから毒そのものだよね。


「子宮頸癌ワクチンの危険性」

http://thinker-pan.com/hpv_vaccine.html


冷え症はもちろん、パソコンや携帯の電磁波も不妊症を招く。
「少子化対策」という前に、不妊症が多くなった原因を改善すべ
きだと思います。 …………


◯今現在は使われていない
かもしれませんが、高熱を出して「がん」を治療する薬、「OK-4
32」というものがあったそうです。 こちら。
http://blogs.yahoo.co.jp/yoco_cancer/43848685.html


◯FBでいただいたコメントで、医療関係者の方に教えてもらったこと。
「がん患者さんが、わざとインフルエンザを移してもらいに行くこと
を『一発逆転療法』というらしいです」 …………


☟今、検索して
て、たまたま見つけたブログを転載します☟ 「体温低下」が、免
疫力低下を招いている

http://www2s.biglobe.ne.jp/~h-h/health/atatameru.htm


白血球の働きをうながして免疫力を高めることも、アレルギー対
策も、すべては「体温を上げる」こ
とが鍵を握っている。


実際、ガンやアレルギー、膠原病など、免
疫システムの狂いによって生じる病気が増えている一番の原因
は、低体温化にある。


私たちが子どものころは、子どもの体温は
37度、大人は36度6分か7分程度であったが、いまの日本人ば子
どもも大人も35度台の人が多い。 実は、ガン細胞は35度で一番
増殖し、39.3度で死滅する。 したがって、体温の低い人はガンの
格好の餌食となってしまうのだ。 体温が一度下がると、37バーセ
ントも免疫力が下がるという説もある。


体温が上がれぼ白血球も
よく動き、免疫力も上がるのだ。 新陳代謝が亢進し、発汗・発熱
が激しくなるバセドウ病患者がガンになりにくいことや、ガン治療
にも古代ギリシャの時代から「発熱療法」があったことは、すでに
紹介した。


「発熱療法」とは、体を発熱させることで、ガン細胞の
増殖を止めようというものだ。 こんな話もある。イタリアのポンティ
ン湿原周辺の人々は、数百年もの間、ガンにかからなかったそう
だ。 イタリアの医師グループが原因を調査したところ、その沼に
はマラリアの病原体をもった蚊が多数生息していることがわかっ
た。つまり、住人たちは日常的に蚊に刺されてマラリアにかかり、
熱を出していたのだ。マラリアによる高熱こそが、ガンの予防につ
ながったと考えられる。


では、反対に体温が下がると体はどう反
応するか。 まず体が行なうのは、水分を外に捨てることである。
なぜなら、雨に濡れると体が冷えるように、余分な水分は体を冷
やすからだ。 たとえぼ、体が冷えるとくしゃみや鼻水が出る。 体
が冷えるとトイレが近くなる。さらに、寝冷えをすると下痢をする。

偏頭痛も実は冷えからくる病気で、ひどいときには吐くこともあ
る。 これは、胃液という水分を体外に出して体を温めようとしてい
る現象なのだ。 腰痛や膝の痛み、肩凝り、四十肩、リウマチなど
の痛みも、冷えが原因している。


その証拠に、痛みは温めるとやわらぐことが多い。アレルギーもまた、余分な水分が原因する「水毒」の症状であることは、
前に述べたとおりである。
http://blog.goo.ne.jp/banbiblog/e/62f68ece2bd0140b5400903cff826da2


村 泰士さんの写真記事をFBより転載させていただきました。



**************************


追記


ワクチンと有害物質 チメロサール(水銀)と脳神経障害について




Dr内海 聡さんのFBから 紹介しています。


水銀・・・・・水銀(すいぎん、英: mercury、羅: hydrargentum)は原子番号80の元素。水銀は、各種の金属と混和し、アマルガムと呼ばれる合金をつくる。これは水銀が大半を占める場合には液体、水銀の量が少なければ固体となる。有機水銀は無機水銀に比べ毒性が非常に強い。


世界中において有機水銀はかつて農薬として広く使われ、1970年代にイラクでは、メチル水銀で消毒した小麦の種を食用に流用したパンによって有機水銀中毒で400人以上が死亡する事件がおきた。


2001年にアメリカ合衆国では「乳児の際に受けた予防接種中のチメロサールによって自閉症になった」として製薬会社に対する訴訟が発生した。


三種混合ワクチン、日本脳炎ワクチン、インフルエンザワクチン、B型肝炎ワクチンなどの保存剤としてチメロサールが使われていたためである。


wikiにも日本の研究でもワクチンと自閉症の研究はその後否定されたが、これもウソ丸出しであり、それがどのような意図をもって行われたかは推して知るべしである。


メチル水銀の中枢神経系(脳)に対する毒性は強力で、

日本で起きた水俣病(熊本県八代海)や阿賀野川流域(新潟県)でおきた工場排水に起因する有機水銀中毒(第二水俣病)

の原因物質である


金とのアマルガムは、金の採掘や精錬、金めっきに用いられることがある。体温計にも用いられていたが、現在ではデジタル式に圧されて廃れつつある。血圧計では、水銀柱を利用して圧を読みとるものが伝統的であり、現在でも医療現場や医療教育で広く使われている。


銀・スズ・銅などとのアマルガムは、歯科治療において歯を削った後の詰め物として一般に用いられていたが、これは多くの金属中毒を生み出した。


チメロサール、ワクチンの防腐剤として使用されるのはあまりにも有名。蛍光灯や水銀灯などでは、水銀蒸気が発光体として使用されている。


かつては電池(乾電池、水銀電池など)の亜鉛と混合しアマルガム化することによって負極の化学反応抑制用として使用された。


現在国内では酸化銀電池、アルカリボタン電池等に使用されているのみである。なお国内でマンガン電池の水銀が0使用になったのは91年。


***********************




ワクチンは 実は予防の効果がないだけでなく、

成分に有害物質ばかりである。


 打たない子と比較した実験では 打った子は
倍から数倍の確率で病気に罹っている結果がある。


所詮 自己免疫に優れるものはなく 対外からの接種は
有害異物を体内に入れることであり 

健康なホメオスタシスを乱すことしかならない。


ワクチンの必要性は 製薬会社の売り上げ確保であり
ワクチンの在庫消化と その病気を増やすことで
医療全体が潤うという 金儲けの必要性に由来しているのが
実は 現実的なビジネスライクといえる。


特に 脳神経系が未発達な6歳以下の弱い子供には
ワクチン接種は 脳障害のリスクを高める危険は
今や 世界のお母さんは わが子に接種させない!


これが 賢明な母の愛の意思である!!!





fmフーミンさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス