九州大学 文系 数学 | 2011年大学入試数学 | 東大数学9割のKATSUYAが販売する高校数学の問題集

九州大学 文系 数学 | 2011年大学入試数学

●2011年度大学入試数学評価を書いていきます。今回は九州大学です。



いつもご覧いただきまして、ありがとうございます。 KATSUYAです^^



いよいよやってまいりましたね。この季節。今年もやっていきます。



2011年 大学入試数学の評価を書いていきます。


2011大学入試シリーズ第19弾。

国立シリーズ、第9弾。



九州大学(理系)です。




問題の難易度(易A←→E難)と一緒に、

典型パターンのレベルを3段階(基本Lv.1←→高度Lv.3)で書いておきます。

また、☆は、「解くとしたらこれがいい」というオススメ問題です。



難易度の指標は、こんな感じです。


SHIN KATSUYA Online

D・・・難関大学でも難しい部類の問題。


E・・・超高校級の難問。試験場では即捨てOKの問題。



また、解答までの目標時間を、問題ごとに書きます。


※目標時間=解き方を含め、きちんと完答するまでの

標準的な時間です。



したがって、

目標時間を全部足すと、試験の制限時間を越える

ことも、当然ありえます。



同時に、その時間の2倍考えてもまったく手がつかない場合は、

ヒントや答えをみるといい という目安にしてください。




九州大学 文系数学 

(試験時間120分)




全体総評・合格ライン


理系との共通・類似問題が4題中3題。 中でも第4問の確率は理系でも難しめ。


そして文系だけの問題である第3問がその次に難しい印象。その他は誘導過多な印象。


理系とは反対に、昨年より少し難しかったと思います。


試験時間120分に対し、

目標解答時間合計は105分。


時間は割とゆとりがあります。なので、時間も考えると易しく感じたかもしれませんね。

■合格ラインですが、



第1問は、標準的で誘導も丁寧なので、最後まで行きたい。


第2問も、問題文や誘導で気づくのは難しくないので、9割ぐらい確保。

第3問は、(1)は絶対欲しい。(2)以降は難しめですが、、、果たして。


第4問の確率も難しめ。(1)、(2)は確保し、残りをどうするか。


⇒第3,4問で合わせて6割あれば十分かと。



時間にゆとりがあるので、合格ラインは70%強ぐらいだと思います。




第1問・・・面積(B、20分、Lv.2)


理系の問題と類似しています。ていうか、y=x に関してして対称なだけですね(笑)



別に理系もこっちでよかったのでは。。。

文系のほうが誘導が多く、逆に誘導過多な気がします。



※KATSUYAの解いた感想


理系とほぼ同様のため、省略。



第2問-数列、三角関数(B、25分、Lv.2)


理系とほぼ共通問題です。


特殊な漸化式ですが、(1)や(2)の過程、あるいは問題文で、その式がtanの2倍角と結びつくことはそんなに難しくはないはず。

(3)は文系のほうが簡単でしたね。理系のようになっても答えられるのが望ましいですが。



※KATUSYAの解いた感想


理系とほぼ同様のため、省略。

☆第3問-ベクトル(BC、30分、Lv.2)


ベクトルの応用。証明問題2問、そして方程式からベクトルの長さを出す問題。


(1)はさすがに取りたいですが、(2)以降は結構難しい。


証明すべき式や使う式と、問題文の式をどう結びつけるか。


平面幾何の中線定理を思いつけば、実はそこまで式をいじくらなくてもいいのですが、それでも(3)はなかなか厳しい。


やっぱり平面幾何は飛び道具ですねぇ。



※KATUSYAの解いた感想


平面幾何の飛び道具ぶりを久しぶりに実感。解答時間10分。


関連記事


>> 図形の問題の解き方



☆第4問-確率(B、30分、Lv.2)


カードの入れ替え問題。理系と違って(4)もn=2なので、まだましだったかも。


これも(3)まで解いている過程で気づいて欲しいという意図なのでしょうが、こちらは少し厳しいかもしれないですね。


今までが丁寧な誘導でしたし、1問ぐらいはこれぐらいのものがあってもいい?(笑)



※KATUSYAの解いた感想


理系とほぼ共通なので、省略。



対策


標準問題が主ですが、旧7帝大だけあって、ただの反復練習だけでは太刀打ちは難しい。

質の高い問題を、誘導にしたがってきちんと解答を書き上げる練習を行う必要があります。


教科書傍用問題集が終わったら、演習用の問題集を1冊用意し、じっくり取り組みましょう。

その後、過去問に手をつければいいです^^


参考 >> 2010年の九大の文系数学



以上です^^


次回は、名古屋大学(理系)です。



関連記事


>> 図形の問題の解き方

>> 他の大学も見てみる


>> ちなみに私、自ら塾を立ち上げる予定です^^