タイムトラべラーのブログ

タイムトラべラーのブログ

一緒に未来を見に行きませんか。

Amebaでブログを始めよう!

世の中には、何千万円もするワインがあるそうです。

でもそれらは、オークションで取引される特別なもので、一般市場に出回るワインなら、数10万円というのが最も高いみたいですね。

安い方は、紙パックで売られているものを除くと、一本500円位でしょうか。

 

誰もが望むのは、安くておいしいワインです。

でもワインの場合、日本酒なんかと比べると、味と価格の相関関係は高いと思います。

世界中のソムリエさんたちの、レストランへなどの仕入れを通して、ワインの値段が決まってくるからですね。

 

それでも、掘り出し物が無いわけではないはずです。

どうやったら安くておいしいワインにありつけるか、考えてみましょう!

 

10万円もするワインってどんな味がするのでしょう?

私は飲んだことがありません。

1000円ワインの100倍も美味しいのでしょうか?

 

でも、味が100倍というのは、どう考えても有り得ないですね。

どう測ってよいのかも分かりませんし。

恐らく、少し美味しくなると、価格がグ~ンと上がる、ということだと思います。

 

そこで次のようなグラフ①を想像してみました。

縦軸は、美味しさです。

単位はあえて書きませんが、上に行くほどより美味しい、と考えてください。

 

横軸は価格です。

幅が大きいので対数で表しています。

 

要するに、味が少し良くなると、価格がグ~ンと上がることを示したグラフです。

 

でも、「美味しさの度合をどうやって縦軸の数値で表すのか?」、という疑問が残ると思います。

 

そこで次のような仮想実験を試みました。

2本のワインを用意して、価格は伏せておきます。

そして、どちらが美味しいと思うか(好きか)を言ってもらうわけです。

これなら誰にでもできますね。

 

たくさんのワインの中から2本ずつ比べていくと、全体の順位が決まります。

(理論的にはですが)

これを縦軸としておきましょう。

 

この実験は、ソムリエさんではなく、私のような素人を、できるだけ多く集めて行います。

そうすると、グラフ②に示したようなバラつきが生じるはずです。

 

ソムリエさんばっかりなら、こういったバラつきは少ないはずです。

だって、味と値段の相関関係を作り上げている人たちですからね。

裏を返せば、ソムリエになるためには、このグラフに乗るような訓練をしないといけないということでしょう。

 

右側の高価なワインほどバラつきは少ないと思います。

誰もが美味しいと思うワインって、まろやかで、それでいて、ブドウのエキス分を充分堪能できるものだから、比べ易いんですね。

 

逆に、安いワインというのは、渋みが突出しているとか、酸味が突出しているとか、何かくせがあって、好みが分かれます。

「酸っぱいのは嫌い」という人もいれば、「酸味があった方が爽やかで好き」という人もいるからです。

「渋みは気にならない」、という人もいれば、「甘ったるいのはどうも」、という人もいます。

 

最後にグラフ③を見てください。

前のグラフに、横線を入れてみました。

 

するとどうでしょう。

1000円ワインに対する評価のバラつきの幅と、5000円のワインのバラつきの幅が同じ高さにあります。

 

これは、人によっては、5000円のワインより美味しい1000円ワインがある、ということですね。

 

1000円ワインのほうが美味しいと思った人が、「私の味覚はおかしいのかしら?」なんて悩む必要はありません。

それがあなたの好みのワインなんです。

「掘り出し物を見つけた」、と素直に喜んでください。

 

以上は、私が或るカルチャー教室で学んだ成果です。

そこでは、3000円から1万円位までのワインをテイストさせてもらいました。

 

たくさんの美味しいワインを、味わうことができました。

でも、私が普段飲んでいる1000円ワインの方がよっぽど美味しい、と思えるものも、結構出てきたんですね。

 

5千円のワインを買っても、自分にとっては「ハズレ」、ということも多々あります。

1万円以上もする高価なワインを飲んでいるのは、外国でも大金持ちだけですよ。

気軽に買えて満足できる、自分のワインを見つけましょう。