屋久島旅行記2 | ピュ~と吹く朝菜の笛吹きブログ

ピュ~と吹く朝菜の笛吹きブログ

フルーティスト坂本朝菜のライブ情報&くろねこ音楽教室のことがメイン。
きまぐれで好きなものについても書いてます→漫画(特に井上雄彦作品)・ゲーム音楽(特にドラクエ、FF)・猫(特に黒猫)


テーマ:

屋久島旅行シリーズ2回目
前回あまり進みませんでしたが引き続きだらだら書きます。

屋久島旅行記1はこちら



空港に到着後、まずはレンタカー
屋久島での移動は圧倒的にレンタカーがオススメ。
他の移動手段は本数の少ないバスと、タクシー。
小さな島だけど、歩いて移動出来る所はあまり無いです。

とにかく私にはレンタカー一択!でした。

予約していたレンタカーの手続きを済ませると時刻は17時

屋久島は丸い形の島。外周を一周出来る道(約100km)が一本通っていて、北から南、西から東に直通するような道はありません。

こんな↓





まず海をみたい!と思って海岸方面へ。
海も基本的にはどこからでもすぐ見られるのですが、時刻的に北西の海岸なら海に沈む夕暮れの美しい夕陽が見られるかも?!と宿とは逆方向へ。


日暮れギリギリにようやく辿り着いたのはお目当ての海岸の少し手前の一湊海水浴場
綺麗な海と夕陽は見られたけれど、山が邪魔して水平線に陽が沈むところは見られませんでした。




でもこんなに綺麗な海と夕陽を見られたので満足。ここから反対側に戻って宿にチェックインです。


今回のお宿はペンション「ラ・イスラ・タセ」さん

宿を取ったのも直前だったので選択肢が少ない中で選びましたが、お値段の割にとても居心地の良い、良いお宿でした。

外観↓


宿は素泊まり3千円の民宿?から一泊3万円のリゾートホテルまで色々あるようです。

こちらは一泊1万円以下の素泊まりペンション。
お部屋綺麗だしベットも寝やすいし、アクセスも良いし、とても快適でした。

チェックイン後
宿の方に近くで夜も入れる温泉や遅くまでごはんの食べられるところを確認。(宿にもお風呂はあります。共用ですが)

1日目の温泉は「縄文の宿 まんてん」さん
こちらは綺麗で、使いやすいお風呂でしたが、おそらく美しい眺めは昼間だけのもの。
なので残念ながら夜行っても感動少なめでした。
一応、ネットで拾った写真を貼ります。






さて、宿に戻って車を置いて、徒歩圏内で一夜目の夕食。

ぶらぶら歩いてると超ローカル向けっぽい渋い居酒屋発見!!!


初日のごはんはココに決まり!!!


案の定、年配のマスターとおかみさんが営む、しぶーーいお店でした。
カウンターでビールと屋久島名物「飛び魚」などなど頂いて、オススメの観光スポットなどを聞いて…楽しい時間を過ごしました。


屋久島名物の芋焼酎「三岳」をゴリ押しされたので(いやー「やまや」でも買えるんだけどなー)と思いつつも飲んでみました。


うーーーん、大人の味!
て言うか焼酎ロックは私にはキツ過ぎるーー
お水を頂きながら、何とか飲みました。笑



初日はここでお腹いっぱいになって、宿に戻ってすぐ寝ました。
12時より前に寝たのって、いつぶりだったろう???



続く




笛吹き朝菜さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス