こんばんは、守田矩子(のり子)です。

 

私は、占い師をしている9年の間に、

生まれる前に亡くなった子どもたちの事を
何度かタロットで見させて頂きました。

生んであげられなかった子どものことを、心の中で
ずっと気にかけているお母さんが多いのだと思います。



鑑定した中で、
「生んでもらえなかったこと」を恨んでいる子は、

ひとりも居ませんでした。


 

子どもさんのお母さんへの気持ちを見ると、
出て来るのは、『感情』『愛情』を表す
「カップ」のカードばかりでした。








 

『肉体』を持たない子どもたちは、
愛という『感情そのもの』なのだなぁと
毎回、感動しながらカードを読みました。


亡くなった子どもにとって、最も辛いのは、
生命や肉体が無いことではなく、

「居ないこと」「無かったこと」にされることです。

 

子どもはいつでも、
お母さんに認めて欲しい存在ではないですかね。

それは、亡くなった子どもたちも同じなのですね。

 

 

 

流産・死産・中絶したことを誰にも言わず、

「自分ひとりが抱え、墓場まで持っていく」

という女性も珍しくありません。
 

しかし、辛い経験だからと言って、

「無かったこと」にすると、子供たちを悲しませます。

自分の存在が忘れ去られ、
家族から排除されるのは、とても悲しいことだから。





亡くなった生命が、
自分の存在を認めてもらえないと、

家族の中の誰か(大抵は、最も愛の強い人)に対して、
何らかの『働きかけ』を起こす場合があります。

 

例えば、その子の兄弟や孫など、
家族のメンバーが、

病気や大きなケガをしたり、
重大なトラブルに巻き込まれたり。

 

 

とても不思議な現象なのですが、

それは、『水子の祟り』と言われているような

おどろおどろしいものではありません。

ただ、自分の存在を認めて欲しいだけ、

自分を家族の一員として加えて欲しいだけ、

つまり愛のメッセージなのです。

 



たとえ、この世に生まれてくる事が出来なかったとしても、

「生命」が存在したことは、紛れもない事実です。

ですので、家族の中に、
その子の居場所を作ってあげて欲しいのです。
 

・供養してあげてもいいし、

・名前をつけてあげてもいいし、

・お仏壇やぬいぐるみなどを置いて、
 お家の中に招いてあげてもいいし、

・心の中に「居場所」を作ってあげるだけでも

大丈夫です。

 

 

それだけで、その子は喜びます。

 

家族に真実を伝えることが出来なくても構いません。

 

ただ、自分の心の中に、その子の『居場所』を

作ってあげて、家族の一員として、
その子と共に暮らしてあげてください。

 

現世に残ったその子の兄弟姉妹や未来の子孫たちが、

自分らしく健やかに生きられるように。


あなたがその子を愛しているように、

その子も、あなたのことを無条件に愛しています。


「昨日のブログコメントへのお返事」へ、つづく。



【お知らせ】

●9/7(土)夜に大阪で、ある方と一緒に、
緊急お話会をします♪

詳細は、明日、お知らせ致しますので、
参加ご希望の方は、お時間を空けておいてください。


●10/3(水)午後に、東京で何かします♪

今後の生き方について、色々お話出来たらと思っています。
参加ご希望の方は、お時間を空けておいてください。


どちらも、まず無料メルマガでお知らせして、
その後、ブログにて告知させて頂きますね↓

守田矩子の『タロット動画付き』無料メルマガ】

ご登録はコチラです⇒『ご登録フォーム』

本名でのご登録をお願いしております。


お目にかかれますこと、楽しみにしています。



 

●【大好評!ヤフー占いサイトへはこちらのバナーをクリック↓】


ヤフー占い
 

 

 

●【守田矩子の『タロット動画付き』無料メルマガ】

ご登録はコチラです⇒『ご登録フォーム』

本名でのご登録をお願いしております。


※Gmailからメールが届く設定をしておいてください。
すぐに返信が届かない場合は、登録が出来ておりませんので、

ますは、迷惑メールホルダーをご確認下さい。

 

それでもメールが見つからない場合は、
登録されたメールアドレスに間違いがある場合が殆どですので、

正しいアドレスで、再度のご登録をお願い致します。

 

 

 

●【ブログのご感想・ご質問・お礼は、レターポットへどうぞ↓】

 

 

 



●【守田矩子監修『インテグレーションタロット』のご購入はコチラ↓】
Yahoo!占いの「インテグレーションタロット」販売開始



 

 



タロット占い ブログランキングへ

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村

 

読者登録してね