こんばんは。広島市アロマテラピーのソリフロールの和田です。

 

今日は、父の補聴器調整に同行。

 

花粉症なのか、鼻をシュンシュンやっているので

 

帰ってアロマのジェルを作成。

 

(イメージ)

 

鼻が詰まるのか、そのせいで耳もおかしくなる。

 

子供が中耳炎を起こすように、高齢者もそうなる。

 

歳をとると、カラダは衰え、心は子供にかえるといわれますが

 

だんだんそんな感じが見えてくる気がします。

 

人生100年時代と言われますが、100歳まで自分の足で歩けて、生活できれば良いですがそうでない場合もありますよね。

 

自分でやりたくても、出来ないもどかしさ。

 

見ている方も、だんだん覚悟が入ってくる気がします。

 

アロマジェルは、鼻づまりがひどそうなので

 

めっちゃスッキリの香りで。

 

ジェルに、アルベンシスミント、ラヴィンツァラ、ラベンダーやティートリーのハーブウォーターを少し。

 

 

 

そして、

 

そんな高齢になった親たちの姿を見て不安になる自分がポツん。

 

不安なのか、寂しいのか。

 

胸が重苦しい感じになりますね。

 

胸のつかえを出すように、喋れるところがあるといいよね。

 

そんな時、先ほどの鼻づまりジェルブレンドの香りもピッタリ。

 

詰まったものを出す。スッキリさせる。喉も開いてくれそう。

 

ただ

 

「自分のたまったものを出します。」「心配ない、大丈夫!」という意識をもって香りを嗅いだりすることが必要かな。

 

そのうち、その香りを嗅ぐと「スッキリする」「大丈夫!」ということを心身が覚えてくれてる。そんな使い方。

 

自分の細胞に言って聞かせる。香って自分に効かせる。

 

「大丈夫!落ち着いて!」 

 

呼吸するごとに、安心と不安を入れ替えよう。

 

そんなお守り的な香りの使い方も面白いでしょ(^^)

 

 

カラダに塗るアロマのブレンドは、しっかり知識をもって行うことが必要です。

乳幼児、妊婦さんは使わないでください。持病のある方も、医師とご相談の上のご使用ください。アロマのブレンドを作る時は、お近くのナードのアドバイザーさんやインストラクター、セラピストにご相談を。

 

 


ナードアロマアドバイザーコース
アロマ入門講座
お問い合わせご予約
アクセス

 

 

 

ご予約・お問い合わせはこちら

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
にほんブログ村

 


メディカルアロマテラピーランキング

広島ブログ

 

⬆️いつもポチッとありがとうございます(≧▽≦)