セラピストになるまで②「自律神経が崩れた会社員時代」 | 本当のアンチエイジングとは、出せる身体になること!~アロマセラピストのひねもすのたり日記

本当のアンチエイジングとは、出せる身体になること!~アロマセラピストのひねもすのたり日記

さいたま市にある「出せる身体になる」サロンのセラピストがお届けするブログ
「毒を出す、入れない、作らない。」秘訣を発信しています。
ちょっとマニアックな歴女と鉄子な日々も綴っています。

働き始めてから数年後、再び体調に翳りがさしてきました。
毎日痛いほどの肩こり、尋常でない冷え、消化不良、慢性疲労など。


その当時は「年のせいかなあ?」 と深刻に考えていませんでしたが・・・。

その頃は責任のある仕事を任されていた会社員としての生活に、いきづまりを感じていました。


ある程度上にいけば、自分の裁量が増えてやりやすくなると単純に思っていたのですが・・・。
実際はまったく違うことを、社会人の世界で学びました。


確かに小さな部分の裁量は増えますが、逆にもっと大きな部分でがんじがらめになっていくんですね。
大げさに言うと、自分の考えは消して「会社の思考」に染まっていかないとやっていけないのです。


そして「感情」と「思考」のはざまで葛藤がはじまりました。


感情のレベル
・ここではもうやりたいことがない
・異動が多くて落ち着かない
・これ以上は成長ではなく消耗の生活だ


思考のレベル
・恵まれているのにもったいない
・辞めたらやっていけない
・辞めることは負けること


今から考えると、「人から言われたことをただやる」ことが苦手な私は会社員には向いてなかったんですね。
このように感情と思考の間の葛藤で「ストレス」が高まっていて、自律神経のバランスを崩していきました。


会社を辞めてそれらの症状がなくなってはじめて、「精神的に無理していたんだなあ。」 と気づきました。

学生時代のアレルギーは「もって生まれた体質」だと思っていたし、自律神経の崩れも 「年のせい」とたかをくくっていました。


私自身もそうですが、誰でも自分のカラダのことは自分が一番鈍感かもしれません。
カラダが多少おかしくても「たいしたことはない」「まだ大丈夫」「みんなもっと大変だ」と、アタマで否定してしまいます。


自分で自分をだますのです。
そうして病気になってはじめて「無理をしていた」ことに気づいたりします。


ここまでお読みくださりありがとうございました!


Floraともこさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります