お悔やみのプリザーブドフラワー | 毎日ロマンティックウェディングな暮らし

毎日ロマンティックウェディングな暮らし

ウェディング小物、プリザーブドフラワーギフト「グリシーヌ 」店長のブログ


先日お届けしましたお悔やみのプリザーブドフラワーは、

お花の種類や、デザインのご希望をお伺いし、

セミオーダーでお作りしました。


オリジナルのお花は、ピスタッシュ





ピスタッシュの雰囲気でバラを使わないアレンジメント。

バラの代わりに、デンファレとマムをお入れしています。


お悔やみ,プリザーブドフラワー







こちらは、お仏壇にお供えするお花束です。

お持ちのガラスの器をお使いになりたいとのことで、サイズを伺いお作りしました。

お花の雰囲気は、ピスタッシュと同じかんじで、ブリーズ のような洋花をご希望でした。


お悔やみ,プリザーブドフラワー







こちらは、一周忌のアレンジメント。

ピスタッシュ、オリジナルのアレンジメントです。


仏花,プリザーブドフラワー




お悔やみのお花をご注文いただく場合、

白グリーンが多いですが、


一般的には、亡くなって間もないころは白中心、白のみ(グリーンを入れる場合も)で、

年数が経つごとに、淡い色から徐々に色を加えていく場合が多いように思います。


バラなどトゲのある花はタブーとされていますが、

バラが好きな方にバラをお供えしたい場合、

ご家族が理解されていれば問題ないと思います。

 
花屋で働いていたころは、外国のお客様も多かったですが、

白に拘らず、故人の好きなお花や色を自由に贈る方が多いように思いました。


白グリーンのお花に合わせる色は、

淡いパープル、ブルーの他に、淡いピンク、イエローなどの暖色系も。

グリシーヌでは淡いピンクやラベンダーを合わせるお客様が多いです。



セミオーダーのご注文は、お問合せから、

お気軽にご連絡ください。


お問合せ





グリシーヌのショップはこちらから

フローリスト グリシーヌ


ウェディング小物とプリザーブドフラワーギフトのグリシーヌさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス