中国茶と二胡と。

テーマ:
上海で一度初級の中国茶道講座を受けたのだけど。
その時は必要を感じなくて、その後中級高級など受けず。
ひたすらA先生のサロンに通い、お茶を楽しむ日々…(笑)

だけど、青島に来てから、その自分のお茶知識や経験が
心許なく思い始めまして…
青島に行く前から、ブログで
「いいなー♡レッスン受けたいなー♡
いやむしろお友達になりたいなー♡|∀・))))サッ」
とストーカーばりに狙っていた(笑)貴泉堂さんのお茶講座が
国慶節明けからスタートしまして、参加できることに。゚+.ラプ(●′ω`人′ω`●)ラプ。゚+.


講座の内容は初級と中級を組み合わせたような。
それぞれの会で色んなお茶を楽しめて面白い。+゚ヾ(o゚∀゚o)ノ。+゚


最初の数回は緑茶。
ガラス杯で淹れるやり方と、茶壺で淹れるやり方と。


上海で受けた初級コースは1回でとにかく1つのお茶と淹れ方を
勉強していく、という感じだけど
(あとみんなで同時に淹れて同じお茶を飲み比べる)
こちらは、お点前を2人ずつやりつつ、各人違う茶葉を入れる。

その回で色々と飲み比べられて楽しいです(๑´ㅂ`๑)
いろんな茶葉を用意するのは大変だと思うので
貴泉堂さんには本当に感謝♡




とある回では、リクエストをいただいたので
ちょっとだけ、二胡を披露。
こちらで人前で弾くのは2回目、しかも久々なので
楽しかったけど緊張💦(笑)


インスタにも書きましたが、
その妙な気負いが音にモロ影響(*´-ω-)ぷ
音が硬かったなぁ。

新しい張さんの二胡は、ご本人もおっしゃってた通り
音が硬い💦そして大きい。
買って半年で、使い始めても2ヶ月ちょいしか経ってないので
しょうがないのかもしれないけど
(ご本人にも「半年経ってもまだ使いづらいかもよ。」と言われたけど(笑))
自分の実力ではまだまだ、こういう場で
二胡の本来の良さを無理にでも引き出してあげることもできない…
ごめんよ。
というか、自分の音の大きさにドキドキしてしまう(笑)

それはまるで、新婚さんでお互いの距離をはかりかねている心持ちのような。


そのあと駒を取り替えたら少し音が収まったので
とりあえずこのまま行きます(๑´ㅂ`๑)