北海道食べ歩き紀行⑮ 札幌市 ラ・ジェント・ステイ札幌大通 朝食ビュッフェ | 結婚相談所コンサルタントJの日々

結婚相談所コンサルタントJの日々

長野県を中心に結婚を応援する松本市、伊那市の結婚相談所フレーシュマリッジサポートで働く、コンサルタントJの活動日記です。
食に関する記事ばかりですが、時には結婚相談所らしい事も書いたりします。

トリップアドバイザーの朝食の美味しいホテルランキング2018。
ベスト10内に札幌市内のホテルがなんと3つもランクインしており、お蔭で私のホテル選考が実に悩ましいものになりました。
 
★トリップアドバイザー 朝食の美味しいホテルランキング2018
第1位 ホテルピエナ神戸 (兵庫県神戸市)
第2位 ホテル日航金沢 (石川県金沢市)
第3位 センチュリーロイヤルホテル (北海道札幌市)
第4位 アンワインド ホテル&バー (北海道札幌市)
第5位 金沢 彩の庭ホテル (石川県金沢市)
第6位 城山ホテル鹿児島 (鹿児島県鹿児島市)
第7位 ホテルオーシャン国際通り (沖縄県那覇市)
第8位 ベッセルイン札幌中島公園 (北海道札幌市)
第9位 ホテル日航高知 旭ロイヤル (高知県高知市)
第10位 ベッセルホテル石垣島 (沖縄県石垣市)
 

普通に考えればランキング上位のホテルでええやないのとなりますが、センチュリーロイヤルホテルとアンワイド ホテル&バーはまず脱落しました。

理由はたった一つのシンプルなもの。宿泊費が高い。これ。

北海道で食い倒れ過ぎてすでに我が家の財布はスカスカです。

 

そうなると値段も手ごろなベッセルインですが、やや繁華街や札幌駅から遠く、また大浴場がない。

で、朝食の売りが海鮮丼という点は、前日泊まったラビスタ函館ベイと被る。

 

うーーーーーーーーーん。

と悩みに悩んで悩み倒して、結局朝食ランキング関係ない、

 

 

image

 

 
▶ ラ・ジェント・ステイ 札幌大通り
https://www.lagent.jp/sapporo-odori/

 

La'gent の gent は紳士のジェント?

ならば私にぴったりの宿だなムホホとパイプを咥えたくなりましたが、

フランスの古語で「かわいい」の意味との説もあり、まぁ私は意外とかわいい一面もありますのでどちらでもOKです。

 

image

 

まだオープンから2年程で新しく、シックで落ち着く客室。

 

image

 

最近はどこのホテルもコーヒーに力を入れてて嬉しい限りです。

ただしコーヒーの味の良し悪しはあんまりわかりません。

 

image

 

無料のスマホが標準装備。イマイチ使い道がわかりませんが、海外からの旅行者には嬉しいのかも。

 

 

大浴場の入口に狸の足跡。ロビー等ちょいちょい狸の足跡を見かけますが、これはすぐ近くの狸小路から狸が遊びに来ちゃってるよと、そういったテイのユーモアです。

大浴場は時間で男湯と女湯が変わり、一方は明治の木造大浴場をイメージした和モダンな雰囲気、もう一方は狸の彫刻等が鎮座するユーモラスな感じになってます。

この旅では朝食と大浴場重視でホテルを選びました。

 

北海道最後の夜をこちらで快適に過ごし、長野へ戻る旅の最終日もしっかり朝ご飯を頂いて一日のスタート。

 

image

image

 

食堂前のエントランスにはキリンが待ち構えていたり、小ジャレたギャラリースペースがあったりバーがあったり、良いホテルでした。

 

image
 

サラダコーナーも充実していますが「野菜はあくまで健康の為に食べる」という考えの私は旅先ではサラダは最小限に止めます。

胃のスペースを少しでも開けておきたいので。

 

 

ただし北海道名物ラーメンサラダはサラダの皮を被った炭水化物なのでいただきます。

 

 

上富良野産ローストポーク、フライドポテト インカのめざめ

最終日は土産を物色して飛行機に乗るだけなので、この旅で初めて時間に余裕があり、朝食会場にのんびり来ましたらけっこうスカスカです。もちろん小まめに補充はされます。

 

image

 

朝食ビュッフェにニョッキとは洒落てます。

 

 

湯豆腐、焼き魚

 

 

鶏と根菜のうま辛煮、揚げ那須とブロッコリーの冷製あん、ザンギ、厚焼き玉子

ビジネスホテルの朝食ビュッフェでは見かけないオリジナリティのあるメニューが楽しい。

ザンギが残りわずかだ!と慌てて沢山取りましたら、直後に揚げたての物に交換されてた悲劇。

 

 

ソーセージ&ベーコン。

ソーセージに詳しい私には分かります。これはいいソーセージ使ってます。

 

image

 

右はスクランブルエッグと書いてありますが、左は果たして何だったのか。

スプーンに付いた物質から推測するに、ミートソースを絡めた何かか、あるいはラタトゥイユか。。

 

 

カレーは当然、右は若鶏の赤ワイン煮込み。

そういうのもあるのかぁと唸ります。

 

 
「服部醸造」和風膳 味噌汁、右はお粥。
お粥なんてめったに食べませんが、ご飯を3杯食べた後でも最後にお粥を食べると今日の朝食は健康的だったからセーフだなと思える不思議。

 

image

 

北海道のコーンとミルクを使ったコーンスープも捨てがたい。

 

 

パンもハイクオリティ。

 

image

 

ドリンクバーもちゃんとオシャレっぽく。

 

image

 

牛乳とカツゲンは北海道のホテルなら大体完備してると分かりました。

 

 

この日は北海道で2食しか食べないので、後を気にする必要もなく全力開放朝食です。

 

 

ローストポーク&ザンギ&ソーセージカレー。

昨日までは予想外のご飯3杯でしたが、

この日は予定通りご飯3杯をいただきました。

 

飛行機に乗る前に新千歳空港の函太郎で最後の回転寿司を食べる予定でしたが、

この日結局空港のレストラン街は営業再開せず、佐藤水産で購入した、

 

 

このジャンボおむすびが北海島最後の食事となりました。

佐藤水産もジャンボおむすびも、めっちゃオススメです。

 

しみじみと、北海道で過ごした日々は幸せだったなと思い出が走馬灯のように巡りました。

体重は5kgくらい増えてましたが、長野に戻って普段の質素な生活に戻ったら旅行前の1kg増くらいで無事落ち着きました。

 

最後に、スイーツ編に続きます。