ももたまのTiger Mother

お母さんな日々。娘(5歳)との遊びとごはんと旅行と勉強のこと。時々お仕事(カメラマン)のこと。

5歳の娘とパパと犬とのワーママゆる育児日記です。
遊び、教育、旅行の備忘録として。

テーマ:

自立と自律について考えたので備忘録グラサンハート

 

我が家の子はだいぶ「自立している」ほうだとは思うけれど、一方では甘えている部分も多いかな、、と。よって「自律」はあまり出来ていないのよね。

 

先日彼女はパパとふたりでアメリカへ一週間行っていました。

春先にもベトナム旅行も私なし(お友達がいたから寂しがることはないと思ってたけどサ)、さらに去年私単身パリに一週間行っていましたが、特に寂しがる素振りも見せず(笑)

 

寂しがるどころかパパがFaceTimeで「ママだよ〜」スマホと言っても「あ〜今遊んでるから無理!切って〜」とかね。。。帰国してから「少しは寂しかった?」と訊ねたところ、「一度ママの夢見て〜その時はちょっと会いたくなっちゃった♪」だそうですゲッソリ

 

これは幼い頃から世界中連れ回しているから?

それとも生後一カ月から別室で就寝しているから?

「ベビーシッターさん」に慣れているからなのか…

 

個人的には物理的に離れていることで揺らぐような信頼関係ではない

からだと思っているのですがどうでしょう真顔キリッ

離れても「絶対帰ってくる」ことがわかっているようではあります。

 

 

しかし一方で「自律」は全然ダメで。

毎日やってるパパとのお勉強も隙あらばサボろうとするし、習い事のダンスとバレエも何かにつけては「今日は行きたくない♡←ぶりっこ」でサボろうとするし、、、、滝汗

理由は「めんどくさい」「怒られるのがやだ」、、、、、ムキー

 

とかね。

これはね、どーすればいいんですかね。。どれもこれも強要しているものではないので、やめたかったらやめたら?という感じではありますが、発表会とかあるので出るならそれは練習頑張らないといけないと思うのですが。。。

 

発表会は出るつもりらしいのですが、こういうあたりのやる気の引き出し方ってどうしたらいいのでしょうドクロご褒美で釣るのがすごーく簡単なんですが、あまりやりたいないしねー


{8A03D3DF-4B4C-4315-B708-B9A3F8C45270}

 

って、備忘録のつもりがひとりお悩み相談(笑)

模索してまいります。


※絵はいつのまにか私のスマホで撮影されてたもの。いつのまに…

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「娘のこと色々」 の記事

テーマ:

前回からの続き…です。

 

もうほぼ自分のための備忘録ですが、アルバート氏のprofotoの記事で心に残った箇所真顔

 

「フォトグラファーに最も求められる才能は、人あたりの良さである」というのが彼の信条です。 並外れた人あたりの良さを手に入れれば、望みどおりの写真を撮ることができます。

全貌はこちらから

 

これね…本当に…そう思う。

そしてそう思いながら写真を撮ってきたので、肯定されたようで嬉しかったの(単純w)

技術が一番!て考えの人も多いし(特に男性に多し)、セッティングやスキルが大事なのは間違いないけれど被写体とどれだけラポールを築けるかで写真の出来が変わるのも真実。

結構横柄な態度の方って多いけど。あれはなぜなのだろう。。。。滝汗

 

ただ人あたりのよさだけに寄りかかったフォトグラファーも困るので(特に女性に多し)、スキルも常に磨いていきませんとね。一生勉強。

 

ライティングについても心に残った言葉が。

「正確さにこだわることも重要ですが、同時にシンプルさも大切です」

 

太陽は ひとつでしょ?

っていう。

精進します!

 

image

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近話題の

異端のバレエダンサーセルゲイ・ポルーニン

photo by Neil Hall

 

『Take Me To Church』(邦題:ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣)が公開されて一躍時の人となったセルゲイさんですが、このMVを観て納得。美しいだけでないこの凄み。優れた芸術は一般人にもとってもわかりやすいです。

 

そんなセルゲイと、スティーブジョブズの顎に手を当てている「あの」有名なポートレートを撮影したAlbert Watsonが最近コラボ作品を作っていました。

 

それがこちら。

{B74AF682-5F41-408E-8D26-389AACB36CE3}

 

久しぶりに古典ではなく現代の作品に感動キラキラ

 

※Profotoというのはプロ仕様のカメラストロボの会社で、とっても有名なスウェーデンのブランドですカメラ

 

 

 

茂木先生の格言で私が好きなものがありまして、

 

すぐれた芸術作品は、人の心を傷つける。

「あっ、やられちまった」。

その感動が、生きることの意味を確認させる。

傷が癒えるプロセスにおいて、

私たちは最も創造的になるのである。

 

この言葉を即座に思い出しました。

写真でも絵でも洋服でも、本当に本当に素晴らしい物と出会ってしまうと「わぁ!すてき」と思う以前にズーンと心が落ちて、動悸がして、いわゆる「ショック」な感じになりませんか?笑

そこを自分の中で乗り越えてから口にだして「わぁ!すてき」が言えるようになる笑い泣きこれは…単に私が嫉妬深く、心が狭いためだと思っていたのですが、

うん、そうでもないみたい(笑)

 

ということで結構いつも傷ついています滝汗

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。