本日の映画:復讐に燃える修道女「マシンガンシスター」のご紹介 | マニアックホラー映画大好き人間

マニアックホラー映画大好き人間

ここではホラー映画を中心に、
王道映画から、マイナー、マニアック映画、
あらゆるジャンルの映画をご紹介!
たまに映画以外もテーマにして書きます。


テーマ:
映画:「マシンガンシスター」のご紹介










さて、今日の作品は復讐映画!

「マシンガンシスター」です!
 ↓ ↓






【ストーリー】

凶悪なギャングが支配する街。

さらにそこは、麻薬や売春と腐敗した神父がはびこるどうしようもない場所だった。

それに反抗心を示した修道女サラはギャングの集団に殺されかけるが、どうにかその街を脱出することができた。そして1年後‥。






【筆者コメント】

どうしようもない作品でした。

というのも、映画の80%は女性の裸のシーンばかりで、一体この監督はこの映画で何を表現したかったのか?全く謎のままの映画です。




たくさん登場する女性の裸シーン、レイプシーン、レズシーン、ストリップ劇場のシーン、と少々の流血シーン。

中途半端なポルノ映画を見せられているような感じです。



ここまでくると、もうバカバカしくて笑えてきます!

復讐のガンアクションがあるのかと思ったら、アクションシーンはほんの少ししかなく、復讐が終わったあとも、腑に落ちないシーンが出てきて消化不良な感があります。



予算の都合上、アクションシーンをあまり入れることができなくて、しょうがないから女性の裸シーンを入れて、ごまかしておけ!というようなノリが伝わってきます。



おすすめはしません。もっとアクションシーンがしっかりしているのかと思ったらそうでもないので、観る価値はあまりないと思います。



一番笑えてきたのは、ギャングのボスのチンポに銃を発射して、チンポが取れてしまうシーンです。

チンポが取れて、取れたちんぽを持ちながら、悔しがっているのが非常に笑えます。このシーン↓↓↓

チンポにモザイクがかかっていて、どんなチンポかが分からないのがさらに残念。



さらに修道女とエロを融合させることで、修道女の扱いがひどく倫理上かなり問題があると言えます。



非常に残念極まりない映画です。エロ目的でも観れる作品ではないのでおすすめしません。

トレイラーだけ見ればそれでオッケーな映画です。

●復讐する修道女



●ギャングのボス



●その他色々なシーン















【 マシンガンシスター 】
☆☆☆★★:ストーリー 
☆☆☆☆:映像・CG 
☆☆☆★★:熱中度
☆☆☆☆:グロテスク
★★★★:エロ度
☆☆★★★:構成
☆☆★★★:意味理解 
☆☆☆☆:感動
☆☆☆☆☆:怖い
☆☆☆☆:おすすめ度

1日1回お願いしますm(_ _)m

オカルト・ホラーランキング

▼トレイラー▼


ネルモーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス