種子法廃止法案で日本の食は終わる | マニアックホラー映画大好き人間

マニアックホラー映画大好き人間

ここではホラー映画を中心に、
王道映画から、マイナー、マニアック映画、
あらゆるジャンルの映画をご紹介!
たまに映画以外もテーマにして書きます。


テーマ:
種子法廃止法案で日本の食は終わる



今日は、日本の売国法案についての解説。

ここまで来るとあきれて何も言えなくなります。というか日本民族がなくなる日が着実に近づいています。



【郵政民営化で郵貯の資産が無い】

郵政民営化で、ゆうちょ銀行の資産が目減りしていて、実質、300兆円あった貯金額もすでに、外資企業によって使われてしまい、実質、数十兆円しか残っていない状態だそうです。

これが意味することは何か?

ゆうちょ銀行の預金を全国民がおろして使うことができない状態となってしまっているということです。

お金がおろせず、取り付け騒ぎになる日も近いかもしれません。

郵政民営化は、株式を外資企業や資本家に売りとばすことで、郵政事業の資産を自由自在に使えるようにした極めて危険な政策でした。

郵貯預金がなくなっている現状にようやく気が付いても、時すでに遅し‥。



【水道民営化法案で水が使用不可】

以前にもお話しましたが、水道民営化によって、株式を外資企業や資本家に売りとばすことで、水道事業をのかじ取りは、日本ではできなくなることを意味します。

つまり、水道料金の値上げや、フッ素などの毒素を水道に混ぜる、といったことで、国民の生活水準が落ち、脳内の機能が低下したり、といったことが起こります。

月の収入の25%が水道料金に消える‥という日もそう遠くないです。

日本国民を殺すために法案で、外資や投資家を儲けさせるための売国政策です。

これも、可決されたので、もう後戻りはできません。



【種子法廃止法案で癌患者が増加】

今日は種子法廃止法案について深堀解説。

種子法は、日本で育成した農作物の種で、次回の育成も行うことができる法案です。

種を自然のものが使えるというものですが、この法案が廃止になると、日本の種が使えなくなるということになります。

どういうことか?

つまり、『外資企業などの遺伝子組み換え作物の種でなければ、育成に使用してはならない』ということになってしまいます。

遺伝子組み換え作物を摂取すると、癌化、奇形の子供、といった現象が発生することで有名です。子供をこれから持とうとしている家族にはかなりのリスクとなります。

外国企業を儲けさせるために、日本の純粋な農家の育成方法ができなくなるというものです。

遺伝子組み換え作物しか食べることができなくなるようと、日本人の健康が損なわれ、早死にすることになります。つまり、人工削減政策とも言えます。



【日本はもう終わりかもしれません】

絶望的な話で大変申し訳ないですが、日本の大事な資産や水、食文化は、全て海外に売り飛ばされてしまいました。

そんな売国行為を行ってきたのが、言うまでもなく、安倍政権です。(郵政民営化は小泉政権)。つまり自民党清和会の連中です。

自民党清和会とは、米国追従路線を政策に掲げる自民党議員の派閥で、日本の売国集団です。

こんな政権を野放しにしていいわけがありません。が、時すでに遅し‥。もうどうするこもできませんが、この記事をご覧になって危機感を感じた方は、このブログを拡散してください。

これは、陰謀論などという単純な話ではなく、現実です。

そして、次なる売国政策がもう決められています。まずは、TPP妥結と米国とのFTA締結、さらに、農協JAを売り飛ばす政策です。



【すべては世界の裏社会金融財閥の目論み通り】

このように日本を弱体化するための政策をどんどん行わせているのは、世界の裏社会に存在する金融財閥です。ロスチャイルドなど。

日本がこんなにひどい目に合わされている理由は、戦前の歴史にさかのぼります。

金融財閥による日本人の民族浄化が徐々に行われているということです。

こんな状況を許しておいていいのでしょうか?

一刻も早く、周囲の人に、この事態を拡散してください。私は、そのような思いで、このブログを何年も続けてきました。日本人を将来まで残していきたいからです。

みなさんの協力が必要です。是非拡散してください!


1日1回お願いしますm(_ _)m

オカルト・ホラーランキング

ネルモーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス