人工災害について(その3) | マニアックホラー映画大好き人間

マニアックホラー映画大好き人間

ここではホラー映画を中心に、
王道映画から、マイナー、マニアック映画、
あらゆるジャンルの映画をご紹介!
たまに映画以外もテーマにして書きます。


テーマ:
人工災害について(その3)




(その1)についてはこちら

(その2)についてはこちら


【北海道地震と大阪地震は人工地震】

人工地震というと、そんなものは無いと思う方が、世の中のほとんどだと思いますが、調べていくと、確実に存在するものであることが分かりました。

特に、1990代以降に日本で起きている地震のほとんどは、人工地震であると言われています。

阪神淡路大震災や東日本大震災も人工地震と言われています。


というのも、通常の地震では、断層がズレることで、そのズレの揺れ(P派)が発生します。そのズレから大きな揺れとなるのが、自然に起こる地震です。

しかし、近年、日本で起きている地震の波形を分析すると、P派が存在しないものばかりです。

地震のメカニズムを解説した図が以下。
 ↓ ↓


今回、北海道で起きた地震の波形はP派が存在しません。
 ↓ ↓


以下は、大阪で起きた地震の波形。
 ↓ ↓


たまたま偶然にこのような波形になったのではないか?と思われる方は、以下の条約があることをご存知でしょうか?



【環境改変兵器禁止条約】

以下の分はWikiより
------------------------------
1977年5月18日、軍縮NGOの「環境制御会議(Environmental Modification Convention)」において、気象兵器を制限する環境改変兵器禁止条約(環境改変技術の軍事的使用その他の敵対的使用の禁止に関する条約。略称はENMOD)がジュネーヴにおいて採択された。
------------------------------

もうすでに1977年の時点で、上記のような条約があるという事実を知ってください。この時点で、すでに気象兵器、人工地震、などは開発済みで存在していたことがわかります。

1977年の時点である技術が、今現在使われてもぜんぜんおかしくありません。

人工地震だけではなく、近年、日本に局地的に発生している集中豪雨うなども、気象改変兵器によって起こされていると言われています。

このような兵器はなぜ開発されたのか?その理由は、戦争で利用するため、というのがありますが、近年、さかんに起きているのは、経済的な損失を与えることが目的であるためです。

経済テロという側面が強くなっています。

では、なぜ経済的な損失を与えることをわざわざするのでしょうか?その理由については次回!


1日1回お願いしますm(_ _)m

オカルト・ホラーランキング

ネルモーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス