【宮古島でバードウォッチング】サンコウチョウを追う | 編集者 福田清峰の I Love You

編集者 福田清峰の I Love You

「5年愛される本づくり、そして10年愛される本づくりへ」をモットーに書籍を編んでいます。
ゴルフとバードウォッチングにハイキング、山登り好きです。
そして写真、ライブに演劇、バレエ、映画鑑賞と美術館めぐりが大好きな編集者&カメラマンです。


テーマ:

2018年7月。

バードウォッチングのために滞在していた宮古島で、夕方、森を散策していると、たくさんの「ツキヒホシ、ホイホイホイ」「月日星、ホイホイホイ」と、「サンコウチョウ」のきれいな鳴き声が聞こえます。

 

伊良部島のコウノトリについては「【伊良部島でバードウォッチング】特別天然記念物のコウノトリを追う」をご覧ください。

 

宮古島のアカショウビンについては「【宮古島でバードウォッチング】憧れのリュウキュウアカショウビンを追う」をご覧ください。

 

宮古島のバードウォッチングについては「【宮古島でバードウォッチング】カラスバト・キンバト・ミフウズラ・ズグロヨシゴイを追う」をご覧ください。

 

宮古島のサンコウチョウについては「【宮古島でバードウォッチング】サンコウチョウを追う」をご覧ください。

池間島・伊良部島のバードウォッチングについては「【池間島・伊良部島でバードウォッチング】ムラサキサギとリュウキュウアカショウビンを追う」をご覧ください。

 

姿を見つけるべく森の中をさまよっていると、いましたいました、メスです。

 

 

ずっとこの辺りで鳴いていたので、巣がないかなと探してみたのですが、巣は見つかりませんでした。

 

 

陽が落ちてきた森を出ようとしたところ、サンコウチョウの成鳥が鳴きながら、ゆるりゆるりと前へ前へと飛んでいきました。

ずいぶんゆっくりなので、写真を撮ろうと思ったら、そのあとを幼鳥が追いかけていました。

 

 

親鳥がゆるりと飛んでいる理由は幼鳥を考えてのことでした。
そういえば、前にもそんな風景を目撃したことがありました。

飯能でバードウォッチング:ただいまサンコウチョウが2番子に挑戦。巣作り真っ最中!

 

 

サンコウチョウの動画はこちら。

 

 

別の場所で、またまたメスがやってきました。

 

 

そのあとをオスが追いかけてきました。

 

 

少し尾羽が痛んでいるので、1番子を終えたところでしょうか。

 

 

メスもさまざまです。
こちらはきれいな個体です。

 

 

こちらのメスは、少し疲れたように、頭や羽が痛んでいます。

 

 

こちらはきれいなオスです。

 

 

こちらのオスは鶏冠(トサカ)を立てて、大きく口を開けています。

その方向に別のオスでもいるのでしょうか?

何か敵でもいるのでしょうか?

 

 

尾羽が少々傷んでいます。

 

 

このオスは、時折、鶏冠(トサカ)を立てていました。

 

 

鶏冠(トサカ)を倒してとぼけてみたり。

 

 

大きく鶏冠(トサカ)を立ててみたりしていました。

 

 

こちらは別のオスが鶏冠(トサカ)を立てているところの横姿です。

 

 

正面からだとこんな感じです。

 

 

こんな素敵な小さな鳥が子育てできる環境が残り続けることを切に願います。

 

   AD

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オリンパス OM-D E-M1 MarkII ボディ
価格:189495円(税込、送料無料) (2018/8/3時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

OLYMPUS オリンパス マイクロフォーサーズ用超望遠単焦点レンズ M.ZUI...
価格:262182円(税込、送料無料) (2018/8/3時点)

 

 

  


 

編集者 福田清峰さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス