【宮古島でバードウォッチング】カラスバト・キンバト・ミフウズラ・ズグロヨシゴイを追う | 編集者 福田清峰の I Love You

編集者 福田清峰の I Love You

「5年愛される本づくり、そして10年愛される本づくりへ」をモットーに書籍を編んでいます。
ゴルフとバードウォッチングにハイキング、山登り好きです。
そして写真、ライブに演劇、バレエ、映画鑑賞と美術館めぐりが大好きな編集者&カメラマンです。


テーマ:

2018年7月。

バードウォッチングのために滞在していた宮古島で、夕方、森を散策してみようと思ったのですが、どこをどう歩いていいかわからないでいると、「夜間ハイクコース」という看板があったので、なんとなく少しだけ森に入ってみることにしました。
実は「夜間ハイクコース」、割と四方八方に張り巡らされていて、わかっていないと道に迷うこと必須です。

暗くなる前に出てこないと緊張が漂います。

 

伊良部島のコウノトリについては「【伊良部島でバードウォッチング】特別天然記念物のコウノトリを追う」をご覧ください。

 

宮古島のアカショウビンについては「【宮古島でバードウォッチング】憧れのリュウキュウアカショウビンを追う」をご覧ください。

 

宮古島のバードウォッチングについては「【宮古島でバードウォッチング】カラスバト・キンバト・ミフウズラ・ズグロヨシゴイを追う」をご覧ください。

 

宮古島のサンコウチョウについては「【宮古島でバードウォッチング】サンコウチョウを追う」をご覧ください。

池間島・伊良部島のバードウォッチングについては「【池間島・伊良部島でバードウォッチング】ムラサキサギとリュウキュウアカショウビンを追う」をご覧ください。

 

なんと森に入ろうとして最初に出迎えてくれたのは、天然記念物「ヤエヤマセマルハコガメ」でした。

実はヤエヤマセマルハコガメ、国内由来の外来種で、八重山列島から持ち込まれたようです。

 

 

こちらは別の場所で出会った八重山イシガメ。

 

 

17:00をすぎてもまだ明るいですが、日が傾いた森は、想像以上に深く、想像以上に多くの鳥たちが我先にと大きな声で啼きまくり(さえずりというよりも啼くといったかんじです)ジャングルにいるような印象を受けます。

猛獣や獣がいるわけはないので、どんな鳴き声がしても安心ですが、ちょっと怖いくらいです。

その不気味な鳴き声の代表格といえば、インドクジャクとこの「カラスバト」です。

 

 

ウッウー、ウッウー、モーウ、モーウと、まるで大きな牛の様な鳴き方をします。

グルグルー、グルグルーと間を置いて2声ずつ鳴くこともあるようで、森の中に響き渡るさまは、本当にジャングルを彷彿させてくれます。

 

 

大きな体、その存在感は、不思議な魅力に包まれています。

 

 

高い松の梢に、一瞬だけ、姿を見せてくれて、飛び去っていきました。

 

 

翌日、ガイドのおかさんに案内してもらいながら、サトウキビ畑を回りました。

いましたいました「ミフウズラ」です。

 

 

 

本当に小さくて小さくてかわいいウズラです。
この鳥を求めて宮古島にやってくるバーダーが多いのもわかります。

 

 

驚くほど警戒心が強く、ドンドンドンドン見えなくなってしまいます。

 

 

ちょっとした凹みに入っただけで姿が見えなくなってしまうので、見失わないように追いかけるのが大変です。

 

 

宮古島の森で朝夕、比較的出会いやすいのがこちらの天然記念物の「キンバト」です。

 

 

キンバトを初めて目撃したのは、宮古島の外れで道を横断する飛んでいる姿でした。

その美しい羽の色に思わず車を停めて追いかけてしまったほどです。

 


 

地面を見ていると、ひょっこり出てきたりします。

 

 

こちらは「ズグロヨシゴイ」です。

ずいぶん、ゆっくり前方を歩いてくれました。

 

 

ズグロヨシゴイは横から見たときの冠羽(かんう)が素晴らしい。

 

 

そして「オオクイナ」です。

オオクイナは絶滅危機(絶滅危惧IB類)に指定されています。

 

 

 

 

 

そして「シロハラクイナ」の親子に出会いました。

宮古島を代表するくらいメジャーな鳥でもありますが、見つけるとなんだかうれしくなります。

 

 

こちらは「リュウキュウキビタキ」です。

水浴びをする前はこんなにきれいなのに。

 

 

水浴びをはじめました。

 

 

水浴び直後はこんなかんじでびしょ濡れです。

 

 

そして「リュウキュウツバメ」です。

青い空に映えます。

 

 

メジロもたくさんいました。

 

 

 

 

   AD

  


 

編集者 福田清峰さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス