《八ヶ岳自然教室 2017・第9回》 Presented by 戸沢財団 at 八美里ファーム | 編集者 福田清峰の I Love You

編集者 福田清峰の I Love You

「5年愛される本づくり、そして10年愛される本づくりへ」をモットーに書籍を編んでいます。
ゴルフとバードウォッチングにハイキング、山登り好きです。
そして写真、ライブに演劇、バレエ、映画鑑賞と美術館めぐりが大好きな編集者&カメラマンです。


テーマ:
 第9回八ヶ岳自然教室
 日程:2017年9月23~24日
 行事:
自然の生き物に触れてみよう
      (サワガニ、ヘビ、カエル、昆虫)
    秋の味覚・栗拾い
    焚き火&ニジマスのホイル焼き+栗ご飯
    移動プラネタリウム
      「今夜見える八ヶ岳の星空鑑賞」
    露天風呂&温泉
    北八ヶ岳(北横岳)ハイキング
    山頂で「ホットドッグ」づくり
 参考コースタイム(小学生を含む):(詳細下部参照)
 参加:養護施設「あいむ」
    (子どもたち6名、指導員3名)
 主催:戸沢財団
 協力:
星つむぎの村、佐藤瑞枝
 場所:八美里ファーム(はちみりふぁーむ)
 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 八ヶ岳自然教室ってこんなところ 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ 
 

《八ヶ岳自然教室 2017年総まとめ》 Presented by 戸沢財団 at 八美里ファーム

 

第9回八ヶ岳自然教室は、お天気に恵まれた2日間となりましたが、なぜか、夜だけ曇り。
残念ながら八ヶ岳のリアルプラネタリウム鑑賞はお預けとなってしまいました。

 

毎度お世話になります。

子どもたちとの待ち合わせは大好きな「Copain」です。

 

 

ピザの好きな子、パスタの好きな子、いずれにしても「Copain」のメニューは子どもたちに大人気。

 

 

食事をしているとき、「八ヶ岳で秋に見える星を調べてきたよ」と、「秋の星座」を教えてくれました。

今回は見れなかったから、来年必ず見ようね。

 

 

美味しいランチが終わっったら、八ヶ岳自然教室のスタートです。

秘密の森で、栗拾いです。

 

 

みんな上手にイガから栗を取りだします。


 

カナブンの幼虫もいました。

ここへ来ると、「絶対に虫なんて触れない!」という子が、平気で幼虫を捕まえて、見せに来てくれます。

 

 

ほら、サワガニも捕まえられちゃったよ。

 

 

「生き物苦手〜」なんて子どもたちも、川に入ったら、生き物探しに夢中です。

 

 

こんなにたくさんサワガニを捕まえました。

そして捕まえた生き物をリリースするという経験も積みます。

子どもたちは捕まえた生き物は何でも家に持って帰りたがりますが、家で飼えないものは逃がしてあげるということを学習します。

 

 

「見て、見てー」と大の虫嫌いの女の子の手のひらの中ににいたのはエンマコオロギでした。

みんな食わず嫌いとはいわないけれど、こうやって虫に触れると、虫が苦手ではなくなります。

ほかにも、カエルやカマキリを捕まえて遊びました。

 

 

日が傾くまで里山散策をしました。

来た時よりも、ずっとずっとみんなのびのびしています。

 

 

森の出口でなんと小さなヘビに出会いました。

ヒバカリです。
噛まれたらその日ばかりの命といわれ、ヒバカリという名前がつきましたが、毒のないおとなしいヘビです。

子どもたちも触って、「冷たい!」「思ったより乾いてる!」と初めてのヘビに一喜一憂していました。

 

 

八美里ファームに着いたら、荷物の整理をしたら、星つむぎの村の高橋真理子さんの「移動プラネタリウム:今夜見える八ヶ岳の星空鑑賞」のはじまりです。

 

その間男性スタッフは薪割りです。

 

女性スタッフは夕飯の仕込みです。

たくさん拾ってきた栗は「栗の皮むき機」を使って、上手に皮を剥いていきます。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SUWADA 栗の皮むき栗くり坊主2 価格:1944円(税込、送料別) (2017/10/3時点)

 

「移動プラネタリウム:今夜見える八ヶ岳の星空鑑賞」が終わったら、子どもたちも指導員もみんな、夕飯の支度のお手伝いです。

今日は「ニジマスのホイル焼き」のお手伝い。

 

 

その間、外では、BBQの準備をしながらトウモロコシのホイル焼き。

今年はトウモロコシの当たり年!
うまいうまい。

 

 

ニジマスのホイル焼きもできたし、栗ご飯も美味しく炊けました。

みんなそろって「いただきまーす」。

 

 

左上が自分たちで収穫した栗を入れ「栗ご飯」。

右上がわかめと油揚げと大根の「さとうさんちのお味噌汁」。

そして下にあるのが、野菜もニジマスも北杜市大泉町の地産地消にこだわった「ニジマスのホイル焼き」。

 

 

夕飯後は、楽しみにしていた「八ヶ岳のリアルプラネタリウム」の時間だったのですが、あいにく、雲が出てきてしまい、中止となってしまいました。

そこで、曇天の下、星の話を星つむぎの村の高橋さんと跡部さんに聞きました。

その後は、みんなで、近くの「甲斐大泉温泉 パノラマの湯」へ。

 

 

八美里ファームへ戻ってきたら、子どもたちは寝る準備だよー。

歯磨きしっかりしてね。

 

 

みんな興奮冷めやらないだろうけど、ちゃんと寝るんだよ。

まぁ、さんざん遊んだから、布団に入ったらコテっと寝ちゃうんだけどね。

 

 

さて、スタッフは、明日の準備だよ。

高校3年生の女の子もお手伝いしてくれました。

 

 

「おはよー」

顔洗って、お着替えしてね。

 

 

朝ごはんは「青空レストラン」。

その前に、みんなでテラスのお掃除です。

 

 

「青空レストラン」開店の時間だよー。

 

 

今回もメニューはサラダとゆで卵に、パイの家M−1のアップルパイ。

それと、今回は北杜市大泉町産のぶどうがつきました。

 

 

朝のりんごジュースに、八美里ファームの梢が写ってきれいです。

 

 

朝食が終わったら、みんなで掃除タイム!
来た時よりきれいにして帰ろう!
それは、八美里ファームも山も川も同じだよー。

 

 

みんな一生懸命掃除してくれたから、八美里ファームも喜んでいるよ。

 

 

山登りの準備ができたら出発!

 

 

来年も笑い声で、八美里ファームを包んでおくれ。


 

アンジュ、八美里ファームを今回も無事出発できるよ、ありがとう。

八美里ファームの母屋、Etoile de Midiはこの日も凛と佇んでいました。

 

 

北横岳ロープウェイ山麓駅の駐車場で。
好天に恵まれました。

 

 

北横岳ロープウェイ山麓駅。
スイス風のつくりがアルピニストとしてのアルピニズムがくすぐられます。

さあ、ロープウェイに乗るよ。
ロープウェイに乗るのが初めての子どもたちもいて、ワクワクします。

 

 

ロープウェイはこの季節10分に1本出ています。

 

 

北横岳ロープウェイ山頂駅、到着!

 

 

山頂駅を降りると坪庭です。

 

 

横岳神社で登山の安全をお祈りして、いざ出発!

 

 

ちなみに、坪庭のマップはロープウェイの券売所臭いてあります。

 

 

坪庭のスタートはこんな感じ。

 

 

坪庭と北横岳の分岐をすぎると、一気に登山道らしくなります。

 

 

北横岳ヒュッテでひと休み。
さあ、あとちょっとがんばろう!

 

 

北横岳南峰山頂。
2,472m登頂!

 

 

蓼科山がよく見えます。

 

 

北横岳北峰山頂。

2.480m登頂!

みんながんばったね。

 

 

お腹がペコペコ。
お昼にしよう。

 

 

本日のお昼は、ホットドッグだよ。

炒めたキャベツと細めのフランクフルト、ピクルスを塩パンに挟んで、あらびきマスタードとケチャップをたっぷりつけたらできあがり。
めちゃくちゃうまい!

 

 

バターロールに挟んだバージョン。

こちらもうまい!

 

 

みんなよく食べたね。

あっという間になくなりました。

お腹いっぱいになったかな?

 

 

北横岳南峰から縞枯山越しに南八ヶ岳(硫黄岳、赤岳、阿弥陀岳)を望む。

 

 

北横岳ヒュッテから少し回り道をすると七ツ池があります。
静寂に包まれた美しい北八ヶ岳らしい風景に出会えます。

 

 

帰りのロープウェイからの景色もきれいだったね。

 

 

山麓駅に降りてきたら、今日がんばったごほうびの「コケモモ」のソフトクリームを食べよう。

 

 

元気をチャージできたかな?
気をつけて帰るんだよ。

 

 

 北横岳ハイキングコース参考コースタイム
 《小学生含む》
北八ヶ岳ロープウェイ山麓駅(10:50)
→山頂駅(11:05出)→坪庭・北横岳分岐(11:15)→北横岳・三ツ岳分岐(11:50)→北横岳ヒュッテ(11:55ー12:05)→北横岳南峰(12;15)→北横岳北峰(12:20ー13:15)→北横岳南峰(13:20)→北横岳ヒュッテ(13:35)→七ツ池(13:45)→北横岳ヒュッテ(14:00)→北横岳・三ツ岳分岐(14:05)→坪庭・北横岳分岐(14:40)→北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅(15:00)→山麓駅(15:15)
《Total》4時間25分(無理のない範囲のコースタイム)

 

2日間、八ヶ岳自然教室楽しんでくれたかな?

たくさんたくさん思い出を持ち帰れたかな?

また、元気な笑顔で会おうね。

約束だよ。

 

八美里ファームへ登る道がガタガタになってしまったので、4WDの車が欲しいです。
理想は「スバル XV 2.0i-S EyeSight」か「スズキ ジムニーシエラ ランドベンチャー」が欲しい!

 

  AD

編集者 福田清峰さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス