葛西臨海公園でバードウォッチング:ヒメクイナ・クイナ・ヨシゴイを追う。 | 編集者 福田清峰の I Love You

編集者 福田清峰の I Love You

「5年愛される本づくり、そして10年愛される本づくりへ」をモットーに書籍を編んでいます。
ゴルフとバードウォッチングにハイキング、山登り好きです。
そして写真、ライブに演劇、バレエ、映画鑑賞と美術館めぐりが大好きな編集者&カメラマンです。


テーマ:

ポチっとよろしくお願いします。
ポチっとよろしくお願いします。

今シーズンの幕開けです。
毎年恒例の
猛禽ウォッチングではじまるはずでしたが、今年は葛西臨海公園がクイナ祭りということで、2015年11月8日、葛西臨海公園クイナウォッチングに行ってきました。
現在のところ、ヒクイナヒメクイナクイナオオバンバンの5種類のクイナ類が見られます。

ものすごい人だかり、しかも土手の最先端に人垣ができていました。
こんなに人が前に出たらクイナは出てこないんじゃないかな? と思ってしまうくらいでした。

そんな心配もなんのその。
1時間から1時間半に1回くらい、右へ左へ行き来してくれました。

まずは「ヒメクイナ」です。



小柄でとてもかわいいです。




何か食べ物をくわえた気がしました。



ヒクイナの見分け方は、背中の斑点が目印です。





そして「クイナ」です。
ヒメクイナに比べるとひとまわり大きく、そして艶やかです。



全身の模様もきれいですし、何と言ってもクチバシの紅が素敵です。



この日はヒクイナを目撃することはできませんでしたが、ヨシゴイが飛んでくれました。



ヨシゴイも実はきれいな鳥ですが、擬態している姿を見ることはできませんでした。





クイナも飛んでくれました。



 

 

 



この日、猛禽類はほとんど見ることができませんでした。


昨年はこんな感じだったので、「葛西臨海公園でバードウォッチング:猛禽類(ノスリ、クイナ)を追う。ノスリがネズミを捕まえた!」今年はよく出てくれているような気がします。

この季節、お隣の谷津干潟自然観察センターでもクイナが見れます「谷津干潟自然観察センターでバードウォッチング:クイナとヤマシギを追う」。

最新情報は、葛西臨海公園・鳥類園のスタッフによる(非)公式ブログ「葛西臨海公園・鳥類園Ⅱ」「谷津干潟自然観察センター フィールドノート」でご確認ください。
 

編集者 福田清峰さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス