【軽井沢浅間ゴルフコース】南軽井沢の最奥にある素敵な高原リゾートコース2サムスループレーが楽しい | 編集者 福田清峰の I Love You

編集者 福田清峰の I Love You

「5年愛される本づくり、そして10年愛される本づくりへ」をモットーに書籍を編んでいます。
ゴルフとバードウォッチングにハイキング、山登り好きです。
そして写真、ライブに演劇、バレエ、映画鑑賞と美術館めぐりが大好きな編集者&カメラマンです。


テーマ:

ポチっとよろしくお願いします。
ポチっとよろしくお願いします。


軽井沢浅間ゴルフコース
郵便:389-0113
住所:長野県北佐久郡軽井沢町発地南軽井沢
電車:JR長野新幹線・軽井沢駅下車。南口からタクシーで約11分。約2,700円。
道路:碓氷・軽井沢I.Cを降りて1つ目の信号を左折。最初のT字路を右折。2つ目のT字路を左折(閑散期の平日は右折して軽井沢浅間プリンスホテルにて受付)してまもなくの右側がゴルフ場受付です。
電話:0267-48-0001


この季節の軽井沢、最高です。
曇りがちでも、霧さえでなければ、快適なゴルフが約束されています。
晴れたら、景色もきれいなので、申し分なしです。

この季節なら、「軽井沢浅間プリンスホテル」にて宿泊ゴルフプランがお得です。


OUTの1番。
軽井沢浅間ゴルフコース」は、全体的にフェアウェイが狭いので、スライスボールには気をつけたいところです。




今回も写真をたくさん撮ってもらえました。

この写真のように左手と右手でで引っ張っている感じが強いときは、思いっきりスライサーになってしまいます。




薄日の中、そこまで来ている秋をちょっと待たせて、緑が最後の息吹きを感じさせてくれています。





今回はちょっと気取ってハンチングです。
昔のスラックスをニッカーボッカー(「ゴルフは舘ひろしさんのようにニッカーボッカーというスタイルでいこう!」)に仕立てたきに、余った布でお揃いのハンチングをつくってもらいました。




パター風景。
かまえた姿勢もカッコわるくなくなってきたかと。




でも、この日は苦労しました。




2サム専用コースなのに、これだけのアンジュレーションと高低差は、刺激的です。




コース自体はほぼまっすぐなのですが、第1打目をどこに落としていいのか、ねらい所が難しいホールもあります。




ラフは長めで、どうしても打ち負けそうになります。




軽井沢は全体的にそうですが、水はけがあまりよくないのと、霧が多いので、こんなに大きなキノコが生えてたりします。
ちなみに、背の高さは20センチ以上ありました。




いたるところ、軽井沢っぽい雰囲気に、ちょっと酔いしれてしまいます。




INもOUTも上がりホールは「軽井沢浅間プリンスホテル」目がけて打っていきます。




OUTの4番は、名物の池越えです。
156ヤードという設定。
カップルで行ったら、男性は腕の見せ所です。




グリーンに行ってみると、カルガモの親子がいました。




INに入って、ハンチングをサンバイザーに変えました。
この日はドライバーも苦戦しました。




後ろから見た角度は、そんなに悪くないのですが……。




9月に入ると平日は連休前といえども、受付はクラブハウスではなく、「軽井沢浅間プリンスホテル」となります。

ロッカーも「軽井沢浅間プリンスホテル」内にあるのですが、とても細身(幅が20センチくらい)なので、ゴルフ用のバッグだと、かなり押し込まなくてはなりません。
それと、シャワーがありません。
シャワーを希望する場合にはクラブハウスにて浴びることができます。




こちらがクラブハウスです。



こちらはクラブハウス内のロッカールームです。




シャワーは右に3つ。
左に1つの、計4つとなります。




シャワーはこんな感じです。







キャロウェイのレディースのレインウエア、かわいいですよ。





これからの季節はこんなのが1枚あると便利です。
ベストにもなります。






 

編集者 福田清峰さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス