【新・ユーアイゴルフクラブ 口コミ】フェアウェイも広く、距離もたっぷり、コンペなら絶対お勧め! | 編集者 福田清峰の I Love You

編集者 福田清峰の I Love You

「5年愛される本づくり、そして10年愛される本づくりへ」をモットーに書籍を編んでいます。
ゴルフとバードウォッチングにハイキング、山登り好きです。
そして写真、ライブに演劇、バレエ、映画鑑賞と美術館めぐりが大好きな編集者&カメラマンです。


テーマ:

新ユーアイゴルフクラブ川越カントリークラブ(6,635ヤード/桜コース×皐月コース)

 

※ 新・ユーアイゴルフクラブは、2013年12月末をもって閉鎖されました。


郵便:324-0513
住所:栃木県那須郡那珂川町白久1337-2
電車:JR東北本線氏家駅からクラブバスで30分位、またはタクシーで約7,000円。
   クラブバス(全日完全予約制):
   行き:8:45/帰り:14:50、15:50、17:00、17:50
道路:東北自動車道・矢板IC出口の突き当りを宇都宮方面へ。
   2つめの信号を左折(喜連川方面)し、国道293号線を馬頭方面へ。
   出光GSを右折して、標識にしたがい約2km。
電話:0287-96-2194


久しぶりのチップインバーディーでした。
残り20ヤード……この季節はPWでピッチ&ランで転がします。
そしてパー3つ。
なのにトリプルボギーも3つでした。

新ユーアイゴルフクラブ

ロッカールームにかぎらず、全体的に無駄な感じがするくらい広いです。



トイレの空間もびっくり。



最初に面食らうのが、このパター練習場です。
ボールをポロンと置いただけで、コロコロ転がっていってしまいます。
写真を見てもその傾きがよくわかるかと思います。
これじゃあ感覚つかめないよーと思いきや。
この斜面の感覚をしっかりつかんでおくのが新・ユーアイゴルフクラブ川越カントリークラブを制するコツです。



基本、第1打目は比較的広めのフェアウェイに落とせます。
そこから絞り込んでくるのが、ここ新・ユーアイゴルフクラブ川越カントリークラブのロングホールの特徴です。



今日はこんな感じで。



このフェアウェイの広さは気持ちいい。
ホールごとに第1打を打つクラブを選択すれば、スコアはおのずとまとまるのが普通なのかもしれませんが……。

 



一見、何の変哲もないグリーンではありますが、微妙なアンジュレーション……ではなく、ダイナミックに高低差と芝の目が効いたグリーンを前に、パッと数を36以下に押さえないと新ユーアイゴルフクラブ川越カントリークラブでは、スコアがまとまりません。



これだけの打ち下ろしで、365ヤード。
真ん中に落として2オン1パットのサービスホールに感じます。
が……、グリーンがタテに長く、フェアウェイからはピンしか見えないので、知らないで攻めるとロングパットを残して3パットになってしまう怖いホールです。



なぜか池越えをあまり意識しないですむのが、新ユーアイゴルフクラブ川越カントリークラブの不思議なところ。
それはきっと、ほかのホールでスコアは別としても、いろいろ考えてコースマネージメントしながら思うように攻めることができたから。
ここも、攻め方をしっかり考えているから池に入るなんて考えなんて、亡くなっているのだと思います。



新ユーアイゴルフクラブ川越カントリークラブ、ヤードゲージはコースの真ん中に立っているフラッグでジャッジします。
これはこれで、とてもわかりやすい気がします。



ランチはバイキングです。
目の前で揚げてくれる天ぷらもおいしいです。



池にゴイサギがいました。
キレイな池であることの証拠、いいですね。



ティーインググラウンドで前の組を待っている間に。

 


皐月コースの3番ホールは、左ドッグレッグの505ヤードPAR5。
第1打目は、3番ウッドで軽めに240ヤードに落とすのがコツ。
そして、2打目を7番アイアンで打って、残り80ヤード残すのが理想かと。



2打目位置から見るとこんな感じです。



長ければ長いほど、飛ばしたくなる。
まだまだ、今年1年はそんなゴルフでしたが、年の終わりになって、少しだけコースマネージメントを覚えることができたかもしれません。



それでも、このフェアウェイの広さです。
文句なしにドライバーを飛ばしたくなります。



この傾斜、なかなか攻めあぐねました。
また、ちゃんとチャンレジしたいコースです。



ピンフラッグはこんな感じです。



ちなみにお風呂は総黒御影石、身体の芯まで温まるそうな。
そして、男性のお風呂にもパウダールームがついているのは、混雑するシーズンにもいいかも。

新ユーアイゴルフクラブ川越カントリークラブ、コンペをするなら絶対にお勧めです。
 
      AD

編集者 福田清峰さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス