【小原カントリークラブ 口コミ】難しいんだけど、本当にいいコース。名古屋屈指のコースかもしれない | 編集者 福田清峰の I Love You

編集者 福田清峰の I Love You

「5年愛される本づくり、そして10年愛される本づくりへ」をモットーに書籍を編んでいます。
ゴルフとバードウォッチングにハイキング、山登り好きです。
そして写真、ライブに演劇、バレエ、映画鑑賞と美術館めぐりが大好きな編集者&カメラマンです。


テーマ:

小原カントリークラブ名古屋(6,308ヤード/IN×OUT)
郵便:470-0511
住所:愛知県豊田市大ヶ蔵連町西山710
電車:名鉄豊田線・浄水駅からタクシーで約7,500円。
   JR中央本線・瑞浪駅からタクシーで約5,000円。
道路:猿投グリーンロード・加納ICより22㎞。
   加納ICを出て左折、国道419号線を瑞浪方向へ進み小原村役場、小原郵便局、
   よつば農協を経て国道419号線左側がコース。
   中央自動車道・瑞浪ICより16㎞。
電話:0565-65-3388
 

■□■□■□■□■□■□■□■□

 福田清峰の愛したゴルフ場 

■□■□■□■□■□■□■□■□


静岡より以西でゴルフをやるのは沖縄を除いてお初です。
いよいよ? 名古屋初プレーです。
今回お邪魔した小原カントリークラブ名古屋、今まで回ったコースで5本の指に入るかもしれません。

小原カントリークラブ

楽しみだったのですが、駅に降り立ってビックリです。
時折仕事で来ている名古屋ではあまり感じたことがなかったのですが、寒い!
とにかく、東京よりもはるかに寒いです。


小原カントリークラブ名古屋、ロッカールームのネームプレートに名前えを入れてくれています。
これだけで、上がります↑。
こういう気遣いに、このクラブの本物度を感じます。

小原カントリークラブ

モーニングのSunny Side Upはほどよい2つの位置関係が食欲をそそります。
そして、モーニングブレッドのおいしいゴルフ場は、そのゴルフ場の質の高さを感じます。
小原カントリークラブ名古屋のパン、おいしいです。
それもそのはず、小原カントリークラブ名古屋のレストランは「ウェスティンナゴヤキャッスル」が入っているんですから、その味は間違いないです。

小原カントリークラブ
小原カントリークラブ

ローッカールーム内にもラウンジがあり、もちろんストレッチ用のマットもあります。



コース設計は、1981年にはPGAツアーで賞金王となったトム・カイトさんとゴルフ解説者の川田太三さんです。
トム・カイトさん、小原の地を評して以下のように語られています。
「私 は今までにも、アメリカで幾つかのコースを設計した経験がありますが、いざ、実際に作ってみると、様々な自然条件等により、プレーしにくい点が出てしまい ました。ところが、この小原では全くそのような心配がないほど条件に恵まれており、その意味ではまさにゴルフコースとなるために生まれてきた土地と言える だろう」


なるほど、登りのコースでこれだけバンカーが口を開けているんです。

小原カントリークラブ

緩やかな左ドッグレッグですが、フェアウェイは右側の細いところだけで、あとは凸凹の斜面に落ちていきます。



その斜面がこちら。



長めのショートホール。
川は越えるとしてもワンオンかもしくは、グリーン脇に落としてかないと、パーがつらくなります。



ここ、小原カントリークラブ名古屋は桜の名所でもあります。
冬でもしっかり寒桜が咲いています。



パーリーゲイツのセーターを着てちょうどいいくらいの天気でした。
前々日はあられ、前日は雪だったそうな。
たしかに昨日名古屋入りしたときは、あまりの寒さにびっくりしました。




小原カントリークラブ名古屋の唯一おしいのは、ピンフラグにクラブの紋章などがないこと。
INは真っ白、OUTは真っ赤って……。



芝の色も本当にキレイな色に色づきました。
そして、小原カントリークラブ名古屋は大きな池が多いのですが、どれも景観的によくできています。



長い長いグリーンもあります。



ランチは「豚肉と茄子の味噌炒め」おいしい。



この左ドッグレッグの打ち下し、名物コースです。



なんと、ちょっと左の木陰に入れると、ふかふかの苔の上からのショットになります。



そして、石庭のようなバンカー。
何だか風情(ふぜい)があっていいです。



グリーンを挟んで。こんな感じです。



冬の日差しに影が伸びます。



なんて気持ちのいい打ち下しなんでしょ。




こちらは打ち下しのショートホール。
グリーン脇に、小さいんですが、結構えぐいバンカーがコロッとあるのがにくいですね。




右側に続くフェアウェイバンカー。



バンカー自体は厳しくはないのですが、如何せん登っていくのがつらい。




陽が傾くと、一気に寒くなってきます。




なんてきれいな景色なんでしょ。
見とれてしまいます。



このホールの最後は小さなクリークをまたぐグリーン。
第1打目をドライバーで飛ばせばいいというわけでもなく、セカンドショットかサードショットか、どちらで勝負するかで攻め方大きく変わるコースなんて、素敵です。




      AD


編集者 福田清峰さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス