スノーホワイト【映画】白雪姫を救ったのは真の愛か? センス・オブ・ワンダーか? | 編集者 福田清峰の I Love You

編集者 福田清峰の I Love You

「5年愛される本づくり、そして10年愛される本づくりへ」をモットーに書籍を編んでいます。
ゴルフとバードウォッチングにハイキング、山登り好きです。
そして写真、ライブに演劇、バレエ、映画鑑賞と美術館めぐりが大好きな編集者&カメラマンです。


テーマ:

ポチっとよろしくお願いします。
ポチっとよろしくお願いします。





『スノーホワイト』
原 題:Snow White and the Huntsman
製作年:2012年
製作国:アメリカ
日本公開:2012年6月15日
上映時間:2時間07分

監 督:ルパート・サンダーズ
原 作:グリム兄弟「白雪姫」
キャスト:クリステン・スチュワート、シャーリーズ・セロン、クリス・ヘムズワース、サム・クラフリン


グリム童話誕生200周年、そしてユニバーサル映画100周年記念作品となったのが、この「スノーホワイト」です。




“おとぎ話”は終わった…まさにそのとおりの展開です。
なんて面白いんでしょう。

そして、「ここ1年で最も稼いだハリウッド女優」と「この世で最もセクシーな女性」の競演となりました。


主演は、トワイライトシリーズ(エクリプス・トワイライトサーガ/この愛の先の自分を考えたことがありますか?/ネタバレ)で一躍大スターとなり、弱冠22歳にしてForbes誌に「ここ1年で最も稼いだハリウッド女優」と称されたクリステン・スチュワートさんです。

お姫様というよりは禁断の恋を演じたトワイライトシリーズのほうがイメージにはあっている気がしてしまいます。
そういった意味で、新たな「白雪姫」伝説を作り上げていくのには、ただかわいくて、横に置いておきたいお姫様というのではなく、クリステン・スチュワートさんがピッタリなのかもしれません。




毒リンゴ食べて、王子様の助けを待つかわいいお姫様ではなく、戦わざるを得ない状況のなかでしっかり生き抜き、今自分に課せられた使命は何かをしっかり認識したお姫様、この歯を食いしばっていく心の成長がクリステン・スチュワートさんにはまっています。
いうならジャンヌダルクのイメージが被ります。





スノーホワイト(白雪姫)を苦しめる悪の女王を演じるのが、Esquire誌に「この世で最もセクシーな女性」と称されたシャーリーズ・セロンさんです。
36歳、女優としてのキャリアもガッチリ築き上げ、女としても脂の乗り切った、最高のタイミングかと思います。
シャーリーズ・セロンさん、生涯独身宣言もされていて、養子を育てられています。
スノーホワイト」でもこの美しさが輝きまくっています。
若い女性から英気を吸い取ってはその美しさを維持している悪の女王は、時折、老けるわけですが、その後に若返ったシャーリーズ・セロンさんを見ると、その美しさが怖くなります。




シャーリーズ・セロンさん、本当にきれいです。
この美しさは何ものなのでしょうか?
スタイルといい、文句なしです。







(C)リチャード・アヴェドン


白雪姫の新たな伝説となる物語として、キーワードは2つ。
1つ目は先日書いた「素敵な本を見つけた:センス・オブ・ワンダー/子どもが持つ感性を感じながら、心が洗われる1冊」で取り上げた「センス・オブ・ワンダー」です。

スノーホワイトは、物語のはじまりで羽の折れた野鳥(かささぎ)を助けます。
それを王妃(スノーホワイトの実のお母さん)がやさしく声をかけます。
「やさしい心を持っているのね」
「その優しさを一生大切にしなさい」
と。

彼女が持ち続けが「センス・オブ・ワンダー」が、幽閉され続けた彼女を救い、暗闇の森で出会うトロールやサンクチュアリーで出会う妖精たちと絡み合います。


そしてもう1つが、理由は如何にあれ、本気で守ってくる人こそが王子であるということ。
王子と呼ばれている人が王子なのではないということです。
これはある意味、痛快な気もして、とてもいい感じです。


ハンター(狩人)のエリック役は「マイティ・ソー」で一躍人気者となったクリス・ヘムズワースさんです。




ウイリアム王子を演じたのは、「パイレーツ・オブ・カリビアン 生命(いのち)の泉」で華々しいデビューをしたサム・クラフリン さんです。




エリックとウイリアムとスノーホワイトの三角関係はどうなるのか、それは決定している続編で描かれるのでしょうか。


スノーホワイトの幼少期を演じているのがラフィー・キャシディさんです。
この娘、めちゃくちゃかわいいです。




実は突っ込みどころも満載な気がしますが、2時間、たっぷりと楽しめる作品に仕上がっています。
ストーリーもいいと思います。
ひとつ、「アリス・イン・ワンダーランド」のスタッフが制作しているのですが、その点ではCGが少し弱い気もしました。



スノーホワイト(クリステン・スチュワート、シャーリーズ・セロン出演) [DVD]
B006DWI7Y0




 

編集者 福田清峰さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス