ふなびき歯科の徒然日誌

ふなびき歯科の徒然日誌

倉敷市水島の歯科クリニック。ふなびき歯科です。


テーマ:
先日当院の衛生士の一人、山本智恵さんが3月いっぱいで退職されました。
彼女の当院での職歴は、学生時代のアルバイトの時代から実に10年以上になります。
彼女は、いつの時も明るくて、にこやかで、誰からも好かれる人です。
もちろん患者さんにも。
特に子供達の人気は素晴らしいものがあります。
私たちのように子供達が多い診療所では大変力になるスタッフの一人です。
そんな彼女が新しい目標に向かおうとしています。
これほど残念で寂しい事はありませんが、私たちは、彼女を笑って送り出してあげようと決めました。
君に幸あれ!
{523E8EEF-9A06-4C6A-B73C-65293B4FA1F2}




テーマ:
絶好の青空の下
朝から川崎医療福祉大でのTEACCHの自閉症セミナーに行ってきました。
{014E0E46-DA3F-4F6C-81D0-98C34042D5B1}

でも、土曜日は一日中講義で部屋の中
夕方には昨年6月に亡くなられた恩師の佐々木正美先生を送る会で締めくくられました。
{5F90338A-7A64-41F2-A10D-B3BAE0449CF1}


日曜日は、自分の学びたい内容に分かれての分科会でした。
私は、インフォーマルアセスメントの分科会で小田桐早苗先生の講義を聴いてきました。

テーマ:
春といえば、旅立ちの季節
うちの診療所でも実習生を一人送り出すことになりました
寂しいけれど、彼女の就職先はほぼお隣の診療所なので、時々は寄ってくれるんじゃないかなーなんて少し期待しています。
頑張れ!玉井さん*\(^o^)/*


{24C2B046-8078-44B2-B6BA-455E685522D8}




テーマ:

 

発達障害の理解を広めておられる”たんぽぽ団”さんからお手紙をいただきました。

実は、歯科診療で発達障害の子どもたちに「こう対応すればいいよ。」という教科書のようなものはありません。

いろんなセミナーに行って、学んできて、それを診療にフィードバックする。

うまくいくときもあるし、そうならないこともあります。

ですから、いつもニコニコ頑張っている彼女たちスタッフも壁ぶつかることもあります。

そんなときは、みんなで知恵を出し合って、「ああやったらどう?」とか、「こうしてみたら?」と意見を出し合うのですが、それでもうまくいかなくって、万策尽きる…

そんなこともあります。

でも、こんな手紙をいただくと、また頑張ってみよう!という気持ちになるのです。

 

感謝のお手紙をいただいたのですが、こちらの方が力をいただけて、本当にありがとうございました。


テーマ:
学会最終日を待たずして朝から岡山へ移動中。
昼から岡山である 岡山県かかりつけ医等発達障害力向上研修会 に出席するためです。車中で藤岡宏先生の本を読み返しながらお勉強…と思いきや、その下には獺祭の期間限定飲み比べセットが❗(笑)



テーマ:
昨日から障害者歯科学会で博多に来ています。
昨夜は、美味しいお鮨とお酒を岡山大学の江草教授といただいました。
倉敷歯科医師会で始めた自閉症児診療のコンサルテーションの好感触に二人で乾杯しました。





テーマ:
スタッフが毎年楽しみにしている親睦ボーリング大会です。
うちの診療所では、いつもお揃いのTシャツで望みます❗
結果、女性スタッフは全員商品をゲット!
しかも1、2、4位と上位を独占でした🎵
…が、お目当ての牛肉が今年はなく、少し残念








テーマ:

GWも終わっちゃいましたね~。

…とたそがれてしまうのは大人たちだけで、こどもたちは元気です。

 

今日は、元気に診療に来たSくんのはなし。

診療室に元気に入ってきたSくん。診療台の横にぶら下がっていた今日の診療スケジュールを見て…

「今日は見るだけにしとく」

ときっぱり。

今日は、ハミガキをして、虫歯を吹き飛ばす風さんや、虫歯を治すシャワーの機械やお水を吸う掃除機の機械が予定にあって、そして最後にはSくんの苦手なフッ素があります。

そう、予定満載なのです。

先手を打たれた格好になったスタッフは困り顔(笑)

でも、何度も何度も説得して、最後にはお父さんにも手を握ってもらってスケジュールを終えることができました。

それまでトレーニングを重ねて、段々とできることが増えていったSくん。

これなら大丈夫かな?ということで、3か月に一度のチェックに変更したばかり。

3か月たつと忘れちゃったのかな?

以前にはシャワーも掃除機もできていたのにね…。

残念ながらSくん、次から1か月ごとで、またトレーニングしていこうね!


テーマ:

少し前の話になりますが、当院の技工士、横田豊さんが3月31日で定年退職されました。

当院が開業してしばらくしてからスタッフとして加わり、24年間、月、水、金と患者さんの大半の被せを作ったり、入れ歯を修理してくださっていました。

定年退職される職員さんを送り出すというのは、女性が多い職場の歯科医院ではあまり経験することがないのですが、院長にとってもそこまで長く従業員さんと一緒に働けたことは喜ばしいことです。

とはいえ、退職後も外勤としてふなびき歯科の仕事を請け負ってくださるので、なにも状況は変わらないのですが、スタッフみんなでねぎらいのセレモニーを行いました。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス