NEWベビーシャッドFC【VTOL】! | FKD's Fishing Jam!!

FKD's Fishing Jam!!

たかが釣り、されど釣り…。
いっぱい思いを詰め込んで…やっぱり『釣り』が好き。


テーマ:
長い間、テストを繰り返していた「ベビーシャッドFC specⅡ(仮)」。

とうとう完成!!!!

正式名称は【ベビーシャッドFC VTOL

VTOL(ヴィトール) = Vertical Take-Off and Landing =「垂直離着陸」

見た目はベビーシャッドFCと同じだが、何が違うのかというと…『シンキング』なんです。
シンキングといっても着水と同時に一気に沈むような重さはない。
水温15℃で「約5秒で1m沈む程度のシンキングである。

なぜ「シンキング」にしたか?

それは…狙いたい層にベビーシャッドFCをダイレクトに送り込む為』…である。

通常のベビーシャッドFCは着水後リトリーブを開始して狙いたい層に達するまでに「助走」がいる。
これはベビーシャッドFCだけでなく、他のシャッドプラグやクランクベイトも同じである。

例えば…『岸からの倒木の下、水深1mにサスペンドしたバス』がいるとする。
これを狙う(この層にルアーを通す)となると潜る助走距離を考えて、さらに奥にキャストしなくてはならない。だが岸までの距離が無ければ助走距離が取れず、狙いたい層まで潜れない。。。
通常ならばプラグを諦め、ルアーチェンジせざる得ない。。。
しかし『シンキング』なら助走距離は必要なく、着水後カウントダウンさせ狙いたい層に合わせて狙える。

ルアーチェンジしない事はペースを乱さず狙えるって事で非常に効率が良い。
これは時間に制限のあるトーナメントにおいても有利である。

VTOLは垂直に沈めて狙うだけでなく、『着陸』も特徴である。

上の画像は水槽に水を入れてその中に【VTOL】を入れたもの。

底までしっかり沈んでいるが・・・

この底でステイしている姿勢に注目してほしい。
「フック一本で立って待機している」
絶妙なウェイトバランスと低重心が可能にした「一本足ステイ」。
いつでも動き出せる状態で底で待機できるのもVTOLの特徴である。

バスは岩や石、小さな障害物などに身を寄せ待機し獲物を狙う・・・。
そしてバスから逃げる「小魚」や「エビ」も岩や障害物に身を隠す。

狙った岩や石の上、そして障害物付近にこのVTOLを沈めて待機させておき、『ここぞ!』というタイミングでアクションを加える。恰も「小魚が逃げる」ように…。
バスは思わず口を使う。
リアクションで底で喰わせれるのもVTOLの武器。
もちろん絶妙な浮力を確保しているので障害物回避能力もノーマル「ベビーシャッドFC」譲りで非常に高い。

ベビーシャッドFC VTOL】はシンキングという重量と低重心からノーマルの『ベビーシャッドFC』よりも【高速型】になっている。
ボディ下部のみに入っているプレートはフラッシング効果と低重心効果も兼ね備えている。

ノーマル「ベビーシャッドFC」は『低速レスポンスの良さ』と『動き出しの良さ』が売りで、比較的場所やシチュエーションを選ばずオールマイティーに使える。

【ベビーシャッドFC VTOLは『高速リトリーブの安定』と『無滑走攻撃』が特徴で、ノーマル「ベビーシャッドFC」が狙えない所・不得意なところを補う存在となると思う。

もう「ベビーシャッドFC」シリーズに死角は無い・・・。



<FKD>

福田雅人(FKD)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス