情報発信者は埋もれる〜目的と価値を明確にする〜 | 将来世代へのバトンを和泉市から〜小林大地のブログ〜
新型コロナウイルスに関する情報について

将来世代へのバトンを和泉市から〜小林大地のブログ〜

株式会社アースライト 代表取締役 小林大地のブログ

 

どうも、いつもキャッシュフローを考えずに設備投資を始め、

走り出してから資金繰りで頭を悩ます典型的バカ経営者の小林です。

 

 

もしかしたら、「やらんとヤバい感」が好きな変態なのかもしれません(笑)

 

 

そうした性格のせいか、いつも「今できるコト」ではなくて、「今やりたいコト」をやっちゃいます。

 

 

 

色々とやり出すと、「お金があるからいいですよね。」と言われることが多いんですが、別にお金はないです。

 

経営者の方ならお分かりいただけると思いますが、

こういう仕事をしていると動かす単価が大きいので、キャッシュフローは大変です。

 

 

ですので、キャッシュフローベースで事業計画を練っていたら、

気がつけばもうお爺さんになってしまいます。

 

 

 

限りある人生という時間を生きていくのに、あまりにそれは勿体無いので、とにかくやる。

 

 

そんな奴です。

 

 

 

 

さて、先日こえのブログでも少しお話した内容ですが、

 

兼業家時代の今は、当然ながら発信者(提供者)が圧倒的に増えるので、

「個の時代」と言われながらも、その他大勢に埋もれてしまうといった皮肉な時代です。

 

 

そう考えると、「個の時代」はアメブロ全盛期の頃からFBが盛んだった頃が1番目立ちやすかったと思うので、「個の時代」は、もう結構前に終わっているなぁ〜と感じています。

 

 

YouTubeも去年から今年にかけてが1番発信者が増加するハズなので、そこでも埋もれやすくなってしまいます。

 

 

YouTubeでマネタイズをし、YouTubeを収入源と考えるのか、

YouTubeで認知してもらい、そこからの収入に繋げるのかでは、発信の仕方もYouTubeに費やす時間も変わってきます。

 

 

フロントエンドとバックエンドみたいなもんですね。

 

 

YouTubeを発信ツール、つまり自分を認知してもらうための広告として捉えるのであれば、ブログやインスタ、YouTubeなどといったツールは色々ありますが、「役に立つノウハウ」は発信していてもあまり意味がない事を実感しています。

 

 

というのも、

「プジョー タイミングベルト交換」「プジョー AT修理」といったキーワードでSEOが掛かるようにブログやYouTubeで仕込むのは簡単ですし、写真と動画を載せるのも簡単です。

 

 

しかし、見る側が求めているのは「解決方法」。

 

 

例えば、「プジョー AT修理」で検索する人は、その修理方法やおおよその金額を知りたい人が大多数なので、それを発信している人の信用度は上がっても、「信用度が上がる=発信者のファンになる」と同意ではありません。

 

 

 

僕のブログの場合もそうで、お客様が見てくださるよりも、同業他社の経営者の方に見られている数のほうが圧倒的に多いです。

 

 

それはそれで嬉しいものの、理念に共感した仲間ではありません。

 

リアルな仲間を欲する自分としては、アクセス数に意味はありません。

 

 

話を戻すと、

役に立つような課題解決方法を発信しても、信用度は上がるものの直接的なファンにはなりにくいというコト。

 

 

それに、情報に関わらず、情報発信者としてもサービス提供者としても、100%のサービスは飽きられます。

 

飽きられるというか、お客様側からすれば、提供者に対する気持ちが入らないんですよね。

 

 

仮に、インスタ映えを狙ったオシャレなカフェと、昔からある町の居酒屋さんを例に挙げると、

 

インスタ映えを狙ったお店は、お店のファンはついても、「オシャレな空間」にファンが付いているだけでお店の人には付いていないので、違うビジネスをやる時には既存の顧客様はついてきてくれません。

 

 

よく考えてみてください。

 

大きくてオシャレなカフェの店員さん、例えば料理を作ってくれている人の名前や顔ってご存知ですか?

 

知らないですよね?

 

 

逆に町の居酒屋さんには、マスターが居て、ママが居て、名前も顔もお互いにわかり合っている。

でも、接客はタメ口だしカフェみたく丁寧じゃない。

挙げ句の果てには他のお客様にビールを運べとまでいう。

 

 

どう考えてもカフェの方が100点満点の対応で100%仕上がっています。

 

にも関わらず、町の居酒屋さんの方が圧倒的ファンが多い。

 

 

なぜか?

 

 

この違いが「個」の部分にあります。

 

 

「個が見えないサービス」は、全自動(コインランドリー的な)にしない限り、無駄にコストが掛かるので確実に疲弊します。(手を抜くという意味ではありません)

 

 

つまり、「人が集まる場をつくる」のではなく、「人が集まる人」になるよう注力した方が1番イイです。

 

 

今まで、ありとあらゆる広告を打っては検証してきたので、ここは間違いないと思っています。

 

 

「個の時代」というよりも、「個を生かす相互扶助の時代」。

 

 

 

 

100%を提供する人にファンはつかないけれど、

100%を目指そうと努力する人(生き様)や関係性にファンはつくな、と。

 

 

価値を感じる部分は人それぞれ違いますが、

「〇〇が価値」だと感じる部分が同じである人たちと幸せを共有したいので、

そのためには、自分がどこで価値を感じているのかを明確にする必要があります。

 

 

そうした事を考えると、

正しい解決方法を提供するのってむちゃくちゃコスパが悪い。

 

それにイイものはパクられて終わる。

 

 

これも経験しました。

 

 

 

ではどうすれば提供者で溢れた時代の中を突き抜けられるのか?

 

 

 

それをSHOW TIME GYMで証明します。

 

 

 

 

それにしても、本当にジムの初期費用が段取り出来ていないので、今からどうしようか考えます笑い泣き

 

 

これ、ほんまにスタッフの仲間たち誰にも言っていないので、

このブログを見て、「マジか!?社長アホすぎやろオイ!!」となるはずですあせる

 

 

 

うーん。

 

 

ゴメスてへぺろ