思いが先〜計画はゼロ〜 | 将来世代へのバトンを和泉市から〜小林大地のブログ〜

将来世代へのバトンを和泉市から〜小林大地のブログ〜

株式会社アースライト 代表取締役 小林大地のブログ

 

 

どうも、昨日のナッツブログでクレームを言われている気がしてならない小林です真顔

 

似合ってるかどうか、見てあげてくださいグラサン

 

 

 

 

さて、本日は午後から大泉と一緒に、

現物の下見をかねて大阪イサミさんに行ってきましたニコニコ

 

色々揃えなければならないもの、揃えたいものをある程度リストアップしていたので、

現物を触って比較できたのが良かったです目

 

 

また他も、色々見て回りたいなぁ〜と思っています。

 

 

今後をお楽しみにビックリマークウインク

 

 

 

 

現在ジム化計画を進めておりますが、

実は今回のジムも車屋も保育園も、中長期の事業計画はほぼゼロ。

 

 

僕は中長期の事業計画もロクにせずに、思いを先にとにかく動いてしまう性格です。

 

 

むしろ中長期の事業計画は無意味だと思っているので、やりません。

 

 

そんな感じでいつも動くので、

 

スタッフからは、

 

「勢いで動くのだけは辞めてください。」と制止されることも多々あります。

 

 

今回もそんな感じでジム化計画を進めているので、

 

「やりたい事を実現させてるのがすごいね」という言葉を掛けられると、

 

「思いのまま動いてるだけで何もすごくないし、逆に周りに迷惑かけてしまってることもあるし、経営者として相応しくないよなぁ。」と、何とも言えない気持ちで自分を責めては、考え込んでしまう時があります。

 

 

そんな思いを、PRADAやKOSÉ のブランディングやデザインを手掛けておられたTさんに呟いたところ、

 

「小林さんはそれでいい!というかそれが良いんです!思いが先で後から現実がついてくる。出来ると思ったからやるんじゃなくて、出来るまでやるのが小林さんの良さでしょ。そのままいってください!」

 

 

と言っていただき、非常に救われました。

 

 

というのも、Tさんが多数の実績を残されている方というのもありますが、

Tさんには、フロンティア・コバヤシとmimi保育園のロゴ制作をしていただいたんです。

社外であるとは言え、昔から共に歩み、見てきていただいている方から、そういったお言葉をいただけることがとても嬉しくて、響きました。

 

 

そんなお言葉をいただいた事で、今までを思い返してみると、

 

過去に様々な事をしては、「軌道に乗って成功した」と言える事業もあれば、失敗したことも多々あります。

 

むしろ失敗の方が多い。

会社も1つ潰しました。

 

 

思えば、リスクヘッジばかりを考えて取り組んできたことはほぼ失敗しているんです。

 

 

逆に、従業員を雇用しての事業に関しては失敗が無い。

 

これって覚悟というか、責任感や使命感のようなものが「出来るまでやり続ける」というパワーを与えてくれているからかな、と。

 

 

覚悟を決めて、人もお金も時間も思い切って取り組んだことは、上手くいっています。

 

 

 

そう思うと、

 

人間、本気になれば失敗なんて無いなぁ、と。

 

 

本気だからこそ仲間やお客様からも応援していただけているということもあるし、

逆に自分も本気の人を見ていると応援したくなる。

 

そんな事を考えていると、やはり「思いが先」だと確信します。

 

 

「本気の思いが引き寄せる」は、まさに保育園で実感しました。

 

 

そんな「思い」と「人」を大切にする会社で在りたいし、

そんな素敵な人たちとともに回る経済圏をつくっていきたい。

 

 

 

変わらず思いだけで動き続けますが、これからもよろしくお願いいたします。

 

 

 

今日も感謝。