☆ご成約☆〜問い合わせラッシュ〜 | 将来世代へのバトンを和泉市から〜小林大地のブログ〜

将来世代へのバトンを和泉市から〜小林大地のブログ〜

株式会社アースライト 代表取締役 小林大地のブログ


テーマ:

 

今日は井中と2人だけの出勤でしたが、10組近くご来店をいただき、濃い1日でした。

 

午後からバタバタしましたが、ようやく落ち着きましたグッド!

 

 

 

そんな今日は、愛知県蒲郡市からお越しのA様に、

 

プジョー106 S16ご成約いただきました!!ニコニコ

A様、有難うございます!!おねがい

 

キッチリと納車点検整備&仕上げいたしますので、納車まで今しばらくお待ちください車キラキラ

 

 

 

そして先日アップしたばかりのホンダS660 アルファですが、

こちらに対する問い合わせ数がすごい!!びっくり

今日だけでも3件。

昨日も2件。

 

予想以上の反響に驚いています。

 

 

しかし、そこそこ安くで掲載しているため、

先ほどのブログに書いたような「値引きは?」という人も多いです。

 

 

 

確実に言えるのは、

安く掲載すればするほど、値引きを要求してくる人からの問い合わせが増えます。

 

 

コレ、間違いありません。


 

 

車で集客するのではなくて、

人で来てもらえるようにならなければ意味がないんです。

 

「どうせ〇〇ならあいつのところで」というような感じです。

 

 

それに、やはり在庫車があるとマズいですね。

なぜなら、それはそれで面白いからです。

 

 

例えば、在る物を販売する場合、

どんな車にも入庫した理由があるので、それら車にストーリーを乗せてお客様に伝えます。

 

僕が、車の性能とか機能的な部分を話すことは滅多にありません。

(基本的に商談中は喋りませんが 笑)

 

 

古物を扱っているので、他社と商品の機能などで差をつけることはまず無理です。

であれば、ストーリーをただ伝えるだけじゃなくて、お客さんの心に響くように伝えることが重要です。

共感をいただける方に乗っていただかなければ意味がないのです。

 

これはこれで面白い。

 

 

しかし、在庫を並べると単なる物売り的な発想になってしまいがちなので、(いかにして売るか)

僕自身がワクワクしないんです。

 

 

表現は悪いですが、既に在る物を販売するだけならラクですし。

 

 

自分自身やりたいのはそれじゃない。

 

そこをやると逆行っちゃうんですよね。。

 

 

僕は人の中に在るものを生かして回る経済圏を創りたいので。

 

そのためにオークション仕入れを辞め、在庫を減らしていってます。

 

 

まずは人から。

まずはご注文車から。

 

 

 

というか、お腹空いたのでそろそろ帰ります。

 

 

 

今日も感謝。