知識より、経験より重要なもの〜失敗は強み〜 | 将来世代へのバトンを和泉市から〜小林大地のブログ〜

将来世代へのバトンを和泉市から〜小林大地のブログ〜

株式会社アースライト 代表取締役 小林大地のブログ


テーマ:

 

 

どうも、店内から外に置いてある愛車を見ては、一人嬉しそうにニヤニヤしている小林です。

(結構気に入っております 笑)

 

 

今日を含んで、GWももうあと3日ですね。

 

先月mimi保育園を開園しましたが、言ってる間にもう1ヶ月が経過しようとしています。

 

 

早いものです。

 

 

 

車屋が保育園をする理由は何か?について散々聞かれましたが、何度も申し上げている通り理由は1つではありません。

 

 

中には、

「認可外保育園は需要がなくなる」とか、

「それだけ先生を雇って運営大丈夫?」と知ったような事を仰る方やご心配くださる方もいますが、

 

それについては、誰よりもそこは1番考えていますのでご安心ください。笑

 

 

 

保育園が永遠のビジネスモデルかといえばそうではないし、車屋も同じ。

 

でも望まれていることに応えたいし、目指すビジョンがあるからこそ、今を大切に今精一杯やらないと意味がありません。

 

どのビジネスにも寿命はあるし、求められることも変化してくるから在り方も変わって当然です。

 

 

 

でもそんな事を言うと決まって、

 

「社長がそんな事を言ってたら、先生たちの未来が保証されていないようで可哀想じゃないですか!」

 

と言われるんですが、どんな仕事にも保証は無いし、人生にも保証なんてありません。

 

 

そもそも命は有限。

 

 

もちろん先生たちは同志であり大切なパートナーなので、未来を保証するというよりも、

一緒に同じ景色を見るために、ともに考え、ともに行動し、ともに幸せを感じる喜びを追う日々を過ごす。

 

個を生かすことで一人ひとりの先生にも輝いてほしいから、それをやる。

 

 

じゃあ結果的に、そこには自然と面白い未来しかないと思っています。

 

 

 

以前コンサルを断った時、

 

「僕も生活が厳しいので、出来れば顧問契約をお願いしたいんですが・・」と言われ驚いたのですが、

(僕は君の財布では無いよって話ですが)

 

何でも失敗の積み重ねを経て成功するものだと思っているので、僕には「保証」とかいう概念がよくわかりません。

 

 

人間いつ死ぬかわからないのに、収入が少し減るだけで何がそんなに怖いのか?

 

 

それよりも、何かを始めてからずっと順調なほうが怖い。

 

 

波がなく順調ということは、ある意味成長していないのと同じだから、

いざという時、ここぞという大切な時期に大きな波が来たら耐えられなくなるほうがよっぽど周りに迷惑をかけてしまう。

 

 

知識の価値が下がっている今、経験のほうが勝ると思っていますが、

単なる経験よりも、本気の志や熱意を持った行動に勝るものはないな、と。

 

コンサルをお断りした1番の理由がそれです。

 

 

僕は今までに1つ会社を潰した経験もあるし、イベント集客でも失敗した経験があります。

 

でも今思えば、あの時の自分には熱意が足りなかったのだと思います。

 

本気では無かったのだと。

 

 

 

今まで、人(ビジネスパートナーや従業員)やお金、集客といった部分で、それなりに苦い経験をさせてきていただいているので、とにかく結果にこだわりますし、成功するためには何が必要かもそれなりにわかっているつもりです。

 

 

とはいえまだまだ未熟だと自覚しているからこそ、

まずはとにかくやってみて、動きながらダメなところは修正していく。

 

 

本気だからこそ、とにかく行動する。

 

 

 

人間、本気になったら最強です^^

小林 大地さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ