価値を上げない~モノ売り+αは飽きられる~ | 大きな風穴をあけ旧きを撃つ!車業界に新風を巻き起こす異端児のブログ

大きな風穴をあけ旧きを撃つ!車業界に新風を巻き起こす異端児のブログ

株式会社アースライト 欧州車専門店「フロンティア・コバヤシ」の社長ブログ


テーマ:

今日は快晴晴れ

 

朝から気持ちがいいですニコニコ

 

 

今日も楽しみます音譜

 

 

 

 

そういえば、

 

「お互いのリソースを活かし合いましょう」

「コミュニティ内で客体を主体に変えていきましょう」

 

と普段からブログや口にしていますが、ただ単純にそれだけじゃ無理です。

 

 

というのも、原理は同じでも、人によって持ち味が違えば戦い方が変わってくるのは当然です。

 

というコトは、仕掛け方も1つ間違えればマズいことになります。

 

だからこそ、まずはその人(自分自身)を知るコトが重要なんですね。

 

 

誰でもかれでも同じやり方をすればうまくいくハズはないですから。

 

 

世の中そんなにあまくないよ。

 

 

 

そもそも「お客様」という人たちは、何かを得たいからそのお店に行くワケで。

 

 

飲食店1つとっても、

 

①お腹を満たしたい。

②美味しい○○が食べたい。

③その場の雰囲気と美味しい料理でお客様(または友人や家族)をもてなしたい。

 

 

考えただけでもざっとこれだけのニーズが出てきます。

 

とくに③は、ともに幸せになるしあわせの1つでもあり、他者の幸せが自分の幸せに直結しています。

 

 

できる飲食店はその場の関係性を見極めるので、接待などで使われていることが多いです。

 

 

A.食べ物を売る(モノを売る)→①

B.美味しい料理や雰囲気で売る(価値を売る)→②

C.美味しい料理と相手の求めている体験を売る(成功体験を売る)→③

 

 

 

ここで何を言いたいかというと、

Cのように、カスタマーサクセスを考えている飲食店は強いのです。


価値を上げないというのは語弊がありますが、今までは価値を売る時代と言われていましたが、その先の成功体験があります。

 

ただ、L.RCをやってきて思ったのは、

実のところ「自分の成功」が何かがわかっていない人が意外と多いというコトなんです。

 

 

でも、何かを求めているんです。

 

刺激なのか、成長なのか、ビジネスチャンスなのか、、、

 

 

そういう方々こそ、お金を欲しているワケではありません。

 

むしろビジネスで成功されている方も多いんです。

 

 

というコトは、

 

自分のやりたいコト、自分が燃えるコトが見つかったり、

自分の可能性を試してみたい、何か面白いコトにチャレンジしてみたいと模索している人に、気づくチャンスを与えるキッカケから、その人の成功体験にもっていく過程というのは、見えない需要であり、Dになってくると思います。

 

 

これができる企業・個人はこれからオンラインサロンプロデューサーを超える存在となるので、これをL.RCの非公開グループから実践します。

 

 

狙うのは、皆がイキイキと自分らしく生きるコトができる社会。

 

 

 

 

コンサルをしているワケではありませんが、口だけ・言うだけのコンサルは嫌いなので、僕は実践で証明します。

 

 

 

生意気いいますが、、

 

 

応援してくださいナラブ

小林 大地さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス