自分をさらけ出せる人は強い~1対1の対話が持つ力~ | 大きな風穴をあけ旧きを撃つ!車業界に新風を巻き起こす異端児のブログ

大きな風穴をあけ旧きを撃つ!車業界に新風を巻き起こす異端児のブログ

株式会社アースライト 欧州車専門店「フロンティア・コバヤシ」の社長ブログ


テーマ:

 

ご注文いただいていたエブリィワゴンとハイゼットに加え、

 

レンジローバーイヴォークも入庫しました!!ニコニコ

うーん、やっぱり格好いいですねラブ

 

 

この内装もすごく格好いい!!目

O様に現車をご確認いただくのが楽しみです≧(´▽`)≦

 

 

実はO様、徳島県にお住まいにも関わらず、メンテナンスでも当店に通い続け、今回もお乗り換えくださいました。

 

 

しかも来店して現車を確認いただく前に、車両代金を入れてくださっています。

 

 

 

普通に考えれば、契約前に車両代を払うなんてあり得ないかもしれません。

 

 

確かにあり得ないですし、恵まれているとしか言いようがありません。

 

 

O様、有難うございます!!

 

 

 

 

 

恵まれているコトを振り返ってみると、

創業時、資金120万円のみで車屋を始めた頃は、

店の看板やPC、机やソファ、その他ちょっとした用品などに資金の半分強使ったので、ご注文をいただいても車を仕入れるお金すらありませんでした。

 

 

たしか、仕入れに使える資金が40万円程だったと思います。

 

 

 

で、当然単価の高い車の買取りなんてできなかったので、

友人の車を委託販売させてもらったり、知り合いの業者さんから状態の良い車を安く譲っていただいたりしてはその車両を販売し、それで得た利益を仕入れに使う資金へと充てていきました。

 

 

 

その中で、僕がサラリーマン時代の頃からお世話になっているお客さんから

 

「レクサスのLS460を頼むわ。」

「ステップワゴン欲しいので、小林さんにお任せします。」

 

と言ってくださる方がいらっしゃって、

レクサスなどのように高額車の場合は先にお金を入れてくださったり、

「時間がない」という理由だけで納車まで現車確認を一度もせずにご購入くださった、、なんて方もいらっしゃいました。

 

 

 

そんなコトを考えると、

それだけ信じて任せていただけていたのだと、身の引き締まる思いになります。

 

 

だからこそ、自分のような営業マン向きではない人間が、営業を楽しめているのだと思うと同時に、皆さまに感謝でしかありません。

 

 

改めて、有難うございます。

 

 

 

 

そんな営業と経営の経験を通して学んだのは、

 

大人数に働きかけるよりも、1対1での対話のほうが確実に面白いし、湧いてくるものがあります。

 

 

なぜなら、その人の「人となり」が見えてくるからです。

 

 

「この人が湧いてくるスイッチはどこかな?」

「この人の素晴らしい人格はどんな経験の積み重ねから出来たのだろう?」

「この人は人生の何に重きをおいているのか?」

「この人が前のめりになるコトって何だろう?」

 

無意識レベルですが、ついついそんなコトを考えてしまいます。

そして対話を重ねるごとにそれらが見えてくる。

 

で、その話で盛り上がれた時がむちゃくちゃ面白いんです。

 

 

お互いのほんとうの奥底の部分をさらけ出し合いぶつけ合う。

 

1対1の対話には、そんな魅力があります。

 

 

だから、表面的な人、クールに見える人ほどそこをつぶしていきたくなるのです^^

 

 

実はこれ、結構お客さんの中でも数名いらっしゃって、、、噛めばスルメ的な。

 

 

そんな人は人生経験が豊富で、何かしらの問題意識を持って日々を生きているし、成長欲もすごい。

 

で、ギャップも凄まじい(笑)

 

さらに学ぶコトが多すぎる!!

 

 

正直こういう類の人の真似をしたくても真似できるものではありません。

 

 

 

そんな「あの人と対話したい!」と思わされるような魅力的な人が周りにはたくさんいて、これもまた恵まれているので感謝でしかありません。

 

 

 

「あの人と対話したい!」と思わせる人って、営業マンの場合は絶対にトップセールスの人なんです。

 

不思議ですが、、、これも人間力なんでしょう。

 

 

誰も愚痴を言う人やマイナスの言葉ばかりを言う人とは話したくないですもんね。

 

 

僕もそういう人とは極力関わらないようにしています。

 

 

 

最終的に、対話したいと思わせた者勝ち。

 

言わばプラスのエネルギーを出す人。

 

 

プラスの人とプラスの話をすれば、何でもできる気にしかなりませんし、決めたコトはどんどん行動に移しては改善していくので、成長スピードもはやい。

 

 

つまり、マイナス発言の多い人は、他責にするクセがついてしまっているので、笑い話的な要素の面白い話は出来ても、人間的に成長しあえるような話は出来ません。

 

 

プラスの人とプラスの対話をする。

 

 

自分の居場所がたくさんあるような、

まさに自分オリジナルのテーマパークをどこにでも築ける人(コミュニティーをつくる人)が勝てる時代。

 

 

 

僕はそれが自らできずに悶々している人や、

やり方がわからない人達の後押しや活躍できる場をみんなと一緒につくっていく。

 

 

そのための1対1。

 

 

この力は侮れません。

小林 大地さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス