笑われてもバカにされても追及する~自分を信じる~ | 大きな風穴をあけ旧きを撃つ!車業界に新風を巻き起こす異端児のブログ

大きな風穴をあけ旧きを撃つ!車業界に新風を巻き起こす異端児のブログ

株式会社アースライト 欧州車専門店「フロンティア・コバヤシ」の社長ブログ


テーマ:

 

「何をしたいの?」

「どこを目指してるの?」

 

 

と聞かれるのも、最近では珍しくもなんともありませんが、未だによく聞かれる小林です。

 

 

 

確かに僕の表現力は乏しいので、

自分を客観的に見ても、表現がヘタクソで損するタイプだな~と思います。

 

 

まぁそれも個性というコトで(笑)

 

 

器用ではないので。

 

 

 

そろそろ車屋としても、単なる小売・修理する店舗から脱却せねば、、

 

という思いと、

 

それが会社レベルだとなかなか難しい現実問題にぶつかり、葛藤の日々を送っております。

 

 

 

というのも、2年ほど前までのやり方をすればスグに売上も利益もあがります。

 

「経営者」として認められやすいやり方ですね。

 

 

しかし、自分的にはそれらはホンモノではないし、求めているモノではないんです。

 

 

かと言って、今のやり方だと成果が出るまで時間を要します。

 

だから認められにくく、発信したところで影響力がありません。

 

 

「何でそんなやり方で、、」

「従来のやり方のほうがよくない?」

「とりあえず今は売り上げ追いかけたほうがよくないですか?」

 

 

と言われるコトもしばしば。

小バカにされるコトも珍しくありません。

 

 

ちなみに万人に認められたいワケではなく、ビジョン実現に向けての同志がほしいので、そのための実績がほしいのです。

 

 

で、1番大切なコトは、周りの人(お客様や仲間)を幸せにすることで自分も幸せになるコト。

なので今一度基本に返り、今朝も代車の見直しや業務の見直しなどを話し合いました。

 

イチからキッチリと改善していきます。

そこがすべてなので。

 

 

 

もちろん至らない点は多々あると思うので、お客様目線からのアドバイスなどをいただければ喜びます^^

 

 

 

これからは広告ゼロで伸ばし続けられる人(企業)こそがホンモノであり、生きた売り上げになっていくと信じています。

 

 

常に広告に頼り、新規を追い求め続けて利益率だけを上げるのは、顧客満足にはならず、スタッフに無理をさせるコトになり、結果的に皆が疲弊します。

 

 

それが嫌になった2年前。

 

 

人が1番信用できないけれど、人を1番信用したいし、最後はやっぱり人との間に生き甲斐を感じるので。

 

 

 

 

バカだとか言われようが、関係ありません。

とにかく今は、自分が信じているモノを貫いていきます。

 

 

アツい思いを持って仕事を始めた人は多くても、

お金の問題や業界の旧く悪しき慣習など常識という非常識につかまり、思いを実現するコトが難しくて、現実社会につかまり、目の前の生活を優先させてしまわなければならないために志半ばで断念してしまう人は多いと思います。

 

 

そんな思いを持つ人たちの力になりたいし、そういう人たちがイキイキと生きるための社会づくりが自分のミッションだとも思っているので必ずやります。

 

 

だからこそ、皆さまのご意見をお願いします。

 

 

 

しかし、中々成果が出ないと言いながらも、

本日は嬉しいコトに、先週と一昨日ご注文いただいていたお車を仕入れるコトができました!!

 

 

・レンジローバーイヴォーク

・エブリイワゴン

・ハイゼットトラック

 

 

の計3台が今週末には入庫されます☆

 

 

皆さま、今しばらくお待ちください!!

 

 

 

さらにお客様の中からも、フロンティア・コバヤシコミュニティーのご提案をくださる方が出てきてくださりスッゴク有り難い!!

 

 

単なる車好きコミュニティーとは違うので、楽しみ過ぎます(^^)♪

 

 

 

 

 

有難うございます☆

 

 

 

あ、あと昨日のブログをご覧になり、さっそくご連絡くださった方々、有難うございます^^

 

 

気軽にガッツリサクッと語りましょ♪

 

 

 

問いを立てて生活している人ほど逆転の発想を生みます。

 

そこに氣づくチャンスにもなるので、ともに楽しみましょ♪

 

 

 

 

今日も感謝です。

小林 大地さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス