他人の目が気になりますか?~縮小します!!~ | 大きな風穴をあけ旧きを撃つ!車業界に新風を巻き起こす異端児のブログ

大きな風穴をあけ旧きを撃つ!車業界に新風を巻き起こす異端児のブログ

株式会社アースライト 欧州車専門店「フロンティア・コバヤシ」の社長ブログ


テーマ:

 

ときどき、

 

「小林さんは好きなコト出来ていいよねー」

 

とか、

 

「社長という人たちはお金を持ってるからそんな事が言えるんだよ」

 

と言った事を言われることがあります。

 

 

 

確かに好きなコトをさせてもらえているのも事実ですし、ほんとうに有り難いです。

 

それもこれも、周りの人たちがいてくれているから出来ているので、感謝しかありません。

 

 

 

しかし、「思われてるほどお金なんて持ってねえよ」と言いたい。

それに、お金を稼ぐ以上にやる事があるから。

 

 

 

「好きなコト出来ている」とか、「お金持ってるから」とか、

一体何をもってそう言ってるんだ、と思う。

 

 

今の自分が歩いている道を選んだのは、そんなことを言ってるアナタ自身であるワケで。

 

 

 

 

そんなのやりたい事があるならやればいいだけだし、都合よく出来ない理由を考えてるだけ。

 

 

 

お金がないとか、

ツテがないとか、

時間がないとか、

経験がないとか、

もう若くないとか、

 

 

本気でやりたいことや、なりたい自分像があるなら、どうにかしたら出来るハズだしやれるハズ。

 

 

どうしても出来ない環境があるにしても、その環境下でも何かしらやり様はあるハズです。

 

 

 

 

「あなたは恵まれているけど自分は恵まれていない」と決めつけるコト自体謎だし、

一体何をもって「お金持ち」なのかを知りたい。

 

 

そこで出てくる疑問が、「お金とは何ですか?」だ。

 

 

その人にとってのお金の定義を教えてほしい。

 

 

 

 

結局のところそういう人は、

矢印を外側に向けたり、誰か他人と比較して悩みつくったりしてるコトが多い。

 

 

以前、中村さんのお話でもあったけど、

 

「人間の大半の悩みとは、他人との比較で生まれる」と。

 

 

「何であの人の会社は上手くいってるのに自分のところはダメなんだ」

「○○さん宅の子どもは賢いのに、何でウチの子はこんなに出来が悪いんだ」

「あいつはスポーツも勉強もできるのに、どうして俺には無理なんだ」

 

 

といった具合の、他人との比較。

 

 

矢印を外に向けたりするコトや他人との比較は、

僕自身がそうだった過去があるので偉そうに言えないけど、

自分がそうだったからこそ言えることでもあると思っています。

 

 

 

結局のところ他人と比べたところで何も生まれないし、何より自分自身が自分を生きてない。

 

自分の人生、自分を生きないと勿体無いと思う。

 

 

周りの目を気にしたり、

噂話が恐かったり、

社会からの評価にビクビクしたり、

 

 

どーでもいいでしょ!ってコト。

 

 

 

「何のために働いてるのか?」

「何のために生きてるのか?」

「この○○という活動を通してどうなりたいのか?」

 

 

 

その目的の先にある目的を高め続ける人生を生きる。

 

僕はそうでありたい。

 

 

 

お金にとらわれた社会、

他者評価にとらわれた社会に左右されるのはもういいかな、と。

 

「やりたいことをやりたい人とやる」というほうが、目的の目的を高め続けられるし、自然と磨かれる気がします。

 

 

ですので、

 

車屋としては、どんどん縮小させていきます。

 

ちなみに、車屋が嫌になったというワケではないですので。笑

(たまに誤解されますが)

 

 

在り方を変えるというものです。

 

 

 

 

在庫も一昨年の半分には減ったものの、まだまだ減らします。

 

縮小するというとネガティブにとらえられるのですが、

それは「縮小」というモノが「衰退」とか「上手くいっていない」という風なイメージが多いからでしょう。

 

むしろ逆で、昨年売上は少し落ちたものの、

有り難いことにご注文車が増え、年間販売台数の9割近くをご注文車が占めており、新規開拓をしなくても良いくらいになっています。ですので、今の目の前の顧客様に全力を尽くしていくことに皆で注力します。

 

 

 

大切な仲間とお客様とともに、車の仕事を通してハッピーを共創していくことがフロンティア・コバヤシの使命でもありますし、目指すところでもあります。

 

 

人生一度キリだからこそ、

やりたいコトとやるべきコトをやりたい人たちとともに徹底的にド真剣に。

 

 

 

 

小林 大地さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス