名古屋 fiveStarsのブログ

名古屋でfiveStarsというお店をやってる人のブログです。
良いと思ったCDを紹介したり日常書いています。


テーマ:

 

 

“変わります"

 

 

 

それを口に出して誰かに告げる事は

ちょっと勇気がいると思うんだ

 

 

 

それがそれまでを共にしてきた愛する人の前であれば尚更

 

 

 

“変わる"という言葉は受け止める人によって、形を変えてしまうところがあって

 

 

 

その言葉に希望を持って放ったとしても、受け止める人に不安を与えるかもしれないし

 

 

 

 

 

例えば、共に歩んできた恋人や友人に

ある日突然、明日から”変わります"と言われたら

ちょっと不安に思う人もいるかもしれない

 

 

 

でもDOGは

それを心を通わせてきたファンの前で宣言した

それまで愛し合い心を通わせてきた大切なファンの前で

 

 

 

 

 

 

今、アルバム「HEART」を聴きながらそれをずっと考えてる

 

 

 

 

 

 

少し前に春さんは「言葉をもっと伝えたい」と言った

 

 

 

 

 

伝わるよ、春さん

 

 

 

 

 

 

春さんの言葉のひとつ、ひとつが

 

 

 

 

 

準々さん、ミズキさん、メイさん、緩菜さんが奏でるメロディと共にDOGが聴く人と共に共有しようとしている”愛”が心を震わせるよ

 

 

 

 

 

 

僕は馬鹿だった

 

 

 

ほんの一瞬でもDOGが放った

"変わります”という言葉に不安を持ってしまったことを恥じるよ

 

 

 

 

 

そうだね

 

 

 

 

誰よりもそれまでDOGを愛してきた人ならわかってたよね

 

 

 

 

 

何よりも、DOGの5人を信じてるんだ

 

 

 

 

 

深い愛で、心が繋がっているからこそ、言えたんだね

 

 

 

 

 

一緒なんだね

 

いつもDOGとファンは

 

 

 

 

 

すぐ近くにいるんだ

 

 

 

嬉しい時も悲しい時もいつだって繋がっているんだ

 

 

 

 

 

 

 

音楽とは何か

 

 

 

愛とは何か

 

 

 

自身の存在とは何か

 

 

 

 

DOG inTheパラレルワールドオーケストラとは何か

 

 

 

 

DOGは旅を続けるんだ

 

 

 

 

“愛を繋ぐ”ために

 

 

 

 

“次の夜明けを迎える為に"

 

 

 

 

“今でも 心に残ってる

この確かな痛み

その全てを連れて

此処から また進む”ために

 

 

 

心を重ね合わせる幸せを

愛を伝える素晴らしさを

人を愛する大切さを

 

ありがとうだね

 

 

DOGはいつも思い出させてくれる

 

 

 

 

DOG inTheパラレルワールドオーケストラのファンは幸せだな

 

 

 

 

ねぇまだDOGを知らない人がいるなら、何も考えずにこの”愛"に触れようよ

 

 

 

 

最初は少し照れくさいかもしれないけど大丈夫

 

 

 

 

何もいらないんだ

 

 

 

「優しさに触れたい」

 

 

 

「笑顔になりたい」

 

 

 

その素直な気持ちだけで触れてみたらきっと“愛”を感じられるよ

 

 

 手を繋ごう



心で繋がろう


 

僕も出来ることなら、これからもDOG inTheパラレルワールドオーケストラの傍にいたいと願うよ

 

 

 

 

 

 

素敵な宝物だよ

アルバム「HEART」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

注釈:正直に感じたことを書く為に本文中に春さんの歌詞を引用させていただいています。ごめんなさい。





project『Love』ファイナルシーズン

『THE LOVE』

9月9日(土)Zepp DiverCity
開場 16:30 / 開演 17:00


【チケット料金】
スタンディング ¥5,000(D別)


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
 
REIGN 
2017年 Release 3部作の第一弾『GRAY』が凄く良い。
 
 
 
「Weather of Death」で幕が開ける4人になったREIGNの新たな世界。
この幕開けを待ち望んだ人の期待を遥かに越えるバラエティに富んだ楽曲達。
否が応でもこの期待は止められない。
 
 
 
 
 
 
「Weather of Death」で高められたワクワク感からREIGNの持ち味であるダークポップの要素をさらに進化させた「Ghost labyrinth」でどんどんREIGNの世界に引き込まれていく。
いやこの場合、引き込まれるというよりは自らその扉を開けたくなる。
その扉の向こう側を覗きたくなるという表現の方が正しいかもしれない。
 
決して覗いてはいけないと言われたら、どうしても覗かないと気が済まなくなるみたいな感情だ。
こうなったらここで止まるわけにはいかない。さらに先を覗きたくなるのが人間ってもんです!
 
 
 
さぁここから始まりだ!!
 
 
 
 
 
(↓ここからはご自身がパレードを観ているような又はその一員となったようなテンションで少し高めのテンションで読んでみてください)
 
 
 
続くメロディアスなサビが印象的な「蜉蝣」。
テンションが上がっていく!
 
 
"まだまたこんなもんじゃないぜ"
 
と言わんばかりに挑発しながら畳掛けるロックナンバー「CALENDULA」。
どちらも激しさとポップさが同居した楽曲でありながら郁磨さんの書く切ない歌詞が印象的な楽曲だ。
 
ここまで来たらあとはREIGNの奏でるリズムに身を任せるだけだ。
続く「Two of a kind」はリズミカルが楽曲に"ここまできたらこっちのもの"と不適な笑みでほくそ笑む(想像)郁磨さんの言葉遊びに身体を揺らそう。
この言葉選びのセンスもREIGNの魅力のひとつだ!
 
 
そしてこの作品の最後を締めくくるのは
 
"やっぱり最後は暴れようぜ!"と郁磨さんの煽りが聴こえて来そうな
「ROCK KNOCK」!
そこにいるオーディエンスも"当たり前でしょ!”と満面の笑顔で応える姿を想像してニヤニヤしてしまう。
 
 
 
どう考えてもここで終われない!
どう考えてもまだREIGNが奏でる悪魔のパレードの続きが観たい!
 
 
 
やらしいぜ!
REIGN!
 
 
どう考えても3部作が気になるじゃない!
こんな楽しいパレードの途中で帰れるわけない!
 
 
 
あ!
そうだ!
REIGNのライブにいこう!
悪魔のパレードの幕開けだ!
 
 
 
 
というわけで、2017年fiveStarsは引き続き、REIGNを激推ししていきます。
この際、fiveStarsで買ってくださいとも言いませんのでお近くのCD屋さんで手に取ってください!
 
 
 
 
1st Mini Album
「GRAY」
NOW ON SALE!
■初回限定盤(S.D.R-308-A)
CD6曲+DVD ¥2,800-(tax out)
1.Weather of Death
2.Ghost labyrinth
3.蜉蝣
4.CALENDULA
5.Two of a kind
6.ROCK KNOCK
《DVD》
「Ghost labyrinth」MUSIC CLIP+OFF SHOT

■通常盤(S.D.R-308-B)
CD6曲 ¥2,500-(tax out)
1.Weather of Death
2.Ghost labyrinth
3.蜉蝣
4.CALENDULA
5.Two of a kind
6.ROCK KNOCK 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 
 
 
 
人は帰る場所が必要だ
 
 
 
帰る場所が無いのは辛い
 
 
人生をいう旅路の中で私たちはふとした瞬間、帰る故郷を思い出し、帰る場所があるから頑張れることも多い
 
 
DaizyStripperは多くの人のそれだ
 
 
 
それは僕にとっても
 
 
 
それを10周年を迎える今年、アルバム「HOME」という形でそれをもう一度、示してくれた
 
 
 
以前、僕はメンバーの皆さんにDaizyStripperとトレゾアの皆さんとの関係性が凄く好きだと言ったことがある
 
 
その理由がこのアルバムに全て詰め込まれている
 
 
ただ与えるだけでもなく
ただ奪うだけでもない
 
 
支え合うということ
 
 
 
 
 
これだけ沢山の人が生きている世の中で
例えば雑踏の中でひとり泣いている人がいたとして
 
 
私たちは目を反らすことがいくらでも出来る
 
 
誰も責めない
 
 
誰も気にしない
 
 
見て見ぬふりなんてなんの罪でもない世の中だ
 
 
 
 
でもDaizyStripperは違う
 
 
 
"ねぇどうして 君は涙してるんだろうか"
 
 
 
 
彼らはそう問いかけてくれる
 
 
 
そして唄ってくれる
 
 
 
隣りで笑ってくれる
 
 
 
手を引いて連れっててくれる
 
 
 
お帰りなさいと迎えてくれる
 
 
 
 
 
 
そしていつだって大切な言葉を残してくれる
 
 
"ねぇもし君が絶望の淵に立っても
まだ終わりじゃない 明日はもっと良い日になる"
 
 
 
僕は今日もまたDaizyに救われた
 
 
 
 
最後に
 
 
 
 
 
いつも一緒にいなくてもDaizyStripperは僕にとって"HOME"です。
DaizyStripperを心から愛しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

The Benjaminのアルバム「BEGIN」はこれまでと、これからの間に聴く(効く)アルバムです。

 

 

 

それはつまり、日常であり永遠です。

 

 

 

振り返る過去とまだ見ぬ未来との間にある大切なこととは。

 

 

 

その答えがこのアルバムの中に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1st Album

BEGIN

2017.02.08(Wed) Bloom!!

 

●ブリティッシュなサウンドでオリジナルティ溢れる音楽を追究しているThe Benjaminが待望の1stアルバム「BEGIN」を20172月にリリース決定!!
いつでも今日が始まり”という意味を込めたタイトル。リスナーが日々生きてゆく上で必ず必要なアルバムになること間違いなし!
ライブでの人気曲「ベイクドチーズ」「バスストップ」「BATTLE FEVER」などを含め書き下ろし曲もたっぷりの1stアルバム!

品番:BDBX-0040

タイトル:BEGIN

アーティスト:The Benjamin

形態:アルバム

発売日:2017.2.8

値段:3,000(TAXOUT)

 

収録曲:

1.BEGIN -不幸のドン底から奇跡の大逆転の始まり-

2.ブラシ

3.バスタオル

4.ブロックショット

5.ベイクドチーズ

6.ベーゼ

7.Brick

8.BATTLE FEVER

9.ブーメラン

10.バッチグー!

11.バスストップ

12.バトンタッチ

 

発売元:BadeggBox

販売元:BM.3発売元:BadeggBox / 販売元:BM.3

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

終わってしまったものに

 

 

"また"

 

 

と求めるのが嫌い

 

 

 

一度、離れてしまったものに

 

 

 

"もう一度”なんて言わない

 

 

 

そんな強さを持っていたい

 

 

 

前を向けなくても

 

 

 

次に進めなくても

 

 

 

立ち止まったままでも

 

 

 

”会いたい”と言わない強さを

 

 

 

ひとりでいられる強さを

 

 

 

その人がもうここにいないことを受け入れられる強さを

 

 

 

求めない強さを

 

 

 

その"ラストシーン"はもう過ぎ去って、新しい時を刻み始めていることを知る強さを持っていたい

 

 

 

 

 

 

 

 

SCAPEGOAT「ラストシーン」に収録されている「ハルカ・モノクロ」は誰もが持っているそんな人間の弱さと本当が歌われたラブソング

 

 

 

曲中、何度も繰り返される"会いたい”と言う言葉が

強がって張りつめた感情が締め付けられる

 

 

 

 

 

 

 

本当は

 

 

 

もう一度 "会いたい”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:



幸せとは



そんなことを考えること自体が意味の無いことなのかもしれない



ずっとそんな答えの無いようなことを気がつけば考えている



そんなことを考えれば考えるほど、その答えは身近にあるような気がするし、突き詰めればとても遥か遠い先にあるような気もする



大切にしていたものを失った時


幸せがわからなくなる


幸せを間違えたと思う時がある


もう一度、考えようと思った



だから「CLOSE TO HAPPINESS」を封印しようと思った



出ていただけるバンドさんには何の関係もありません



とてもとても個人的な問題



私情を挟むなと言われるかもしれない
すみません
でも僕も人間なので




当日は思いっきり楽しみたいな




全てを忘れて、素晴らしいアーティストとお客さんと一緒に音楽に浸かりたい



そしたら解るかもしれない




教えてくれるかもしれない
出演してくれるバンドが
来場してくれるお客さんの笑顔が



幸せについて教えてくれるかもしれない




2016年12月29日
「CLOSE TO HAPPINESS FINAL」




僕も皆さんと同じように音楽に救われています




この日、素晴らしい音楽が、沢山の笑顔が多くの人を幸せにしますように




2016年最後のイベントライブ




出し切りましょう



ご来場お待ちしてます





































いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
"不完全"


僕にとってこの言葉は愛おしい言葉である


"不完全"


"完全"でないその様子は何とも言えない愛おしさと共に今への宣戦布告ともとれる激情を感じる


一番の勇気は自らを見つめ"不完全"を受け入れ今を生き、未来へと進むことかもしれない



私たちはあらゆる面で"不完全"である



この世界はあらゆる面で"不完全"である



その"不完全"から私たちは"完全”を成し遂げられるのだろうか



またその必要性はどれぐらいあるのだろう



Chantyの「不完全な音楽」を初めて聴いた時、本当に鳥肌が立った


自分の中の感情が外に一気に溢れ出した


このアルバムはChantyの衝動だ


緻密に時間をかけて作る音楽もいい


でもこんな風に感情のまま搔き鳴らす、吐き出すような音楽はもっと人の心を揺さぶる

頭掻きむしって魂のまま吐き出した芥さんの言葉はただただロマンチックなだけのラブソングよりも深く人々の心に滲みる



息苦しいこの世界で、我慢して我慢して我慢していても、不意に許されたと思った瞬間溢れる涙を止められなかったことが誰にでもきっとある

絶望的に一頻り泣いた後のその人の瞳は出来れば綺麗で、そこから踏み出した一歩が力強いものであって欲しいとも思う





"不完全"であることはなんて愛おしいんだろう




そしてこのアルバム「不完全な音楽」は多くの人にとって愛おしい作品になるだろう






世の中の知らねぇ奴らは無責任に言うんだ
「ただ前向きであれ」って






うるせーよ、ばーか





そんな夜があっていいよね




僕個人的には例えるならこのアルバムは
傷口をエグってその中にある膿をぐちゅぐちゅに吸い出して最後に絆創膏貼って、ベッドまで連れてって"おやすみ"って寝かせてくれるような最高に美しく優しいアルバムです





Chanty
1stMiniAlbum「不完全な音楽」発売中

初回限定盤
CD+DVD
MNPK-011
¥2,500(税別)
CD
1.【3.0.17】
2.滅菌、消毒、絆創膏。
3.今夜未明
4.ねたましい
5.世界に見捨てられてもきっと音は鳴り止まない
DVD
2016.04.29 TOKYO FMホール「桜舞い散る木の下でキミが待ってるワンマンツアー」ライヴ映像
1.やんなっちゃう
2.貴方だけを壊して飾ってみたい
3.m.o.b.


通常盤
CD
MNPK-012
¥2,200(税別)
CD
1.ねたましい
2.今夜未明
3.無限ループ
4.滅菌、消毒、絆創膏。
5.世界に見捨てられてもきっと音は鳴り止まない

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

人間は時々、被害者になり、加害者にもなる


誰かを傷つけて、誰かに傷つけられて


どちらも深く、深く心に刻まれたままずっと残る


沢山誰かを愛して
沢山誰かを恨んで

沢山怒って
沢山泣いて



それでも自分の心に深く刻まれたそれは、トラウマになって人生が終わるまできっと残るんだ



それでも毎日のように加害者になり、被害者にもなり続ける日々は続いて身勝手と分かっていながら寄り添える人を探したり




被害者にも
加害者にも
本当はどちらにもなりたくないんだ



人を愛し、愛されたいだけなのに
 
 




以下、SCAPEGOAT「告白_時々、雨」より引用させて頂きました




愛なんて知らない
無償の優しさって?
誰かの為?良い子振ったりもして
上手く笑えない
幸せってよく分からないし
愛を知って 眠りたいの








いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
fiveStarsが発行しているフリーペーパー「FIVESTARS MAGAZINE」がプロデュースする初のコンセプトライブイベントツアーが決定!

4公演がそれぞれBLACK DAYとRED DAYに別れ、それぞれのコンセプトカラーをもとに特別なライブイベントを開催!
さらに各出演バンドもそれぞれのカラーをテーマに各日特別なコンセプトでこのライブを楽しんでくれます!
毎回のライブが皆さんに特別であるように、このツアーでもさらに特別な日をお過ごしください!




FIVESTARS MAGAZINE produce LIVE「赤と黒」名古屋公演 (BLACK DAY)
開催日:2016年10月1日(土)
OPEN/START:16:00/16:30
会場:NAGOYA HOLIDAY NEXT
出演:ギャロ / 黒百合と影 / SAVAGE / シェルミィ / VIVALET / MeteoroiD / メリーバッドエンド / MORRIGAN
Ticket:前売3500円(税込/D別)/当日4000円(税込/D別)
主催/企画:fiveStars

主催者チケット先行発売(A.001~):7月16日(土) 正午より7月31日(日)20:00までfiveStarsホームページ上にてチケット先行予約受付!*入金締め切り:8月2日(火)
先行チケットのみSPECIAL BLACK TICKET仕様!

一般発売:(B.001~):8月20日(土)よりイープラスにて一般発売
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002194690P0030001





FIVESTARS MAGAZINE produce LIVE「赤と黒」大阪公演 (RED DAY)
開催日:2016年10月2日(日)
OPEN/START:15:30/16:00
会場:心斎橋DROP
出演:ギャロ / 黒百合と影 / SAVAGE / シェルミィ / シビレバシル / VIVALET / MeteoroiD / MORRIGAN
Ticket:前売3500円(税込/D別)/当日4000円(税込/D別)
主催/企画:fiveStars

主催者チケット先行発売(A.001~):7月16日(土) 正午より7月31日(日)20:00までfiveStarsホームページ上にてチケット先行予約受付!*入金締め切り:8月2日(火)
先行チケットのみSPECIAL RED TICKET仕様!

一般発売:(B.001~):8月20日(土)よりイープラスにて一般発売
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002194683P0050001P006001P0030001





FIVESTARS MAGAZINE produce LIVE「赤と黒」東京公演 (BLACK DAY)
開催日:2016年10月9日(日)
OPEN/START:16:00/16:30
会場:SHIBUYA-REX
出演:ギャロ / 黒百合と影 / SAVAGE / シビレバシル / スタア区。 / ぞんび / レイヴ / REIGN
Ticket:前売3500円(税込/D別)/当日4000円(税込/D別)
主催/企画:fiveStars

主催者チケット先行発売(A.001~):7月16日(土) 正午より7月31日(日)20:00までfiveStarsホームページ上にてチケット先行予約受付!*入金締め切り:8月2日(火)
先行チケットのみSPECIAL BLACK TICKET仕様!

一般発売:(B.001~):8月20日(土)よりイープラスにて一般発売
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002194743P0030001





FIVESTARS MAGAZINE produce LIVE「赤と黒」東京公演 (RED DAY)
開催日:2016年10月10日(月祝)
OPEN/START:15:30/16:00
会場:SHIBUYA-REX
出演:ギャロ / 黒百合と影 / シビレバシル / スタア区。 / バラライカ / MeteoroiD / MORRIGAN / レイヴ
Ticket:前売3500円(税込/D別)/当日4000円(税込/D別)
主催/企画:fiveStars
主催者チケット先行発売(A.001~):7月16日(土) 正午より7月31日(日)20:00までfiveStarsホームページ上にてチケット先行予約受付!*入金締め切り:8月2日(火)
先行チケットのみSPECIAL RED TICKET仕様!

一般発売:(B.001~):8月20日(土)よりイープラスにて一般発売
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002194744P0030001





201610banner
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
「夜明け」が誰にとっても希望に満ちた時間であると思うことは間違いだ。



夜の過ごし方は人それぞれで



夢の中の景色もまた皆、違う。




早く明けて欲しいと思う夜も

眠れないまま迎える朝も

このまま明けて欲しくないという願いも

醒めないで欲しいと思う夢も



どちらにせよ、その願いは届かない。



あなたにとって


夜明けとは


始まり?


それとも


終わり?




例えば
その"夜明け"が何かの終わるを告げるものだったとしても





”恐れずにいて”





そう言って導いてくれる Moran がいる。




やがて訪れるその日まで、”見てて”と言ってくれる彼らを、僕はしっかり見ていようと思った。


終わるものと残るものとを眩しい光の中でしっかりと見極めようと思った。

最大の偏愛を胸に抱いて。







Last Single「夜明けを前に」ON SALE
1.幸福についての尺度(Lyric:Hitomi Music:Soan)
2.Reverse(Lyric:Hitomi Music:Sizna)
3.夜明けを前に(Lyric:Hitomi Music:Soan)
4.the scent of dreams(Music:Moran)
[特典] Hitomiさんによる未発表書き下ろし “詩” 掲載 ポートレート&コメントDVD





全国Last Oneman Tour「愛しきその血に永遠を紐解く方程式を夢む」
※明日6月13日より一般発売開始
7.05(sun)新横浜NEW SIDE BEACH! !~Ivy Birthday~ ※先行発売にてSold out
7.11(sat)高田馬場AREA
7.12(sun)柏PALOOZA
7.18(sat)仙台MACANA
7.20(mon)札幌KRAPS HALL
7.25(sat)さいたま新都心HEAVEN'S ROCK VJ-3
7.26(sun)長野JUNK BOX
8.01(sat)郡山#9
8.02(sun)静岡サナッシュ
8.07(fri)広島並木ジャンクション
8.09(sun)博多DRUM Be-1
8.11(tue)松山サロンキテイ
8.13(thu)高松DIME
8.15(sat)岡山IMAGE
8.16(sun)神戸VARIT.
8.18(tue)京都MUSE
8.20(thu)福井響のホール~Sizna Birthday~ ※先行発売にてSold out
8.22(sat)金沢AZ
8.23(sun)新潟GOLDEN PIGS RED STAGE
9.05(sat)大阪BIGCAT
9.06(sun)名古屋E.L.L

Tour Final
9.21(mon)Zepp DiverCity TOKYO
Moran Last Live「夜明け前、最後の夜に永遠を紐解く方程式を夢む」
開場/16:45 開演/17:30
料金/adv¥4,300(D別)

プレイガイド/
【先行発売】
2015年6月13日(土)0:00~6月21日(日)23:59 イープラス優先
優先詳細URL→http://eplus.jp/moran2015/

【一般発売】
2015年7月4日(土)~
●ローソンチケット 0570-084-004(Lコード:73821)
●イープラス http://eplus.jp

にて発売。

問い合わせ/H.I.P. (tel:03-3475-9999 )


Premium Acoustic Hall Oneman「寡黙の夕べ」開催
9.14(mon)Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
開場/18:00 開演/18:30
料金/adv¥4,500(D別)
7.04日(sat)~下記プレイガイドにて一般発売
●イープラス http://eplus.jp ※お一人様1枚まで
問い合わせ/Mt.RAINIER HALL(tel:03-5459-5050)



fiveStars presents 「CLOSE TO HAPPINESS~約束の場所~」
開催日:2015年9月15日(火)
OPEN/START:15:30 OPEN/16:15 START
出演バンド:Anli Pollicino / ギルド / DaizyStripper / DOG inTheパラレルワールドオーケストラ / HERO / Blu-BiLLioN / Moran / Lycaon (50音順)
会場:名古屋 ダイアモンドホール
Ticket:前売 4,500円(tax in/D別) / 当日 5,000円(tax in/D別)
主催/企画:fiveStars
制作:サンデーフォークプロモーション
お問い合わせ:fiveStars (052-261-7373)

◎fiveStarsチケット先行発売(A.001~)
6月27日(土) 正午から7月12日(日) 19:00までfiveStars HPにてチケット先行予約受付(A.001~)
(入金締め切り:7月15日(水)まで)
http://fivestars-shop.com

◎TANK! The WEB 会員先行(WEB) 2015/07/15 (水)10:00~2015/07/17 (金)23:59(枚数制限:4枚)
◎TANK! The WEB 一般先行先着 2015/07/18(土)10:00~2015/07/24(金)23:59(枚数制限:4枚)
◎ダイレクトセンター 先行 2015/07/18 (土)10:00~2015/07/24 (金)18:00

◎一般発売
7月25日(土)から一般発売開始
・チケットぴあ(Pコード:267-256)
・ローソンチケット(Lコード:48248)
・イープラス (http://eplus.jp)
・THANK! The WEB (http://www.sundayfolk.com)
・ダイレクトセンター(TEL 052-320-9000)
・fiveStars(TEL 052-261-7373)











いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。