小学校と中学校英語の連携 | 聴けない英語は話せない 

聴けない英語は話せない 

体系的な学習で英語力を着実に伸ばす英語トレーニングスクール  5+1English -茅ヶ崎方式英語 武蔵小山校   

学校教育は、詰込み⇒ゆとり⇒揺り戻しを経て、今年からまた内容がまた濃くなっています。これまでは、中学の先生方は、小学校の英語では、「外国語が嫌にならない程度に楽しくやってください。中学に入ったらちゃんと私達が伸ばしますから。」という感じだったそうですが、今年から変わった教科書を見た先生方はみなさん驚いていらっしゃり、小学校からちゃんとやってもらわないと・・・といった感じなのだとか。(そして、初めて知ったのですが、新しい教科書の内容は、出版社のHPなどで半年くらい前から概要は見れるようですが、実際の教科書は先生方もギリギリになるまでわからないそうです。)

 

では、どう変わったのでしょうか。語彙数と文法項目でいうとこんな感じです。

 

語彙数:1200語 ⇒ 1600語~1800語

新たに追加された文法項目:現在完了進行形、仮定法、原型不定詞

 

語彙数でいうと、600語程度の追加、と思われるかも知れませんが、これまで「活動」だった小学校英語が「教科」になり、小学校での必須語彙が0語から700語になっていますので、それを加味すると、中学終了までに習得する語彙は約2500語、つまり、これまでの1200語からは倍になっているわけですね。文法では、仮定法が中学生に入る!私がつまづいたのが仮定法でした。公立の中学の先生方はこれまで仮定法を教えていらっしゃらなかったので、急に大変でしょうね。また、新たな文法項目の追加だけでなく、これまで、be動詞と一般動詞を別々に導入していたものが、中1の最初から一緒に学ぶそうです。どの出版社も、小学校英語からの移行期間として最初の何ユニットはスムーズな移行ができるように小学校の復習をする構成で成り立っているようですが、やはり小学校の段階でしっかり読める、書けるようになっていないと、これだけのボリュームを最初から理解してこなしていくのは難しいのかなと思います。