テストに出る時事キーワード | 英語を好きに、得意に! 

英語を好きに、得意に! 

英会話・英語力を劇的に伸ばすコスパ抜群の英語教室 5+1English -茅ヶ崎方式英語 武蔵小山校   

朝日新聞EduaA (エデュア)11月24日号の学習アドバイザー清水章弘のコーナー、「清水さんが選ぶ テストに出るカモ!時事キーワード」で、これからの入試では時事問題からの出題が増えそうだとありました。予想される出る順ランキング(1位~5位)を見てビックリ!


1位から5位まで、全て、茅ヶ崎英語学習(通称:チガサキ)で学んだものばかりです。正しくは、1位の「吉野氏、ノーベル化学賞」と、5位「囲碁 史上初の10代名人」は、まだ配信されていませんが、これまでも、ノーベル賞や囲碁、将棋関連は必ず教材として取り上げられて来ていますので、今年もまもなく教材になるはずです。

重要キーワードとして挙げられている、軽減税率、ポイント還元、キャッシュレス化政策、パリ協定、国連気候変動サミット、温室効果ガス、ハザードマップ、人工知能・・・ など、全て学習しています。

清水さんのこのコーナーでは、どの教科のテストのことを言っているのかは分かりませんが、当スクールでは、チガサキの教材に加えて、教材に関連したニュースの新聞記事を読むことも課題にしていますので、ニュースの背景や、あなたの考え等を問われても大丈夫(なはず)ですね!

英検準二級相当以上から学べる「時事英語4技能」クラスは、学生さんにもオススメのクラスです。