アンケート結果④「トレーニング開始前のお悩みは?」 | 英語を好きに、得意に! 

英語を好きに、得意に! 

英会話・英語力を劇的に伸ばすコスパ抜群の英語教室 5+1English -茅ヶ崎方式英語 武蔵小山校   

武蔵小山の教室を開講して以来、約1年半が経過しました。そこで、先日、生徒さまアンケートを実施しました。その結果を、ひとつずつ、いくつかご紹介させていただきます。

 

今回は、当教室でトレーニングを始める前の英語学習についての悩みについてお伺いした結果です。

 

Q. 当教室でトレーニングを始める前は、どのようなお悩みがありましたか。

 

・聴き取れない。発話できない。

・スピーキング、リスニング力が上がらない。

・聴き取りや会話ができない。

・英語全般について苦手だったため、学習方法がわからなかった。

・リスニング力が低い。

・文法が弱く、ボキャブラリーが少ない。

・自分の使っている英語が正しいか不安だった。

・料金も高いのに、通ってもなかなか身につかなかった。

・三日坊主が多く、教材がどんどんたまっていき、気が重くなるばかりだった。

・リスニング力がなかった。

・聞こえない、話せない。

・聴き取りができない。語彙力がないからか。

・学習したことをすぐ忘れてしまう。

・話すのが苦手。

 

・・・・・・・・・・

リスニングとスピーキングが苦手という方が多いようです。

 

第二言語習得に効果のある学習方法として、インプットファーストという考え方があります。みなさんの学習方法はインプットファーストですか? 日本にいながら語学を習得するには、踏むべき学習のステップがあります。

 

STEP1 良質のインプットを多く行う

STEP2 たくさん練習をする

STEP3 実践で使う

 

多くの学習者の方は、STEP1はされています。(「多く」されているかどうかは別として) しかし、STEP2を飛ばして、STEP3を行っている人が多いような気がします。外国人と会話をする英会話学校などに通っていながら、なかなか伸びた気がしないと感じる方は、STEP2を全くされていないか、していても量が足らないのではないでしょうか。

 

インプットしたものは、何度も何度も練習をして初めて自分の脳の中の引き出しにしまうことができます。そして、必要なタイミングで、自分の引き出しの中からそれを引き出してくることができるのです。ですが、引き出しに何もないのに無理やり引き出そうとしても何もでてきませんし、苦しいだけではないでしょうか。

 

「インプット無くしてアウトプット無し」とは、英語学習ではよく言われます。

 

さて、そのインプットですが、インプットは、英語のスキルでいうとリーディングとリスニングがありますね。日本の教育では、私達はこれまで、文字情報を読むことでインプットをたくさん行ってきたと思います。でも、ほとんどの生徒さんは、スピーキングができるようになりたい、とおっしゃるのです。あれ?ちょっと考えてみてください。スピーキングというのは、誰かと話をしていて、相手が言ったことを聞いてそれについて対応するということですよね?つまり、スピーキングができるようになるには、インプットはリスニングを多くした方がいいと思いませんか?

 

当トレーニングメニューには、クラスで学んだものを最低100回聴いてきてください、というのがあります。一日15分程度聞いていただければ翌週のクラスまでには100回聴けることになります。しかし、どのくらいの方が100回ちゃんと聴いているのでしょうか。おそらく一割もいないと思います。どうしてもみなさん、文字から覚えようとしてしまいます。文字から入ると忘れるのも早いのですが、長年の学習の習慣というのはなかなかやめられないものなのでしょうね。どうやってもっと多く聴いてくれるようにするか・・・これは私の課題でもあります。

 

・・・・・・・・・・・

お問合せ、ご見学のお申込みは、こちらよりお願いします。

・・・・・・・・・・・

 

アンケート結果①はこちら

(「当スクールでトレーニングを始められてどのくらいですか?」)

アンケート結果②はこちら

(「ほかのスクールやオンラインで学習されたことはありますか?」)

アンケート結果③はこちら

(「ほかのスクールと当教室の違いは何ですか?」)

 

 

(続く)