リスニングファースト チャンク、チャンク、チャンク | 英語を好きに、得意に! 

英語を好きに、得意に! 

英会話・英語力を劇的に伸ばすコスパ抜群の英語教室 5+1English -茅ヶ崎方式英語 武蔵小山校   

英語学習は、「リスニングファースト。チャンク!チャンク!チャンク!」

 

茅ヶ崎方式英語会の新しいキャッチコピーです。チガサキでは、単語を覚えるときも、ただ単に単語だけを覚えるのではなく、チャンク(意味のかたまり)で習得することをとても大切にしています。

 

先日、チガサキの代表と、新しいキャッチは何がいいか、という立ち話をしていた時、代表の方が、「”チャンクが分かれば何でもできる”っていいでしょう?」とおっしゃっいました。確かにその通り!なのですが、う~ん、でも、それって某元国会議員さんのお決まりのフレーズのパクリでは?

 

そこで、私もない知恵を絞って考えてみたのですが、あまり良いものが浮かばず。ふと、以前勤めていた会社のその年のスローガンを思い出しました。それは、ものすごくシンプルに、「スピード!スピード!スピード!」というものでした。そんなお話をしていたところ、あれ?気づいたら、いつのまにかそれが採用されてしまったようです。

 

みなさんは、単語はまだ単語だけで覚えていますか? 単語だけで覚えていると、たとえば、medicine (薬)という単語を習得したとします。でも、「薬を飲む」と言いたいとき、take medicine という意味のかたまりで覚えていないと、drink medicine なんて言ってしまうかも知れません。話せる、書けるは、チャンクのストックの量で決まります。

 

英語学習は、「リスニングファースト。チャンク!チャンク!チャンク!」は、なんだか借り物のようなキャッチではありますが、でもまさにその通りです。

 

ところで、最近は、単語集もチャンクで覚えられるものが増えましたね。私が最初に出会ったチャンクの単語集は、社会人になってすぐだったと記憶していますが、「英単語ピーナツほどおいしいものはない」という単語集でした。英単語を一つで覚えるのではなく、ピーナツのように、意味のかたまりの語の2個イチで覚えるというのが楽しくて夢中で食べた(覚えた)のを記憶しています。

 

うちの高校生さんに聞いても、学校から指定される単語集は、どの学校もチャンク単語集ではないようです。こんなに楽しくて効率よく語彙を増やすことができるのに残念だなぁと思います。単語集をお探しの方は、是非、チャンク単語集を探してみてください。実践ですぐ使える表現ばかりで(普通の単語集が使えないと言っているわけではありませんが)、楽しいですよ。