「プログレス」中2の壁 | 英語を好きに、得意に! 

英語を好きに、得意に! 

英会話・英語力を劇的に伸ばすコスパ抜群の英語教室 5+1English -茅ヶ崎方式英語 武蔵小山校   

以前、中学2年生のお母様から、学校で「プログレス」を使用しているが、全くついていけない。どうすれば良いかというご相談を受けました。

 
「プログレス中2の壁」というやつですね。プログレスを使われているということは、おそらく厳しい中学受験を乗り越えて来られているかと思いますので、勉強をする習慣はしっかりあるお子様なのだと思います。それでもプロクレスにつまづくのですよね。とてもよくわかります。私自身も「プログレス中2の壁」に見事にぶち当たり、英語嫌いになった経験があります。
 
英語を教えていると、こういった「プログレス相談」はよく受けます。以前、どうしてなのかなと考えたことがあるのですが、ついていけなくなる生徒さんの多くは、プログレスで求められる練習量が絶対的に不足しています。これは生徒さん自身の学習量もそうですが、先生がテキストをうまく使いこなせていないこともあるのではないかと思っています。プログレスは、第二言語習得のプロセスに基づいて作られたテキストで、たくさん聴いてたくさん話し、大量に読み、書くのトレーニングをするテキストです。ところが生徒さんの話を聞くと、音源を配られていない学校もあったり、先生は文法と解釈ばかりやるという場合もあります。まず、プログレスに限らず、英語教育で音を使用しないなんて論外です。そして、このテキストは音声から入るテキストです。文法の解説や英文解釈は、リスニングを徹底的に行い、英語の思考回路をしっかり作った「後」にすることが必要です。
 
私が中学一年生の時、文法の説明などほとんど無く、ひたすらネイティブの先生の音を真似して単語を読んだり真似ることをさせられました。英作文のクラスも外国人の先生でした。この先生は日本語が読めないし話せないのに、日本語で書かれた英作文のテキストを何故教えられるのかわかりませんでしが、生徒の書いた英文が英語としてナチュラルかどうか、コロケーションがあっているかどうか徹底的に直されました。日本人の先生もいらっしゃいましたが、基本的に英語の先生はうちの学校の卒業生が多いため、みなさん、プログレスで英語を習った方で、プログレスの使い方をよくご存知のため、まずは解説よりも練習でした。この方法を続けると、難しいことも理屈より体で覚えてしまい、いったん英語の回路が出来るとプログレスにでてくる難しい文法も理解しやすいのですが、練習量が足らずにテキストの内容だけを進めていくと分からないことの方が多くなり、テキストを開くのも嫌になるという負のスパイラルになって来るのだと思います。プログレスは、大量のトレーニングができるようになっていますが、昨年教えた学生さんは、学校ではそれらのトレーニングはほとんどやらずじまいだそうです。つまり、英語の回路ができていないのに難しい文法知識を教えられるのでわからなくなってしまったのですね。(ちなみに、私が英語嫌いになったのは、学習プロセスとは全く異なる理由でした)
 
では、プログレスでいったんつまづいてしまったらどうしたら良いのでしょうか?時間があれば、プログレスの中一に戻り1から「トレーニング」を行うのが一番です。音声教材を使うと、先生がいなくても解答がわかりますので1人でもできなくはありませんが、トレーニングを見てくれるコーチ役の方がいると良いですね。では、時間が無い人はどうすればいいのでしょうか。それでもやはり基礎に戻ることは必要です。ですが、プログレスですと練習量があまりにも多いため、一般的な市販のテキストや問題集で構いません。これを一からやり直します。「一から」やるのは、きちんと取りこぼしなくピースを積み上げていくのも目的ですが、取りこぼしたところを見つけるためでもあります。そして、それがどこか分かったら、そこを重点的に学習します。他の問題集を使っても構いませんし、そこだけプログレスに戻り、プログレスの中のトレーニングメニューをこなしても良いと思います。
 
以上は、いったんつまづいてしまってからの対処法ですが、プログレスはいっん分からなくなると一人で取り戻すのはかなり難しいです。ですから、つまづかないようにする対策として、学校で音源の配布がない場合は、NHKラジオの基礎英語を併用すると良いと思います。ラジオはテキストを買わなくても大丈夫ですが不安な方は買ってください。ラジオ講座は、解説がわかりやすいですし、学習する習慣をつけるのにとても良いですね。また、音源はあるけれど、練習の機会が少ない人は、リピーターを使ってすべてのPracticeをやってみてください。意外に「チャート」を利用した練習をしない方が多いのですが、「チャート」を使った練習は、膨大な練習量をこなすことになりますのでとても良いです。
 
なお、プログレスは、Book 2が難しく感じられると思いますが、それを乗り越えると、Book 3は少し楽になり、Book 4は、さらに易しく感じると思います。Book5、6は、・・・それなりに難しいです。(最近は構成が変わり、Book5で終えるようですね。) 私の高校の先生がみなさん口を揃えておっしゃっていましたが、プログレスをしっかりやっていればわざわざ受験勉強をする必要がありません。どの学年でも先生はそのようにおっしゃっていましたので、私もそれを信じて大学受験は塾にも通わず、問題集も1冊のみしかやりませんでしたが、大丈夫でした。同級生もそうだったと思います。(ただ、プログレスの予習復習は、他をやっている時間的余裕が無いというのも事実ですが。) プログレスBook 2を乗り切ることが出来れば、しっかり力がついてきます。どうかBook 2(中2の壁)を諦めずに、克服する道を探ってみてください。