西宮・夙川の美脚専門整体師 世界に出る!

西宮・夙川の美脚専門整体師 世界に出る!

30歳でソムリエから転職。
美容家・整体師として起業。
倭僑となるべく、倭僑を作るべく、
日本と世界を走り回っています。


テーマ:

こんにちは!

美脚整体師 木村聡仁です。

 

 

私は30歳まで、ソムリエの仕事をしていました。

 

もちろん、日本ソムリエ協会認定の

ソムリエの資格を持っていました。

 

 

昔の私は、資格や知識というものに

妄信的になっている部分がありました。

 

とにかく何かの仕事をする時には

その資格がないとやってはいけないと思っていました。

 

 

 

でも、そんなことないんですね。

 

 

例えば、医者や弁護士など国家資格を除いて、

資格がなくてもその仕事に就けるものは

たくさんあります。

 

整体やエステなども、そうですね。

 

 

もちろん、〜認定○○とか、

何かの資格を持っているということは、

一つの信用の尺度になるとは思います。

 

 

でも、その資格を持っていることと、

誰かの役に立っているかどうか、

誰かに感動を与えられているかどうかは

別なんですよね。

 

また、

 

世界で仕事をしていると、

日本で取得した資格なんて

何の役にも立たないこともわかります。

 

 

 

私がそういう考えになったのは、

まだソムリエとして働く30歳の時でした。

 

とある飲み屋さんに行った時に、

めちゃくちゃお客さんから好かれてて、

ワインの知識もある店主の方がいたんですね。

 

ものすごくワインと料理の合わせ方も上手で、

当然ベテランソムリエなのだろうと思って、

 

「ソムリエの資格を取ってから何年ですか?」

 

と聞いたんです。

 

 

そしたら、

 

「私はソムリエ資格を持ってませんよ」

 

と言うのです。

 

 

資格第一主義だった私にとっては、

衝撃的でした。

 

 

資格ないのに、こんなにお客さん喜ばせられるの?って。

 

 

 

確かに資格や知識って、

持ってるに越したことはありません。

 

でもそれが、人の役に立ってなかったり、

価値を生み出せてないことって結構あります。」

 

資格マニア、知識マニアみたいな人たち、

たくさんいますよね。

 

 

 

それよりも、たとえ資格を持ってなくても、

お客さんを感動させたり、救うことができたり、

悩みを解決したりできる人の方がすごいと思います。

 

極端に言うなら、ブラックジャックみたいな笑

 

 

 

 

 

私は、美容と整体の業界で、

そんな人を世界中に作ります。

 

壮大なプロジェクトです。

 

 

 

最後まで呼んでくださって

ありがとうございました。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス