トレーナーは縁と運 | ピラティスルーム・フィットネスプロジェクトA:動きのボディワークおしごと日記

ピラティスルーム・フィットネスプロジェクトA:動きのボディワークおしごと日記

ピラティスにフェルデンクライス。パーソナルトレーナーとも、フィットネスインストラクターとも申します。広島市内でピラティス中心のパーソナルトレーニングのコンディショニングルームを開設しています


テーマ:

DSC_0133.JPG

一昨晩から久しぶりに低周波鍼施術、パルスをつかて大腿前面や前脛骨筋を緩めています。

 

骨盤代わりの圧がかなり高まってしまったようで

左右の梨状筋がパンパン。

 

特に左が酷く大腿二頭筋も明らかに滑走が悪い。

 

画層の機械がオームパルサーです。

ほぐしたいところに鍼をして、その鍼に低周波を流して血流をアップさせるというもの。

 

特に前脛骨筋には効果大。

 

 

しかし、こうなったら・・・と

 

お世話になっている鍼灸師さんにメールして

予約のお願いをしてみました。

 

なんとチームに帯同で長期アメリカ出張

帰国は月末とのこと。

 

彼はロンドンオリンピックに鍼灸しとして長距離選手のトレーナーで参加した経験があります。

 

すでに東京オリンピックに向けての活動は始まっていて

オリンピックに関われるトレーナーの顔ぶれも見えているのかも

 

 

こんなに留守されちゃ地元の患者は困っちゃう・・・とか思いそうですが

何しろナイスガイなので、応援側に立っちゃいますね。

 

患者さんを何人か紹介もさせてもらいましたが

100%好印象だし、トレーニングも分かっている。

当然、鍼灸の腕も立つ。

 

 

若手の鍼灸師だったら、まさに憧れの人、憧れのポジションなんでしょうが、本人は至って自然体。

 

そこがまた好評価につながります。

 

どうしたら彼のようなプロセスを歩むことができるのでしょうか。

 

 

お師匠さんにあたる鍼灸師さんが、ゴットハンドだったってのは

大きな要因ではあります。

 

このようなオリンピックに参加するようなトレーナーは

縁が大切なんだそうです。

 

そういえば、昔、先輩に当たるフィットネス指導者が

 

人が上にあがる時は

 

引き上げられて上がる時と

押し上げられて上がる時があるといってました。

 

 

鍼灸院も軌道に乗ってきたし

そろそろアシスタントを入れることも検討しているようで、

 

その構想がまた彼らしく、鹿児島の鍼灸科を併設している大学に知り合いがいるので、一度行ってみて

 

学生たちとたくさん話してみたい・・・とのこと

 

そのような努力をして、これは!という人材を求めたいらしい。

あるいは、この先の活動の方向性を考えるんだろうと思います。

 

必然性のないことはする必要はないと思います。

無理してスタッフを入れたり、仕事を拡張したりしなくてもいい。

 

 

それにしても将来が楽しみな鍼灸師さんです。

 

実は私も1人、鍼灸科の学生さんを紹介していて

彼もその学生さんの名前までひかえてくれたのですが

 

その学生さん、彼のところに訪ねて行ってない。

こういうことが・・・縁と運。

 

自分の人生は自分で切り拓くしかない。

 

 

とにかく月末まで、コリコリの梨状筋をなんとかして

乗り切りたいと思います。

 

今日のバランスボールクラスでポールに座って弾んでいたら

だいぶ好転してきた気がしました。

 

やっぱり指導者がいいと結果も伴うなぁ・・・なんてね♪

 

************************


2つのブログランキングに参加しています。ポチッポチッとクリックをご協力ください。

 

広島ブログ

にほんブログ村 健康ブログ ボディワークへ
にほんブログ村

sayumiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス