私の履歴書 後編(社会人〜ボディデザインコンサルタント編) | 悩める女性のダイエット&くびれ作り専門 麻布十番ボディデザインコンサルタント 比嘉 洋貴

悩める女性のダイエット&くびれ作り専門 麻布十番ボディデザインコンサルタント 比嘉 洋貴

♢♦︎♢独自のダイエット理論と300人以上を理想のカラダへ導いた圧倒的な指導力とパーソナルトレーニングを超えたトータルサービス!♢♦︎♢
悩める女性のダイエット&くびれ作り専門
麻布十番ボディデザインコンサルタント 比嘉 洋貴のBlog。


テーマ:
悩める女性のダイエット&くびれ作り専門
麻布十番ボディデザインコンサルタント比嘉 洋貴(ヒガ ヒロキ)です。
 
 
 
こんばんは!
 
 
 
私の履歴書
 
 
〜後編〜
 
 
社会人時代
関西に本社を置く総合食品商社に入社し、社会人としてのあり方やマナーをしっかりと教えこまれる。
 
ラグビー部出身は私だけで(他は卓球部・野球部等)珍しかったのか、キャラクターなのか本当に皆さんには可愛がって頂いた。
 
今でも皆様に心から感謝しています。
 
総合食品商社ではあったが、主に小麦粉を取り扱っていた。
 
その為、トレーナーで小麦粉についての知識は私の右に出るものはいない。
 
 
主に小麦粉が主力となると得意先はパン屋さんや麺屋さんとなる。
 
 
転勤も何ヶ所も味わった、 
 
①最初は大阪の岸和田市にある営業所
 
②次に京都営業所(二条城付近)
 
最後に1番長く在籍した
③兵庫営業所(明石だこで有名な兵庫県明石市)
 
入社して2年で兵庫営業所に落ちついたのだが、それまでは半年くらいで転々とした。
サラリーマンというものを痛感した時期でもある。
 
当時はそれが旅みたいで楽しかった。
 
実は兵庫県は知る人ぞ知る、パン消費金額で全国1・2を争うパン屋さん(ベーカリー)の激戦区。
 
営業成績を上げる為にはパンを知ることが必須だと思い、私はとことんパンと向き合った。
 
食べる事が好きなため、小麦粉についての知識の飲み込みも早かった。
 
メキメキと知識も増やしていき、飛び込み営業で新規も増やしていった。
 
✳︎ここで少し小麦粉の営業について。
製粉会社は全国に大小合わせて約100社あると言われる。
 
各社小麦を政府から買い付けて製粉にして商社(卸)や小売店に売るという市場になっている。
 
つまり、商社は特約店として製粉会社と契約をむすび、パン屋さんや麺屋さんに小麦粉を売るのである。
 
そして、小麦粉はもとは外国から輸入してきた輸入小麦がほとんど(9割以上)であり、それを各社製粉にするのだが、とんでもない違いはほとんど出ない。
 
皆さんもホームベーカリー等でパンを焼いた事があると思うが、小麦粉にまでごだわっている方が何割いるだろうか?!
 
あくまで原料であり違いが出しにくい為、ライバル各社と価格の大差もつけにくい。
この為、小麦粉の営業はハッキリ言ってとっても難しい。
 
 
最終的には自分(人柄など)を買ってもらわないと新規得意先は獲得できない。
 
 
しかし、私はその市場を自らの手で切り開いた!
 
 
難しいと言われるほど、燃える性格なので新規顧客を洗いざらい徹底的に訪問して、多いときには月に5〜10件新規顧客を獲得した。
 
 
そして、実績も上がってきて社外でも社内でも評価が上がってきた。
 
 
仕事もしっかりとこなしながら、ジムでの筋トレも欠かさなかった。
 
 
サラリーマン時代
178㎝100Kg前後
 
{E19A3592-541F-498C-B9A7-B24370DEB50A}
 
 
ラグビーを再開
仕事はしっかりとこなしながらもジム通いは決してやめなかった。
 
転勤になる度にまずはジムを探した 笑
 
筋肉はなまってなかったので、仕事だけではなく燃える事ができる何かがしたかったのだ。
 
仕事も大分なれてきた社会人3年目の頃、大学時代の知人からラグビークラブチーム(六甲クラブ)を紹介してもらう。
 
✳︎ラグビークラブチームとは
日本に約1200チーム。競技人口は約40000人である。普段はそれぞれ仕事をしながら週末(土日)に試合をする。
 
 
そのクラブチームが予想以上に強かった。
 
私はブランクが3年ほどはあったが、必死で練習についていった。
 
その時、忘れていた熱い感情や感覚がじょじょによみがえってきた。
 
夏ごろに入部したが、レギュラーとして冬にはその1200チームある内の2つに入っていた。
 
つまり、全国クラブチーム大会の決勝まで勝ち進んだという事である。
 
決勝では、秩父宮ラグビー場で試合をした。対タマリバクラブ
 
この時は敗戦してしまい、日本選手権への出場権は逃してしまった。
 
悔しかったと同時にまだやれる!と闘志に火がついた。
 
そんな中、この試合を見た某企業(通信関係)のスカウトが当社のプロラグビー選手として契約しませんか?!
とスカウトされた。
 
しかし、当時は会社への忠誠心から「サラリーマンラガーとして頑張ります」とお断りした。
✳︎現在この企業チームはジャパントップリーグで活躍している。
 
翌年は全国クラブチーム大会はベスト8に終わった。
 
そして、3年目。
この頃は、不景気のあおりを受けて各企業がラグビー部の廃部や活動自粛等がひんぱんにあった。
 
そんな中(株)ワールドのラグビー部も廃部となり選手がバラバラとなった。
 
六甲クラブはもともと(株)ワールドのOBも多数いたのでバラバラとなった選手が数名六甲クラブに入部した。
 
名称も六甲ファイティングブルに変更。
((株)ワールドのラグビー部の名前がワールドファイティングブルだった為)
 
ワールドの選手が入ると一気にチーム力が強化された。
 
ちなみに、この年には新潟で行われた国民体育大会でラグビー成年の部(近畿代表)にも出場し3位という好成績もあげている。
 
私もワールドの選手にレギュラー争いで負けて試合に出られないのは嫌だったので必死に頑張り、しっかりと試合に出場した。
 
 
その年は見事、
全国クラブチーム大会優勝!
 
日本一が決まった試合後 記念写真。
真ん中右から5番目が私
{A1581211-B66D-420F-829A-97D546A86D3B}
✳︎1
 
日本一になるというのは本当に気持ちの良いものだった。
 
 
クラブチーム代表として、秩父宮ラグビー場で私としては初の日本選手権出場(対帝京大学)となった。
 
 
日本選手権には両親も呼んだ。
大きな会場での息子の活躍に喜んでもらえたと思う。
 
スクラムを組む直前!!
1番手前側、1番前の青赤ジャージィが私
{4A2E3346-0A30-412E-A39C-122DB9CC922F}
✳︎2
 
 
 
この時は、少しだけど親孝行できたなとかんじた。
 
 
帝京大に惨敗(76ー7)したが、
ラグビーにもう悔いはなかった。
 
クラブラグビー時代
178㎝115Kg
{DB6C6F12-4D01-4F10-AACF-FB9E0973018D}
 
「ラグビーはやりきったなっ。」
この一言に尽きた。
試合後のビールがやけに美味しく感じたのを今でも覚えている。
 
 
ボディビル転向へ
日本選手権でラグビー生活を終えて、もうこのカラダは必要ないと思いすぐにダイエットに着手した。
 
それでも、ただ体重を落としてスポーツマン体型を崩すのは嫌だったので、メリハリのあるカラダでダイエットしよう!
 
と決意したら、自然にボディビルの道が開いた。通っていたジム(会長がボディビル審査員)もボディビルダーが多数いて、抵抗なくすんなり入れたのも大きかった。
 
この頃にトレーニングの仕方も大幅に変更した。
 
今まではカラダを大きくする為にひたすら重いものを持ち上げてきたが、一転してボディデザイン(効かす)トレーニングに変えた。
 
 
実は全く違うものなのです。
 
 
そして、月に4Kg前後づつをダイエットしていき約9ヶ月で76Kgまで落としてボディビル大会に出場する。
 
ウエストサイズも111㎝からボディビル大会時71㎝までマイナス41㎝のくびれを作り独自のメソッドを作りあげた。
 
 
1年目 76Kg
{4522595F-0526-48E1-B9C7-629D817B7839}
 
この年は予選落ちしてしまったが、よく年に見事リベンジ!兵庫県70Kg超級で3位入賞となる。
 
 
2年目 78Kg
{9DAF4018-33FD-4A5C-8FEE-581436AC01C3}
 
 
 
 
パーソナルトレーナー
ちょうどこの頃、大手得意先の専務から「従業員のカラダを変えてくれたら取引数量増やすよ!」と言われて引き受ける事にした。
 
思えばこれが初めてのボディデザインコンサルティングである。(報酬は小麦粉増量だが 笑)
 
経験上、栄養摂取が大事なのはわかっていたのでライフスタイルから食事のタイミング・食べるもの・量・サプリメント摂取仕方等を指導した。
⬆️
ボディデザインコンサルタントのベースになっています。
 
もちろんパーソナルトレー二ングも公共のジムで行った。
 
結局、約6ヶ月でこの男性は10Kgの肉体改造に成功!無事に結果にコミットしました。
 
この男性から
今まで変われると思わなかったけど、本当に変わることができたありがとう。」という言葉をいただき、心の底から本当に嬉しかった。
 
人の役にたつのってこんなに気持ちいい事なんだ!とこの時に初めてきづいた。
 
その後も、会社員をしながら数名のパーソナルトレーニングをしてきた。
 
今までは自分の為にトレーニングをやってきたけど、人にこの楽しさや素晴らしさを指導するのもいいものだと思ったのもこのころから。
 
そして、人の想像を超えるほどのボディチェンジへこの時から今も導き続けている。
 
二足のわらじとは言えないがパーソナルトレー二ングが楽しかったこの頃、会社から辞令が出る
 
東京営業所転勤命令。
俗にいう栄転ではあったが、心は複雑だった。
 
当時28才。正直最初は迷った。
しかし、2日ほどで退職を決心する。
 
私がしたいことは決まっている!!
 
パーソナルトレーナーで飯を食う。
 
東京に行って本物のプロフェッショナルトレーナーになる!
と周囲に言いきり、すぐに東京行きのチケットを買った。
 
 
上京 
東京へついてからすぐにパーソナルトレー二ング専用ジムを探した。
 
求人募集でひときわ目をひく(20年以上の熟練トレーナーが在籍)ジムを見つけ早速、面接・実技試験をして頂くが不合格。(理由:まだ技術が未熟とのこと)
 
しかし、◯◯ZAP等大手パーソナルトレー二ング専用ジムだと技術は盗めないと思い応募しなかった。
 
その間どうしよう。。とも思ったが迷ってなんかいられない!
 
なんとか食いつがねばと思い、派遣契約で某大手外資系運送会社の工場で海外からの荷物を振り分ける力仕事等も経験した。
 
とにかく動き回って汗だくになり、毎日がお祭りみたいな仕事だった。
 
「俺、東京でなにやってんねやろ。。」
とは思ったが、私はくじけなかった。
 
とにかくプラス思考な私はこの仕事が終わって(9:00-20:00の11時間勤務)からもジムに通った。
 
カラダをシェイプする為にも食事も鶏胸肉弁当を毎日持っていった。
 
 
 
 
プロフェッショナルパーソナルトレーナーへ
その仕事をしながらほどなくして、以前、不合格だったジムから連絡があった。
 
「もう一度受けませんか?」という内容で私は早速動き、内定を頂いた。
 
私のあきらめない気持ちがこの結果を生んだんだと思う。
 
このパーソナルトレーニング専用ジムは麻布十番・汐留・銀座にあった。
 
メインは汐留店で麻布十番店や銀座店にも勤務した。
 
平均は日に8人で、多い時は日に10人以上セッションした。
月平均で130セッションをこなした。
✴︎100セッション以上で売れっ子トレーナーと言われます
 
このジムで最低でも300人以上にセッション(経営者・士業・財界関係者・トップビジネスパーソン等)をこなした。
 
クライアントは男性よりも圧倒的に女性(200人以上)が多く、指導がメキメキと上達した。
 
 
女性クライアントからも
 
✔️「肩こりが治った」
✔️「お尻が上がった」
✔️「筋肉がついた」
✔️「やせた〜!」
✔️「お腹が割れてくびれができた」
 
等様々な良いフィードバックを頂き、女性からの声のほうが良いと感じた。
 
私への指名も女性クライアントが圧倒的に多かった。
 
毎日が忙しく充実していてこの仕事は本当に《天職》と心の底から感じたのである。
 
 
しかし、パーソナルトレーニングだけでは限界があることも痛感した。
 
 
もっと栄養面やライフスタイルに根ざしたフォローが出来ると、確実に結果を出せるのに、、、
 
 
この思いがボディデザインコンサルタント比嘉 洋貴(ヒガ ヒロキ)を生むことにつながる。
 
 
このような自分のしたい事と様々な事が重なり
このジムを退職する。
 
 
ジムの関係者各位には本当にお世話になりました、大変感謝しております。
 
 
 
フリーランストレーナー
2016/8月からフリーランスとなり、ボディデザイン専門パーソナルトレーナーとして都内の公共施設等で指導を行う。
 
 
フリーランスパーソナルトレーナー
 85Kg
 
{2CC586C6-256B-4AD8-BC2D-60EBF519BA6A}
 
2016/8月 ボディフィットネスの大会に3年ぶりに出場。175㎝以上級で準優勝。
 
ボディフィットネスコンテスト時 
78Kg
{B5F39DFE-6353-461C-B261-63CE1C7C7D6C}
 
社会貢献活動の一つとして日本で唯一の心療内科・精神科でのパーソナルトレーナーとしても活動開始
 
 
2017/2月 ダイヤモンドフィットネス麻布十番店と契約して、麻布十番で活動するボディデザインコンサルタントとして活動開始
 
 
2017/7月末日 
悩める女性のダイエット&くびれ作り専門 ボディデザインコンサルタント 比嘉 洋貴としてリニューアルオープン。
 
 
✳︎1・2の画像は六甲クラブ様ホームページより引用させていただきました。ありがとうございます。
✳︎許可をお取りしてない方は、顔修正してあります。
 
 
 
以上
私の履歴書としてまとめさせていただきました。
 
私のようなカラダの変化は普通ないと思います。
 
自分自身の太りやすい体質に悩みがあり、20年かけてボディデザインに取り組み、今では自在にコントロールできてます。
 
この独自のダイエット理論と知識で人々を救えたらと本気で思っています。
 
改めて、自分の人生を見返すとつねに【人】に助けられています。
 
この場を借りて、今まで私(ヒガ ヒロキ)を支えていただいた方々に心から感謝申し上げます。
 
そして、これからは1人でも多くの女性を救えるよう精進いたします!
 
 
2017/8/15
比嘉 洋貴(ヒガ ヒロキ)
 
 
麻布十番ボディデザインコンサルタント 
85Kg
 
{604017BE-D189-45D1-B014-71614AA4F370}
 
 
長文を最後までお読みいただきありがとうございます。明日からは通常通り悩める女性に向けて発信しますので、読んでいただけると嬉しいっ^ ^
 
 
 
115Kgから76Kgへ39Kgものダイエットを成功させボディビル大会入賞までした比嘉 洋貴のプロフィールはこちら


悩める女性のダイエット&くびれ作り専門

麻布十番ボディデザインコンサルタント比嘉 洋貴
 

クライアントの声

料金はこちら

活動場所
 東京都港区麻布十番2丁目3麻布十番2-3-9
 桂亭ビル5F(ダイヤモンドフィットネス麻布十番店)


アクセス

090-5888-9596
(↑ スマホでタップすると、電話がかかります)


LINE@で、お気軽にご相談ください。

友だち追加後、トークからメッセージを送信してくださいね。

インスタグラム

随時更新中!

営業時間
平日 10:00-20:00(最終受付19:00)
土日祝 10:00-18:00(最終受付17:00)

定休日:金曜日

麻布十番ボディデザインコンサルタント 比嘉洋貴さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス