これからの「カネと女」の話をしよう。

残酷な資本主義世界で、カネと女の道案内をするブログ。処世術奥義の精髄を伝授する。


テーマ:

 

仕事にまつわるご質問である。

 

回答して行きたい。

 

-------

 

サウザーさん、初めまして。
いつも楽しくブログを拝見させていただいております。

僕は今大学4年生で、ITの会社に就職が決まっていてあとは卒業するだけという状況なのですが、サウザーさんのブログを読んでいくうちに、就職する意味が分からなりました。
というのも、国に搾取され続ける勤め人にはなりたくないという認識を得た僕は、就職はせずに時間に融通の利くアルバイトで収入を得つつ、不労所得を形成していく方がいいのではないかと考えているからです。
一生勤め人として生きていこうとしている人にとっては、当然アルバイトよりも年々給料の上がっていくサラリーマンを選ぶと思うのですが、勤め人として生きていくのが嫌な僕にとって、生活を続けるのに必要な程度の給料しかもらえないサラリーマンになる意味は果たしてあるのでしょうか。

合わせて、もし今サウザーさんが大学4年生に戻ったら、どのような生き方を選択されるのか、教えていただけたら嬉しいです。

 

------

 

なぜ僕のブログを読んで、就職する意味が分からなくなるのか、アルバイトの方が良いと思うのか、ちょっと待ってくれー、である。

 

君、それは誤解と言うものだ。

 

一つずつ誤解を解いてゆこうではないか。

 

国に搾取され続ける勤め人にはなりたくないという認識を得た僕は

 

落ち着こう。

 

早まってはいかん。

 

まず、新卒でIT企業に就職して、新入社員の給与水準で国に『搾取』されるほどの税金が課せられる事は絶対に無い。

 

(参考)

累進課税について

 

山賊、強盗、押し込みの憂いもなく、法律も整備され、企業は自由に商売ができて、命の心配なく安楽に生活が送れるのは国家があっての事だ。

 

北朝鮮と個人で戦えと言われても無理だから、国民が小銭を出し合って、大きなパワーに結集して、備えている。

 

すなわち、ある面で言うと、税金ほど安くて便利な物は無いのだから喜んで払うべき物だ、って事が言える。

 

それに今まで22年間だっけ?税金を払うどころか、税金を食う側で、社会に守り育ててもらった訳だから、まあ多少は税金払ってやってもいいかなーぐらいの雅量はあってもいいと思う。

 

税金が本格的に牙を剥くのは高給取りの勤め人になってからの話だ。

 

高給取りの勤め人と言う身分になると、絶対にお金持ちになる事は出来ぬのだから、

 

「じゃあ自分の人生設計から高給勤め人を目指すコースは止めとこうかな」

 

って認識で十分だ。

 

(参考)

ハイスぺ高収入の勤め人は現代の奴隷

 

実は、この国の税制はゆるふわ勤め人にとっては優しい物である。

 

新卒の小僧が、

 

「俺様は国家に搾取されている」

 

と言っても、アホちゃうか、と嘲られて終わりだと思うし、客観的に言っても間抜け感が拭えない。

 

所得税の金額で言うと、3万とか4万円ぐらいなんとちゃうの?

(※社会保険はそこそこすると思うけど)

 

まあええやんか、それぐらいは、気持ちよく払ったれや。

 

就職はせずに時間に融通の利くアルバイトで収入を得つつ、不労所得を形成していく方がいいのではないか

 

何か物凄い思い込みが激しいんだが、

 

『アルバイトは融通が利いて、正社員は安い給料で奴隷』

 

みたいな単純なフレームワークがガチガチになってる。

 

それは違うぞ。

 

僕は、正社員は仕事しなくても給料は下がらないしクビにもならない、と言う狂いまくった仕組みを見つけて、転職してからは根性キメてぶら下がり社員に徹してた訳だ。

 

(参考)

旅の談話 女性からの質問その28 「ブラック企業とトラブルになった時の弁護士活用について」

 

僕が悪いんじゃなくて正社員って仕組みが悪いと思って、嫌がらせも多かったけど、自分を貫いた。

 

労働法を使ったら凄かった。

 

パンドラの箱が空いたとはまさにこれだ。

 

あれだけ威張っとった上司たちは、ワンパンでキャン鳴いて降参や。

 

天国やったで。

 

(※だが、生来の働き者であり、不合理を憎む事が甚だしい僕には、カネのためって事でだらけた勤め人を続ける事が、結局は出来ないのであった)

 

んで、何でアルバイトが融通が利くのか?と言うと、雇用が流動的だからだ。

 

良い給与条件で、良い職場環境を作らないと、バイトたちはすぐに逃げる。

 

それにアルバイトの給料は、住居費と食費と家族を養う経費を含まなくていい。

 

(参考)

給料の決まり方 〜とある普遍の法則について〜

 

実家に集まって住み、生活基盤を養って貰ってる人のための働き方である。

 

つまり、独立していない人のための働き方がアルバイトな訳だ。

 

雇用者からすると、バイトって安くにコキ使ってる意識もあるし、酷使すると簡単に辞められる現実がある。

 

だけどさ、それって本来、正社員もアルバイトも一緒なんよ。

 

正社員も勤め人なんだから弱者であって、権利を主張すれば融通は利く。

 

「権利を主張するなら義務を果たせ」

 

とか化石みたいな上司が言って来たら、ソッコー録音して、パワハラで訴えてやれ。

 

結局、自分次第。

 

今は正社員の雇用流動性もかなり良くなってると思うし、今後も流動性は間違いなく増す。

 

そうそう、IT企業って事は、あの世界の豪商のクラトロさんも新卒でITベンチャーに就職してやり方パクって起業して台湾でのうのうと楽しく暮らしてて、また或いは、台湾でお会いした日本人大富豪のあべしさんもITベンチャーでビジネスモデルを盗んで起業して、血も涙もない貧困ビジネスでうっかり億り人になっちゃって、途上国のチャンネーとセックスし過ぎてインポになってインポ治療に超詳しいし、チャンスはある業界なんとちゃうのん?

 

バイトは、ビジネスモデル全体が見えない雑用なんよ。

 

あれこそ非自立と奴隷への道だ。

 

(参考)

ビジネスは料理と同じ。ビジネスモデルと言うレシピを入手し、実地練習して初めて出来るようになる。

 

不労所得って言葉も、僕はこのブログの中で物凄〜く注意して遣わないようにしてるのは気づかないだろうか?

 

不動産の家賃収入は確かに不労所得なんだけど、そこには

 

「ただし、仕組みを築いた場合に限る」

 

って但し書きが付く訳だ。

 

カネだけあっても駄目なんよ。

 

金利がない時代でしょう。

 

つまり、そこでもビジネスモデルを自分で作れないとステージは上がらない、って壁にぶち当たる。カネが幾らあってもね。

 

だから、僕は大学生に戻れたら、とにかくビジネスモデルの仕入れを頑張るし、ビジネスモデルを回す練習を積むと思う。

 

最後に突き放す事を言うと、別に就職したくないならしなくてもいいと思うよ、って事になるかな。

 

をはり。

 

 

-----

 

 

まあ面倒かもしれませんが、たまにはポチクリお願いしますよ。

 

↓は彼女がいない問題を解決するほう。

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

 

↓は勤め人の苦しい境遇をどうにかするほう。


サラリーマン・お小遣い稼ぎランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(1)

左右座さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります