これからの「カネと女」の話をしよう。

残酷な資本主義世界で、カネと女の道案内をするブログ。処世術奥義の精髄を伝授する。


テーマ:

前回はこちら。

旅の談話 女性からの質問その34 「20代前半の女性は、同年代のモテ男と出会えず困っている」

 

---------

 

女:ちょっと中断後の続きですね。

 

サ:まあ、たとえばここに子どもが居たとして、子どもは成長したら絶対にオナニーするのよ、間違いなく。そこは因果応報でさ。親の自分がオナニー好きなら、そらあ子も好きで何の不思議も無い。

 

女:はい。

 

サ:だからみんなそうやってオナニーするし、学校の先生も「オナニーどんどんやれ!」とか言うし。学校の先生ってのは、馬鹿だから相手しなくていいんだけど。

 

女:うん。

 

サ:とりあえずモテなくなるね。自分がモテたいと思うモチベーションも無くなるし、女から見てもモッサイ雰囲気だなあってキモがられるし。

 

女:どんなイケメンでも?

 

サ:うん。どんなイケメンでも。強烈なキモオーラが出る。顔は整ってるのに挙動不審でおどおどして、声をあげて笑うタイミングとか声量がなんかズレてて、痛い人みたいになる。通称、残念なイケメン。原因はオナニーし過ぎだね。

 

女:へえ。

 

サ:でもね、突然変異種は居ると思うよ。オナニーの影響を受けない遺伝子を持った男。たとえば、そうだな、賢者モードって知ってる?

 

女:あ、はい。

 

サ:普通は、射精すると、オキシトシンって言うホルモンが出て、性欲が収まるのよ。一時的に、まったくエロい物に興味が無くなる。ところが、射精後にオキシトシンが出ない男って居るらしい。これ変わってる。

 

女:へえ。

 

サ:そう。セックスしてる時の人間は無防備で、肉食獣に食われるかもしれないから、精子を出した瞬間に理性が戻る仕掛けになってる。生き延びるため。現代はそんな装置は無くても死にはしない。太古では死んでたんだろうから、淘汰されてるはずなんだけど。えっと、これは射精直後の短時間の生理反応ね。この論で行くと、長期の射精しすぎ習慣も、何かのホルモンが関わってるはずなんよね。おそらくキモオーラの正体で。

 

女:ふーん。

 

サ:賢者モードにならない男が居るなら、長期のオナ猿でキモオーラ全開にならない変異種が居てもおかしくない。

 

女:賢者モードやったら、肉食獣ですか?戦うためって分かりますけど、キモオーラって何の意味も無いんとちゃいます?

 

サ:ああ、なるほどね。そう来るか。たぶんだけど、キモオーラは女を近づけない装置だな。子どもを作り過ぎると、狩猟採集では食べ物まかないきれなくて、死んでたんだろうね、と。セックスが十分に足りていて、子どももたくさん居るから、これ以上女を近づけないようにって、その男の毛穴という毛穴からキモオーラが出るよう進化したんじゃないかな、と。

 

女:へえ!そうなんや!

 

サ:だってイケメンでもオナニーし過ぎは普通にキモくなるし、その残念なイケメンがオナニー止めて運動の習慣を持つと、爽やかモテイケメンに生まれ変わって、セックスしまくるし。

 

女:そっか!

 

サ:ていうか、キモオーラが避妊具だったんよ。でも今はコンドームがある。ネットポルノも無尽蔵で。ルールが変わっったの。すると、射精してもキモくならないっていう突然変異は、子孫残していくじゃん。今後300年とかで一気にシェア拡大すると思うな。周りの男はみんなオナ猿だから、オナニーしてもオナ猿にならない男は、ライバルを出し抜ける。

 

女:ふーん。てか、顔つき変わったって実感あるんですか?

 

サ:ぜんぜんあるね。てか、顔、俺、ぜんぜん違うよ。

 

女:へええ。

 

サ:特に目つき。顔は変わったと思うね。まあ、オナニーしないけど。セックスはしちゃう。

 

女:(※著者注:20代前半の処女が、モテ男とセックスする機会があったとしても、その素敵な機会を躊躇してしまうと私は思う。どう思いますか?)

20代前半で、急に、他の女とやれる男と、たとえば処女の自分がやるって凄い、なんか、まあ、めっちゃ凄いチャンスやと思うんですけど、そこで女の子は、なんか理解できないって言うか、自分が処女だから、まあ美しいものって思ってるじゃないですか?

 

サ:ふんふん。

(心の声:僕はむしろ、あなたが何を言ってるかがまったく理解できないよ・・・。)

 

女:うーんと、だから、そこがマッチングしないから困ってるんやろうなあって。

 

サ:(著者注:あなたが心配しなくても、今の女の子はしたたかに生きているので、これぞチャンスと思えば貪欲に股を開きます。処女だろうと美人だろうと。チャンスに躊躇する、とは、男から見るとグダと言うのですが、ブスならではの習性です。無駄な心配です)

まあ、20代前半の男の子が性欲枯れてるからね。同級生の男の子たちが、草食も草食、ほんとに置き物みたいになっちゃってて。

 

女:うんうんうん。

 

サ:2人で寝ててもなーんにも手出さないし、マジで何も無いって言うじゃん。非モテの頃の俺がまさにそれ。だから、今更に進化したオナニーの世紀に、青春時代を送る今の女の子は困ってるんだろうな、と。

 

女:そう言う経験を積んでる女の子は、悩み言えないと思いますよ。男ってみんなそうなのかな?って。

 

サ:今の男の子はもう、生身の女性にはかなり興味を失ってるね。

 

女:ふー。

 

サ:でも今からなんだな。オナニーの世紀の本領発揮は。どんどんブレイクスルーが出て来る。技術革新の波は、そらもう、次から次へと目白押しで。

 

女:せっかくのかわいくて若い女の子たちが、あぶれてて、ですね。

 

サ:まあ同級生どうしではあぶれるんだけど、観察が甘い。それでボケっとしてる女の子たちじゃないよ。かわいい女の子って、一種の特権意識を持ってるから。現状に合わせて柔軟に行動を変える。俺の見て来た20代前半の女の子たちはそう。生殖メリットの無い場所からはすぐ出て行く。

 

女:そうなんですか?

 

サ:そりゃそうさ。男にもモテと非モテの二種類が居て、両者は行動から精神から何もかもが違うというように、女にもモテと非モテの二種類が居て、習性が異なるんだろうね。男は1:9ぐらいのモテ非モテ比率だけど、20代の女だったら4:6とか5:5ぐらいじゃない?

 

女:へーえ。

 

サ:30代になると男は1:19で、女は1:9だと思うな。男が老けないって言うのは嘘だよね。女は年取ってもかっこいい男しか目に入らないから「男は老けなくて羨ましい」とか言うけど、主観が入り過ぎ。大半がオッサンになる。

 

女:あとそうや、タラレバ娘の話もありましたよね?

 

サ:そうそう!若い女の子たちは、一つ二つ上の世代の先輩ら、タラレバ娘みたいな女たちの失敗をよーく見てるから、凄く柔軟だね。ほんと、現実に則した進化を遂げてる。

 

女:ふーん。

 

サ:つまりはだ、この時代、若くてかわいい女の子が比較的簡単にセックスさせてくれるよ、って事なんだけど。歳の差、10とか12とか何の躊躇も無い。

 

女:うんうん。

 

サ:んで、別に、その女の子が貞操観念が壊れてるからヤリマンになってるって事じゃなくて、やっぱもう諦めてるよね。同世代が良いだとか、年齢に拘る姿勢とか、合理性が無い条件から捨ててる。マグロ漁船がマグロ積み過ぎて転覆しそうになって、慌ててマグロ捨てるみたいな。

 

女:ふんふん。

 

 

続きはこちらから。

旅の談話 女性からの質問その36 「脱非モテに目覚めた人が20代前半の女の子を狙うべき理由」

 

 

 

 

まあ面倒かもしれませんが、たまにはポチクリお願いしますよ。

 

↓は彼女がいない問題を解決するほう。

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

 

↓は勤め人の苦しい境遇をどうにかするほう。


サラリーマン・お小遣い稼ぎランキングへ

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

左右座さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります