これからの「カネと女」の話をしよう。

残酷な資本主義世界で、カネと女の道案内をするブログ。処世術奥義の精髄を伝授する。


テーマ:

前回はこちら。

旅の談話 女性からの質問その27 「育児休業と言う黄金の羽根が落ちているのでさっさと拾おう」

 

-------

 

サ:育児とか子どもの制度ね。今、凄く手厚くなってる。んで、女性は育児休業取れるんだけど、国家の法律ってのは男女平等だからさ、これ、男性も2年休めるんだよね。カネ貰いながら。これも上司が邪魔したら大問題。

 

女:へえええ!!

 

サ:2年に延びるでしょ?子どもが2歳になるじゃんか。お母さんは職場に時短勤務で復帰して、ちょろちょろっと働いて、んで働き始めると同時に生セックスとかを再開して、すでに妊娠が発覚してて、んでまた出産ですよ、と。

 

女:二人目が出来て!笑

 

サ:そうそう、復帰して初日に、今3ヶ月ですぅ、みたいなさ。時短でブラブラやってるうちにお腹が出て来て、臨月だからワシそろそろ休みますわぁ、みたいな。

 

女:うん!

 

サ:1年も仕事に戻らず、また育休に入る。んでまた2年間育児休業を取れる。

 

女:ふーん。

 

サ:まあ実を言うと、時短勤務とかだと給料が低い仕事だったら、時短明けて、フル勤務して給料を並まで戻しておいて、それで180日は最低働いて、育児休業の一日基準額が高値で出るようにしておく、と言うのは大事なことやろうと思うけどね。

 

女:そうですねー笑

 

サ:たったの180日の働きで2年間の基準額が決まるんだったら、頑張って残業してみたりとかね、色々やったら良いんちゃうかね。

 

女:半年間ですしね。

 

サ:そこで数字を作ってしまえば

 

女:2/3ですもんね。

 

サ:2/3は半年だけね。残りの1年半は1/2。

 

女:ああそっか。

 

サ:まあ、続くでしょ!この制度は!なぜか?みんなビビってやらないから!

 

女:ブラック企業に勤めとったら、簡単に辞めてもいいけど、それなりに自分も損せん辞め方を模索せんと、って言うことも大事ですね。

 

サ:うん。そんで、何かあったら、弁護士呼んだら大丈夫なんで。

 

女:はあ。

 

サ:んで、弁護士も今はタダで30分相談に乗ってくれるとか、あるからね。すんごいカジュアル。30分の間に、きちんとこっちも聞きたい事を聞くために、資料とか用意しといてね、ネットでここまで調べたんですけどそれ以上の事が分からないから教えて下さい、みたいなさ。

 

女:うん。

 

サ:やっぱり録音とかメールとかの証拠はもの凄く大切だから、絶対あった方がいい。和解金なり慰謝料なりが取るために。その証拠が無いと、水掛け論になっちゃって、育児休業だけ取らされて終わりになっちゃう。弁護士さんて、着手金だけで30万とかするから、和解金で回収出来る見通しが立たないと使えないのよね。

 

女:弁護士も待ってますもんね。そう言う相談とか。

 

サ:そうそう。

 

女:うん。

 

サ:着手金払ったら、よっしゃやりましょうか、って感じで先生も動いてくれる。内容証明書いてくれて。一発で終わり、かなあ、普通は。ただ、基本は向こうも、やってません、つって突っぱねて来る。ハラスメント系は特に。だからこそ録音が必要なのよね。いや、違うな、上司に詰められてる時に録音出来る勇気が必要。

 

女:それが難しそうですけどね。

 

サ:だから、俺は常々言ってるんだけど、赤ちょうちんで上司の愚痴言って発散しちゃダメなんよ。飲んで愚痴って言うのは、勇気と行動が無いヘタレの精神そのままだもん。金曜夜に愚痴り酒は、マジで負け犬人生だと思うよ。楽しいけどね。

 

女:うん。

 

サ:まあ何にしても、いっぱいお金貰える方法がある。黄金の羽根って言うんだけど。情報は公開されてる。でもみんな知らない、調べない、やらない。

 

女:そうですね。

 

サ:ブラック企業でヒーヒー言いながら、俺にはここしかない、つって一生奴隷やってたら良いんとちゃうかな。

 

女:はあ。

 

サ:話戻すけど、会社を殴り返す気概があるなら、録音は絶対にしよう。会社としては、証拠さえ出てこなければ、言った言わないの水掛け論にしちゃいたいんだもん。泥仕合になれば、労働者有利ではあるけど、戦いづらいよね。水掛け論がヒートアップしてるところに、録音が出てくれば伝家の宝刀で一閃だから。すぐ泣き入れると思う。

 

女:なるほど。

 

サ:会社は裁判の事例に載りたくないからね。残るしあれ。名前がずっと。んで、たくさんの法律関係の人たちがオカズにする。勉強の題材になっちゃう。だから、名のある会社は、負けるって分かってる裁判は絶対やっちゃダメなの。

 

女:へえ。

 

サ:そこで弱気になった会社に対して、どれだけ和解金を上乗せ出来るかと言うのが弁護士の先生の腕だよね。

 

女:恐い話ですね。

 

サ:相手が弱腰になったら、着手金のお金以上のお金は引っ張ってくれるよ。

 

女:とすると、もう我慢する必要無いですね。

 

サ:そうさ。だから愚痴言うやつはダメなんさ。愚痴に意識が向いてしまうと、知る、調べる、戦う、とかの行動にはパワーが向かないもん。奴隷なんだよ。精神が。

 

女:時間と自分の勉強は必要ですよね。

 

サ:ちょっとだけ齧らないとだめだよね。証拠さえあれば、あとは弁護士の先生おまかせで良いと思うけど。

 

女:ふーん。

 

サ:という訳で、ブラック企業は是非とも滅ぼしましょう。

 

女:はい。

 

サ:仕事には楽さと少しのカネしか求めてない。自分の事業で、やりがいとか豊かさを求めたらいい。女はナンパしたらいい。親や先生の言うとおり勉強頑張って、いい学校行って、いい会社入って、飼い犬になる人は、カネと女で本当に困るんだよ。

 

女:負けて勝つ、ですね。

 

サ:人生負けるが勝ちでしょ。

 

女:はい。

 

サ:じゃあ続いて。

 

 

続きはこちらから。

旅の談話 女性からの質問その29 「誕生日プレゼントやクリスマスプレゼントはあげますか?」

 

 

 

まあ面倒かもしれませんが、たまにはポチクリお願いしますよ。

 

↓は彼女がいない問題を解決するほう。

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

 

↓は勤め人の苦しい境遇をどうにかするほう。


サラリーマン・お小遣い稼ぎランキングへ

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

左右座さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります