これからの「カネと女」の話をしよう。

残酷な資本主義世界で、カネと女の道案内をするブログ。処世術奥義の精髄を伝授する。


テーマ:

前回はこちら。

旅の談話 女性からの質問その23 「女が稼ぐ時代、男の役割は死ぬこと?」

 

--------

 

女:では次ですね。

 

サ:じゃあ録って行きましょうか。

 

女:はい。

 

サ:「女性に対する一番の賛辞は、セックスすることだ」っていう話ですか・・・。これは、分かんない?

 

女:分かんなかった!今は分かったけど!

 

サ:何故分かんない?てか、分かんなかった?だな。いや、そうか、一般的にはどう思われてるん?セックスって。

 

女:=ゴール?

 

サ:なるほどね。ふーん。むしろ始まりなんだけどなあ。

 

女:あとは美しいもの、とか?

 

サ:ふーん。お互いの肉を貪り合って、まさに動物って感じだけども。

 

女:うーん。

 

サ:これは僕が非モテの頃に思っていた事だし、多くの非モテたちが固く信じてる事があって、それは「セックスは女から奪い取るもの」であり、「女を辱めるものだ」って思想ね。だから埋め合わせないといけない、って。奪ったぶんを埋め合わせる。

 

女:その埋め合わせが朝昼晩のLINEを欠かさない事だと思ってる、って言ってましたね。そんなんウザいだけや―みたいな。うふふ笑

 

サ:いやー、その話すげえしたいけどまた後で。とりあえず、非モテ男はセックスについて、マイナスの意味で捉えてるね。女に与えるものだ、行為のあと女と一気に仲良くなれる、とは思ってない。何ででしょう?

 

女:なんでしたっけ?

 

サ:非モテは女から、毎度毎度、セックスを断られたり、嫌がられたり、渋られたり、って経験を積み重ねてるからなんだな。だから、女はセックスが嫌いなもの、セックスとは汚いもの、と学習するようになる。

 

女:へえ!

 

サ:簡単にセックス出来る奴が異常で、次々に女を口説いてセックスできる男は女を無差別に殴って回る加虐者だ、ぐらいに思ってる。それ全然ちがう。

 

女:たしかに!

 

サ:まあ、頭の悪いヤツほど俺が基準で俺が正しいと信じて疑わないし、想像力が無いから、他人の視野から物事を眺めるという思考が出来ない。頭悪いから非モテになるって面は凄くあると思う。

 

女:うん。

 

サ:または、非モテはまぐれでセックス出来ても、セックス自体がものすごい下手で、行為の後に女が不満になってすげえ不機嫌になる。セックスしたら嫌われるって経験を積み重ねてる。やっぱり、セックスは奪うこと、って価値観なんだ。えーっと、何だっけ?非モテっぽいセックス?

 

女:あの、あれせいこれせいっていう注文が多いって話ですか?

 

サ:それそれ!下手な男はセックス中にずーっと喋ってるて言ってたもんね。

 

女:上手な人はスムーズですよね。全部リードしてくれる。

 

サ:ほう。

 

女:気持ち良いポイントを知ってて、痛くない。

 

サ:ほうほう。

 

女:終わったあとの時間を大事にしてくれる。心が満たされます。

 

サ:ははあ、なるほど。非モテは終わった瞬間から腹減った!つってわめき出すって話も耳にしますな。

 

女:ふーん。

 

サ:非モテの中でも最高位の奴はセックス自体を否定して愛だの何だの言い出すのがいつもの話。これも女から拒否され続けて得た学習の成果なんだが。セックスに対するスタンス一つ取ってみても、モテと非モテの価値観は違いますよ、と。で、話戻すけどさ、セックスって一般的にはどう言う扱いなんだろ?

 

女:うーん。タブー視されてると言うかー。うーん。

 

サ:うん。

 

女:そこまで言い切るところがね、凄いなって。

 

サ:はあ。ワタクシの立場としては、女性に対するセックスというのはコミュニケーションの手段であって、嘘偽りのない好意を差し出すというか、厳密には嘘なんだけど・・・、

 

女:あなたが好きだからこそするんだよ、って事ですか?

 

サ:うーーん。そこニュアンス難しいな。俺、もう好きだからセックスするという感覚はあんまり無くて、むしろ大切な客人だからセックスするという感覚に近いのかも。もてなしとか、馳走の感覚。

 

女:大事にしてるって言う究極のメッセージって事ですか。

 

サ:大事にしているっていうのを行動で表す手段だよね。行動。

 

女:んで何千回好きって言われても、(一回のセックスには勝てない)って話ですね。

 

サ:そそ、百聞は一見に如かず、みたいな感じね。言葉はね、非モテが大好きよね。彼らは女に千回好きだって言う方が、セックスよりも良い事だと思ってる。だってセックスは奪うことだから。どうすか?それやられて、ほんとに、キモくないですか?

 

女:セックスの行為が下手やったら?それとも、それは男がセックスを求めてこなかったらですか?

 

サ:求めて来なかったら?うーんと。

 

女:たぶん非モテがやりがちなんは、ご飯をおごってあげて、一緒に居る時間は長いけど、でも、セックスしないよ、と。

 

サ:ほう。セックスしない。これは何でなのでしょうね?

 

女:うふふ、ふふっ笑。分かんないですね笑

 

サ:いつも言ってる通りですが、AV観過ぎ、オナニーし過ぎで生身の女(ポルノ以下の)に欲情できない。これはまあ生物としての劣化でございますな。深刻な問題でしょう。オナ禁してナンパできる人間にとっては天国。

 

女:コミュニケーションって凄いいい言葉やなって思いますねえ。

 

サ:まあ実際はそうなんだよね。

 

女:大事に思っているからするのであって・・・、

 

サ:うーん。これ暴露しちゃって良いのか分からないんだけど、たぶん男は、この女は生殖能力がありそうだぞ、と思ったらセックスできる。厳密に言うとそれだけの理由。男の機能は、反射というか生理現象だから、出来ない相手には出来ないのよ。どんなに頑張っても無理な相手には勃たない。ところが、僕は色々と女の子とセックスして来まして、ある事に気付いた。

 

女:何ですか?

 

サ:セックスして、ちゃんと射精まで達して、コトを完遂できたら、女は「わたしの事を大切だからセックスしたんだよね?」的に認識してくるという事実に、だよ。

 

女:はあ。

 

サ:そりゃ、大切だよ、って答えるしか無いじゃん。でもこれってよく考えたら建前なんだよな。大切だからセックス出来たんじゃなく、生殖能力がある女だと(男性生理が)みなしたからセックスできたの。これが本音なの。でも女にはこの違いが分からないらしい。嘘を見抜く事が上手なはずの女が、射精という生理現象にだけはまんまと騙される。

 

女:へええ。

 

サ:これ女性は意外に知らない事なんだけど、男って、禁欲のインターバルが長くなるほど、感度が高まるんだよね。腹が減ったらなんでも美味くなる原理と同じで。

 

女:何となく想像はつきますね。

 

サ:人間的にはいいけど、正直セックスはもうひとつだな、って女の子ともセックスしないといけないよ、と。どうすれば良いか?と言うと、禁欲の期間を長く取ることなんだよな。この女とヤる時は2週間以上空けるべし、とかね。

 

女:そこは女性は凹むけど。んー、まあ思いやりじゃないですか。

 

サ:そう受け取ってくれるんなら有り難いことだが、これってセフレをキープするための重要なテクニックなんだよな。ある意味奥義とも言えるかもしれない。

 

女:大切に思っているならまあ。

 

サ:大切には思ってるけど、生理的には求めてない女なのです。あるいは他の女たちと比較で負けちゃう女。でも繋いでおきたい、って場合。いや、最低な事言ってるな、俺は。てか、脱非モテの初心者はみんなそれやらないといけない。不本意なレベルの女とセックスせざるを得ないの。まずは、実物の女とセックスしなきゃ始まらないから。

 

女:はあ。

 

サ:話ずれてる?

 

女:はい!笑

 

サ:やっぱり!笑

 

女:次の話行きましょうか。

 

サ:いやー、でも2週間とか禁欲してまでセックス完遂するのって、言ったら思いやりだと思うんだ。本当に大切だからそうやって禁欲するって事なんだけどな、って事が言いたかった。

 

女:はいはい笑。

 

 

続きはこちらから。

旅の談話 女性からの質問その25 「「仕事にやりがいやカネなど人生の全てを求めるな」」

 

 

 

まあ面倒かもしれませんが、たまにはポチクリお願いしますよ。

 

↓は彼女がいない問題を解決するほう。

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

 

↓は勤め人の苦しい境遇をどうにかするほう。


サラリーマン・お小遣い稼ぎランキングへ

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

左右座さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります